2017年07月02日

営繕さんの幸せドリル。その2


・・・ 営繕さんの幸せドリル。その1 の続きです。

なんとなく営繕さんに心を許した虎太郎に営繕さんは質問します。

「会社Aを辞めた人が会社Bへ行き、また同じ悩みにぶつかる。
 そこで会社Bも辞めて、次は会社Cへ行く。
 ところがそこでも同じ悩みが待っていた。
 虎太郎、どうしてだと思う?
 実はすべてにたった1つの共通点があるんじゃ。」

読者のみなさんもいっしょに考えてみてください。
「給料が安い」とか、「残業がひどい」ではありませんよ。

「正解はAとBとCという会社に移動した「人」が同じなんじゃ。
 だから結局、この人がD社に行こうがE社に行こうが、
 F社に引き抜かれようが何も変わらない。
 だってどの会社に行ったって、その会社に行った「人」が結局同じじゃないか?」

「出来事のすべては、「環境」と「私」の関係性で起こる。
 環境 × 私 = 出来事
 ということはいくら環境を変えても、私が変わらなければ何も変わらないことになる。」

「どの世界も最終的に「私」というフィルターを通して観ている。
 その人にとって当たり前になっていることはどうやっても気づけん。
 「固定観念」というフィルターじゃ。」

「誰も会社を辞めるな・・なんていっておらん。
 辞めてもいい。耐えなくてもいい。
 ただ、会社を辞めても辞めた人の意識が変わらなければ
 次の会社でも同じ出来事が起こるという仕組みを話しておるだけじゃ。
 意識を先に変えてから辞めるなら全然オッケーじゃ。」


          

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの本

2017年07月01日

営繕さんの幸せドリル。その1


新年度スタートからおよそ3ヶ月が経ちました。
新しい環境にそろそろなじんだ頃でしょうか。
それとも「こんなはずじゃなかった・・」と感じている頃でしょうか?

そんな方々向けに、1冊の本を紹介いたしますね。

タイトルは「営繕さんの幸せドリル(あなたのそばにいる会社の“神さま”)」


会社を辞めようかと考える前に一読 
「だって、上司の役目って机の上にコーヒーをこぼすことじゃろ?」

部下が協力してくれないという悩みを主人公が相談すると、
“営繕係さん"はこうアドバイスする。
会社の雑用係である“営繕係さん"が、長年の経験を元に
サラリーマンたちの抱える悩みを次々と解決していく小説仕立ての長編ストーリー。
上場企業で10年間のサラリーマン経験がある作者ならではの、
少し笑えて、少し泣けて、そして多くのウロコが目から落ちる一冊。
新潟へ単身出向した主人公は、バリバリの営業課長。
自信満々で営業のテコ入れに取り組むが、彼がそこで学んだのは東京では通用しない、
サラリーマンのウルトラCのルールだった……。
あなたはきっと読後に、「こんな解決法、きいたことがない!」とスッキリした顔で言うはず。
会社を辞めるか辞めないかを悩む前に、少し一呼吸おいて読んで欲しい本である。


営繕さんの幸せドリルの作者は、さとうみつろうさん。
さとうさんは札幌の大学を卒業後、エネルギー系の東証一部上場企業に10年間勤めたあと、
「社会を変えるには一人一人の意識の改革が必要」と痛感し、
アメーバブログ「笑えるスピリチュアル」を連載。
著作には「神さまとのおしゃべり」などがあります。

今回の「営繕さんの幸せドリル」は、18のストーリーで構成されていて、
それぞれがインターネット上でアンケートを取った「会社を辞めたい理由」を提示し、
それに基づいたストーリーとなっています。
たとえば、「部下が協力してくれないから」とか、
「職場の飲み会がイヤだから」、「パワハラ相談を会社側にできないから」、
「仕事にやりがいを感じないから」、「自分の意見が通らないから」など、
会社つとめしている人なら「あるある」・・と頷くようなことばかりです。

好きなところから読むのもいいですが、全体が一つのストーリー仕立てなので、
できれば最初から読み物として読む方が純粋に楽しめると思います。

ストーリーは、IT企業で5年間営業成績トップだった
吉宮虎太郎が投資会社に引き抜かれて新潟のとあるお菓子メーカーの営業課長として
赴任するところから始まります。
赴任の前日に会社に来たところ、会社の備品の修理係である「営繕さん」と出会います。
改革を施してお菓子メーカーの売上を1.5倍にしようと力む虎太郎に、
営繕さんがアドバイスします。

「しっかりした上司を持つと、部下は協力できない」
「だらしない人だから助けたくなるんじゃないか」
「本当に助けたくなる状況になったら、みんなちゃんと動く」
「本当に助けなきゃあの人はやばいって思わせるぐらいに自分のだらしなさを露出してごらんよ」

こんな感じでストーリーは進んでいきます。


         

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの本

2017年06月26日

49回目の誕生日。

20170625_123750070_iOS.jpg

先週末は私の49回目の誕生日でした。

最近は仕事や子供のサッカーのことなどで忙しくて
自分の誕生日のことなどついつい忘れがちでしたが、
この歳になっても、家族から誕生日を祝っていただけるのは
本当にうれしかったです!

今回のケーキは、フルーツたっぷり!、
でも甘さ控えめの嫁さん手作りのフルーツケーキでした。

20170625_124048030_iOS.jpg

ちょっぴり酸味の効いていて
フルーツの味が引き立つ絶妙な味わい。

市販のケーキは甘すぎてあまり量は食べられない私でも、
嫁さんの作ったケーキはおいしいので
どんどんおかわりをしたくなるんですよね〜。(^o^)

毎年、祝ってくれてありがとう!

これからも家族のために頑張るからね。


ちなみに今朝知ったのですが、
中村俊輔選手(39歳・元日本代表のサッカー選手)や、
リオネル・メッシ選手(30歳・バルセロナで活躍する世界最高峰のサッカー選手の一人)も
私と同じ、6月24日生まれだったんですねー!

だからどうだというわけではありませんが、、、(^_^;)
誕生日が同じというだけで妙な親近感を覚えてしまいます。
これからもいっそう応援していこうと思いました。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート雑事

2017年06月19日

初めての「父の日」。

20170618_201925769_iOS.jpg

昨日は、父の日でした。

スーパーや紳士服売り場では、
「Father's Day」とか、「お父さん、ありがとう!」などの
文句が立ち並び、「父の日」用のギフトがディスプレイされていましたが
まあ、自分には無縁のものだと思っておりました。

ところが今年はなんと、サプライズで
子供たちから「父の日」のプレゼントをもらいました。
ごくごくふつうの日曜日だと思っていたので
本当にうれしかったです。

長男(中2)からは花束をいただき
次男(小6)は、私がすぐに横になれるよう、私のベッドのベッドメイキング、
そして三男(小4)からは感謝の手紙を受け取りました。

子供から花束をもらうのはおそらく生まれて初めてですし、
次男の心遣いもうれしかったですし、
三男の手紙は、、、、
さすがに読んだ瞬間、大笑いしてしまいました。


  お父さんへ

  いつもレーズンパンと
  アイスを買ってくれてありがとう。
  お勉強、頑張ります。

         良太より


まるで保育園の年長組さんのようなシンプルな手紙です。。。(笑)
もっと高価なものも買っていたはずですが、
彼の記憶にはふだん自分が食べたかったものを
買ってくれるお父さんの方が印象に残っているようです。(^_^;)

でも、父の日を祝ってもらって本当にうれしかったです。
みんな、ありがとうございます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2017年05月14日

リョウタの初ゴール!!その2

20170429_110318331_iOS.jpg

・・・ リョウタの初ゴール!!その1 の続きです。

さて、GW初日の練習試合は福井県からのチームも参加し、
1日で8試合を消化するというすごいスケジュール。
県の強化プログラムにも選ばれている主力組が入ると、やっぱり安定しています。
中盤でボールを奪うとすぐに4〜5人が一斉に相手陣地へと走り出し、
ドリブルで相手選手を引きつけたところへ味方チームにパスしてあっさりとゴール!!
立て続けの勝利です。やっぱり強いですねー。

しかし11時に別の強化プログラムに参加するため、
主力組が抜けると残りの選手は8人制サッカーがギリギリできる9人しか残りませんでした。
ボールを奪ってもすぐに奪い返されることも増えてしまいましたが
ふだんはスタメンではない控え選手がサイドラインいっぱいに走り回っていました。

ベンチに座っている控え選手は一人だけですから、
一番下手なリョウタの出番も増えてきました。
途中でシュートを一回打つなどもしていましたが、
ボールを追ってとにかく走り回る他の子と違い、
リョウタは歩いているか少し小走りになる程度で
あまり積極的にボールに絡もうとはしてくれません。

この日は主力組が抜けていますから
「少しはボールに触れる時間も増えて活躍するのでは??」
という親の淡い期待はあっさりと裏切られ続けています。
「まあ仕方ないか・・」

そうこうしているうちに7試合目が始まってすぐに主力組が帰ってきました。
「これでリョウタの出番もないな・・」と思っていたのですが、
なぜかコーチは最後の試合でもリョウタを出してくれました。

主力組も入ったいつものスタメンの中に一番走らないリョウタが入り、
味方のピンチ・・とおもいきや、なぜか一番遅くに自陣に戻ろうとした
リョウタの足下に味方からのボールが入りました。

ふだんならボールをとっても、すぐ近くにいる主力組の子にボールを渡すのですが、
周囲が「リョウタ行けー!!」と声を掛けたことで
一番体力が余っているリョウタがそのままドリブルで相手ゴールに迫っていき、シュート。
なんとゴールしてしまいました。

親としてこれほどうれしいことはありません。
他の保護者の方も一緒になって喜んでくれました。

またうれしかったのはいっしょにゴールまでサポートしてくれた
主力組の子がいっしょに喜んでくれたことです。
本当にこのチームでよかったと思いました。

その日の晩は予定を変更して、リョウタのお祝いです。
大好きなハンバーグをいっぱい食べられるように、
金沢のびっくりドンキーというハンバーグレストランで家族でお祝いをしました。

その後のリョウタの様子は・・・、
あまり変わっていないようにも見えますが、
それでもサッカーを嫌がることはやっぱり減りましたし、
「僕はできるんだよ!」とコーチにも話していたようです。

親としてはついつい我が子のちょっとした言動にも一喜一憂してしまいますし、
心配のあまりイヤなことや面倒くさいことから子供を遠ざけてしまいがちですが、
子供の成長を信じていろいろと経験させてあげたいな・・と思いました。

みなさんのご家庭ではどうでしょうか?

いろいろと重ね合うシーンを思い起こせたかもしれませんね。
なかなか親の不安から子供を信じることができなくなることも多いと思いますが、
小学校の間でもほんとずいぶんと変わります。
あらためて子供の力を信じてあげたいですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2017年05月12日

リョウタの初ゴール!!その1

20170429_035418787_iOS.jpg

今年小4になったテリー家の三男リョウタは
小2から津幡にある中条サッカースポーツ少年団に所属しています。
丸2年経ちましたが、正直言ってチームで一番下手ですし、
試合といってもほぼベンチに座っていることの方が多いので、
「子供の活躍に熱中する!」・・なんてことはまあ夢のまた夢なのですが、
今年のGWは違いました。

なんと対外試合でリョウタの初ゴールをみられたのです!!

ふだんの練習時間ならともかく、対外試合ではほぼベンチに座っているリョウタ。
しかも高く上がったボールは当たると痛いからと逃げ回っているこの子が
シュートを打つだけでなくゴールを決めてしまったので、本当にうれしかったです。


リョウタが所属している中条サッカースポーツ少年団は
40年以上の歴史を誇る地域に根ざした少年団です。

ただでさえ引っ込み思案で対人恐怖症のリョウタが、
はたしてチームプレーができるのか?、
負けん気の強い子が多いサッカーで続けられるのか?、
いじめはないのか?・・など、心配のネタにつきることはありませんでした。

リョウタは小学校に入学する際も教育委員会に親子で呼ばれたり
校長先生との面談があったほど、情緒的に不安定な子でした。
親としても「この子は通常学級では無理だろう・・」ということで、
ほぼマンツーマンに近くなる特別支援学級でお願いしたほどです。
入学式当日から登校拒否になりつつも、
ウチの嫁さんが3ヶ月半毎日学校まで送り迎えをしたり、
特別支援学級の担任の先生のおかげで小学校生活にも慣れ、
新しいことにも少しずつ挑戦できるようになっていきました。

今から2年前、ちょうど彼が小学2年になる直前のことでした。
心配していた小学校生活も1年が過ぎ、学校へは楽しく通ってくれるようになりました。
しかし常にマンツーマンですから同じ年の子供たちとの交流はやっぱり少ないままです。
また引っ込み思案のこともあって日曜日も家でゲームかTV三昧。
小学生なんだからやっぱり体を動かして欲しいと思いました。

幸いにしてリョウタは小さな頃から足腰も丈夫でしたし、
道具を使わずとにかく走り回る競技が子供の発育を考えても
いい影響があるだろうと考えていました。
この子の性格を考えれば、チームではなく個人のスポーツの方が良さそうにも思えましたが、
ただでさえ学校では他の子との接触が少ない状態なので
あえてチームプレーのサッカーを選んだのです。

ふだんの練習はまだしも練習試合になると、
ボールを追いかけて2〜3人がもれなくいっしょにやってきますから、
「怖いよ〜」とサッカーに行くことを嫌がることも何度もありましたが、
「他にしたいスポーツが見つかるまではとにかくサッカーに行きなさい!」
とほぼ無理矢理サッカーに行かせることもありました。
(さすがにかわいそうになることもありましたが・・)

半年に一度の保護者が集まる総会があるたびに、
「次の総会にはこの場にいないかもしれないな・・」と思っていたほどです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て
Powered by さくらのブログ