2017年02月09日

住宅ローンや親からの援助で家を建てた人は確定申告。その3



まあ贈与額が700万円以下であれば一般住宅として申告する方が楽ですが、
それを超える金額の場合は「省エネ等住宅」にする必要があるため
あらかじめ住宅会社さんに700万円を超える金額の贈与を
受けることを伝えておく必要があります。

ちなみに「住宅資金の贈与は言わなければわからないのでは??」
と聞かれることもありますが、国税局の方にいわせると、
「不動産がらみの贈与は一番摘発しやすいのでやめておいた方がいいです。」とのこと。(^_^;)
ちゃんと適切に申告してくださいね。

今まで家を新築した人の場合をお話ししましたが、
住宅ローン控除も贈与税非課税の特例も、
築20年以内の中古住宅の場合でも適用を受けることができます。
それと大規模リフォームの場合でも適用は受けられます。

「自分はリフォームだからダメかな?」という声を聞くこともありますが、
10年以上のローンを組んで自宅のリフォームを行う場合は、
ちゃんと住宅ローン控除の適用を受けることができます。

5年以上10年未満のローンを組む場合だと、
ある一定の性能を満たすためのリフォーム工事であれば、
バリアフリー減税とか省エネ減税のローン型を適用できる場合がありますので、
税務署の方に確認してみてくださいね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

2017年02月07日

住宅ローンや親からの援助で家を建てた人は確定申告。その2



次に親からの援助を受けて家を建てた人の場合です。

たとえば親御さんから1000万円をもらってそのお金を住宅に当てて自分名義にした場合、
通常であれば贈与額1000万円に対する贈与税を支払わなければなりませんが、
ちゃんと確定申告することで贈与税が非課税になるんです。
制度的には、「住宅取得資金における贈与税非課税の特例」といいます。

これを受けられる人の要件です。
●20歳以上であること
●合計所得額が2000万円以下の人
●新築住宅の取得のための資金を直系尊属(父母もしくは祖父母)から受けた人
●贈与を受けた翌年、つまり今年3月15日までに入居が確実であること

住宅資金ならいくら贈与しても税金がかからないかというと、
さすがにそういうわけにはいきません。

契約書の日付が平成28年1月1日以降の贈与ですと、
一般住宅なら700万円が限度で省エネ等住宅なら1200万円が限度になります。
そんなわけで親御さんからの贈与を受けられる場合は、
長期優良住宅か省エネ住宅にすることがけっこう多いです。

必要な書類は、一般住宅の上限700万円の場合で、
計算明細書、戸籍の謄本、登記事項証明書、請負契約書もしくは売買契約書の写しです。

省エネ等住宅の上限1200万円を適用する場合は、
長期優良住宅もしくは低炭素住宅の認定通知書の写しと住宅用家屋証明書の写し、
そのどちらでもない場合は、住宅性能評価機関において検査を受けて
住宅性能証明書を発行してもらう必要があります。(もちろん有料です)


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

2017年02月06日

住宅ローンや親からの援助で家を建てた人は確定申告。その1


ふつうの会社員の方はあまり関係がないかもしれませんが、2月は確定申告の時期です。
私のように毎年確定申告をしている人にとっては、とってもめんどくさいけれど、
ちゃんと計画的に書類をそろえながら税金を申告する大切なイベントです。
先ほどふつうの会社員の方はあまり関係がない・・といいましたが、
例えふつうの会社員の方であっても、確定申告が必要なケースがあります。

1. 給与の年間収入が2000万円を超えている人
    (これはあまりふつうではないかもですが・・)
2. 給与所得以外に副業の収入が20万円を超えている人
    (ネット販売をしていたり、投資用不動産から賃料を得ている人とかですね)
3. 2箇所以上から給与を得ている人
4. 昨年一年間で10万円以上の医療費を支払った人
    (ただし医療保険などでカバーしきれなかった部分が10万円以上という意味です)
5. ローンを組んで住宅を取得した人、リフォームをした人
6. 親からの贈与を受けて住宅を取得した人、リフォームをした人

今回は、住宅ローンで家を建てた場合と、親からの援助で住宅を購入した人に必要な
確定申告のお話をしますね。

まずは、住宅ローンを組んで住宅を取得した人の場合です。
いわゆる「住宅ローン控除」ですね。

ふだん会社で年末調整してもらっている人であっても、
確定申告が必要になりますのでちゃんと聞いていてくださいね。

まず適用の条件です。
1.返済期間が10年以上であること
2.その家に住んでいること。
ただし単身赴任などやむを得ない理由で本人が住めない場合でも
住宅ローン控除は受けられますのでご安心ください。
次に控除額は昨年末時点のローン残高の1%が上限です。

そして確定申告に必要な書類。
●住宅借入金等特別控除額の計算明細書(税務署にあります)
●住民票の写し(マイナンバーがないものです)
●年末残高等証明書
●家屋の登記事項証明書、請負契約書の写しもしくは売買契約書の写し
●ローンで土地を買った人は、敷地の方の登記事項証明書

さらに建てられた家が認定長期優良住宅もしくは認定低炭素住宅の場合は次の書類も必要です。
●認定長期優良住宅の認定通知書の写し
●住宅用家屋証明書の写し

以上の書類を持って、税務署に行くわけです。

ちなみにFMかほくのリスナーさんが住むエリア、かほく市・内灘町・津幡町の管轄は、
金沢市西念の合同庁舎1階にある金沢税務署になります。
今年の確定申告は、2月16日から3月15日までですが、
この期間は本当に窓口が混み合います。
初めてのことでわからないことも多いでしょうから、
まずは今のうちに税務署に行ってわからないことを相談するといいでしょう。
(税務署のみなさんはとっても親切ですよ)


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

2017年01月20日

温水式床暖房か、エアコン暖房か?その3



暖房器具としては場所も取らず、
エアコンのように温風で不快な思いもしなくてすむ
温水式床暖房をお勧めしたくなるのですが、
1階の床全面に施工しようとすると初期投資も100万円以上になりますし、
高効率のヒートポンプを熱源にした場合でも
消費電力は常に700〜800Wぐらいは使うので
高効率エアコン1台よりも電気代は上がる傾向にあります。

一方の高効率エアコンですが、
床暖房ほどの初期投資はかかりませんが、1台でもそれなりの価格になりますし、
各部屋・スペースに必要なので複数台購入する必要も出てきます。

まあ、床暖房の家であっても夏場を考えると
エアコンを最低1台は取り付けるでしょうから
どうしても床暖房の方が高くつくのは避けられません。

それでも、、、予算が許すなら、温水式床暖房がお勧めです。

それもトイレや洗面脱衣室、玄関ホールも含めた1階の床全面に施工するのがお勧めです。
理由は、部屋間の温度差を一番感じにくく
冬場に怖いヒートショックを防ぐ効果が高いからです。
また全館暖房として考えると、光熱費はかえって安くなります。

むしろ一番やってはいけないのが
1階のLDKだけ床暖房にするケース。

トイレに行こうとするだけでヒートショックのリスクがありますし、
脱衣室も冷えたままなので、別の暖房器具を設置する必要が出てくるからです。

まあ、新築の場合は、せっかくの熱を逃げにくくするために
超高断熱にして開放的な間取りにするとエアコンだけでも
それなりの暖かさを実感することができます。
このときの平均熱貫流率UA値は最低でも0.50以下にする必要はあるでしょう。

逆にリフォームでは断熱施工を施そうにも
制約が多くて断熱ロスが出やすいので
床暖房の方が確実な暖かさを実感できると思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2017年01月17日

温水式床暖房か、エアコン暖房か?その2

IMG_2520R.JPG


【温水式床暖房】

● メリット
・床面から暖めるため、底冷えを防ぎ部屋の温度差が少ない
・室温そのものを極端に上げなくても体感温度を上げることができる
・暖房器具で部屋のスペースを取ることがない
・温風を出さないので乾燥しすぎを防ぐ
・ほこりを舞い上げることがない

▲ デメリット
・設置費用が高い(最低でも100万円以上)
・まず温水を作ってから循環させるので立ち上がりに30分以上かかる
・不凍液を定期的につぎ足す必要がある。
・高価な床暖専用のフローリングと組み合わせる必要がある。
・床暖をしていない部屋としている部屋ではかえって温度差ができる。

【高効率エアコン】

● メリット
・設置費用が床暖房よりも安く済む
・立ち上がりが早い
・フローリングや床材を選ぶことがない
・機器が壊れてもエアコンを買い替えれば済む

▲ デメリット
・室内の空気が乾燥しやすい
・部屋の温度差ができやすい
・温風が直接あたるとかなり不快に感じる。
・建具が反りやすい
・あまり気温が低いと霜取り運転に変わり一気に寒くなる。
・低断熱の家ではかえってランニングコストがかかる。
・機器の奥行があるので意外と場所を取る。

これらの特徴と予算も加味しながら提案を行うわけですが、
これがなかなか難しいんですよね〜。
(写真は玄関ホールから暖かい床暖房の家(金沢市米泉町)


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設備

2017年01月16日

温水式床暖房か、エアコン暖房か?その1

IMG_2528.JPG

年も明けて冬本番です。
すっかり寒くなりましたね。

秋ぐらいからの新築やリフォームのご相談を受けたとき
暖房器具のお話も当然出てきますが
毎回悩むのが床暖房にするか、エアコン暖房をお勧めするのか?です。

「友達の家に遊びに行ったけど、やっぱり床暖房は暖かいねー。」

「でも最近の家だったら、エアコンだけでも十分に暖まるって聞いたよ。
 エアコンの方が効率がよくて光熱費も安上がりらしいし・・。」

う〜〜ん、どちらのご意見も正解なので、
なかなか悩ましいところです。。。

そこで今回は北陸で人気の高い温水式床暖房と
エアコン暖房の違いをお話ししていきます。

温水式床暖房のしくみは、ガスや灯油などのボイラーや
ヒートポンプを熱源にして温水(中身は不凍液)を作り、
作られた温水を床下パネルの中に循環させて
床面全体を暖める方式です。

10年以上前であれば、熱源は安価な灯油を使うことも多かったのですが、
近年は灯油価格が以前の3倍に跳ね上がったこともあり、
効率のよいヒートポンプ式(電気)か、高効率タイプのガスボイラーを
熱源にした床暖房が主流となっています。
(上の写真は、温水式床暖房を使ったモデルハウス(金沢市米泉町)


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設備
Powered by さくらのブログ