2017年01月07日

初詣とおみくじの由来。その2

20170101_040944074_iOS.jpg

・・・ 初詣とおみくじの由来。その1 の続きです。

次はおみくじの由来です。

「おみくじ(御神籤)」は、古くはまつりごとの決定にあたり、
神さまのご意思をうかがうためにくじが引かれたことに由来するそうです。
なんと、天皇の後継者選びにまでくじが使われていたんですよ。

多くの神社仏閣でみられる現在のおみくじの原型は
平安時代の元三大師(がんざんだいし)の創始とされ、
個人の吉凶を占うために行われる現代のようなおみくじは
鎌倉時代初期から行われるようになったそうです。

おみくじには一般的に「大吉」「吉」「中吉」「小吉」「末吉」「凶」などがあります。
(いいとされる順番もこの通りです。)

最良とされる大吉だと飛び跳ねるほどうれしくて、
うっかり凶を引こうものなら新年から落ち込み放しになるところですが、、、
大切なのはむしろその後に書いてある運勢の説明書きのところです。

そもそものおみくじは、これから自分がしたいことや気になることを
神さまに訊いてみる行為ですから、大吉や末吉、凶などといったタイトルは気にせず、
本文のご神託の部分をしっかりと読んで、今後の指針にする方がいいようです。

神社で引いたおみくじが境内の木々に結ばれているのを目にすることが多くあります。
これは、結ぶという行為により、木々の生命力にあやかり、
「願い事が結ばれるように」という祈願が込められています。
最近はご神木が傷むという理由で、みくじ掛けに結ぶところも増えてきましたね。
また聞き手と反対の手で結ぶと、困難を達成したということで、
凶が転じて吉となるという言い伝えもあるそうですよ。

ところでおみくじの有効期限、考えたことありますか?

答えからいうと、特に期限はなく、願を掛けた日から叶うまで・・だったり、
次のおみくじを引くまで・・とか、1年間の指針にする・・が多いでしょうか?
自分が納得しやすい期限設定でよいそうです。
これで気が楽になりますね。

みなさまの今年のおみくじはいかがでしたか?

吉とか凶とかは気にせず、本文の方をしっかりと読んでみてください。
きっとあなたにあった神さまからのメッセージが聞けるはずですよ。
それを支えに今年も元気に過ごしていってくださいませ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルなこと

2017年01月05日

初詣とおみくじの由来。その1

2011_02040008.JPG

今年のお正月は、北陸とは思えないほど暖かい日だったので、
元旦の早朝にもかかわらず例年よりも人が多くて、
年齢層もけっこう若かったような気がします。
なんか素敵ですよね〜。(^o^)

でもなんでお正月に、神社に参拝に来るようになったのでしょう?

ちょっと気になりますよね。

そんなわけで、初詣の由来を調べてみました。

古来日本には「年籠り」と呼ばれる風習がありました。
年籠もりとは、一家の家長が新年の豊作と家内安全、無病息災を祈願するために、
大晦日の夜から元日の朝まで氏神様のいる神社に籠もる儀式のこと。

この年籠もりがずっと長く続いていたのですが、
時代が移り変わるにつれ、大晦日の夜に行われる「除夜詣」と、
元日の朝に行われる「元旦詣」に分かれ、
元旦詣が今の初詣の原形となったのです。

江戸時代末期までの「元旦詣」は、地域の氏神様に参拝したり、
氏神様以外では家から見て恵方にあたる社寺に参拝する「恵方詣」が
一般的だったようです。

これが大きく変わってきて、現代の初詣に近くなったのが、
明治維新以降です。
時代が明治に入ると日本全国に鉄道網が敷設されていきました。
鉄道のおかげで江戸時代までは気軽にいけなかった
遠方の有名神社にも行けるようになったのです。

せっかく人が大移動するチャンスですから、
全国の鉄道会社が競うように自分の鉄道の沿線にある神社を「今年の恵方」として、
宣伝するようになったんですね。
そんなわけで本来の恵方とは全く関係のない神社にも
恵方参りのための初詣客が押し寄せるようになったのです。

これこそが現代の初詣ですね。
鉄道会社恐るべし・・ですが、別にJR批判というわけではございませんのでご安心ください。

次に初詣はいつまで行くのがいいのか??

お正月3が日までとか、松の内にあたる1月7日までとか、
あるいは小正月の1月15日まで・・と諸説あるようですが、
はっきり言って特に期限はないそうです。

初詣とは、読んで字のごとく、その年の一番始めに参拝に行くことなので、
出張や転勤などで松の内までに初詣に行けなかったとしても安心して、
気が向いたときに「初詣」に行ってくださいませ。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルなこと

2017年01月01日

2017年あけましておめでとうございます。

20161231_221855649_iOS.jpg

ブログをご覧になっているみなさま
新年あけましておめでとうございます。

今年の元旦は全国的に暖かいところが多かったようですね。
熊本城では初日の出が見られたそうで、
被災した方々だけではなく、私たちにも
勇気と清々しさを与えてくれる映像でしたね。

さて、テリー家は例年通り、
早朝6時半頃に家族で自宅を出発し、
金沢市内にある尾山神社に初詣に行ってきました。

ほぼ日の出の時間になる7時頃には尾山神社に着くので
初日の出とともにお参りするような感じですね。(^o^)

たとえお天気がイマイチで初日の出が見られなくても、
早朝の神社はとっても清々しい気持ちで臨めますし、
何より駐車場待ちの渋滞も交通規制もまだない時間帯なので
早朝に初詣に行くのがすっかり習慣になってしまいました。

20170101_040944074_iOS.jpg

毎年、本殿のお参りの後はおみくじを引くのですが、
(私の場合は、「男みくじ」を選んでいます。)
今年のおみくじは、珍しく「吉」でした。
「ちゃんと「吉」もあるんだ!」と思うと、
とってもうれしくなってきました! (^o^)

実は今まで収入の少ないときもちょっと不安なときも、
お正月のおみくじは10年以上も「大吉」ばかりが続いていたこともあり、
「結局どれを引いても「大吉」ばかりなのでは??」
と、勘ぐるほどになっていたからです。

気になるおみくじの本文は、以下の通りでした。

  次なる幸運の扉はすぐ先に

 劇的な変化や出来事はないが
 運勢はゆっくりと上昇中。
 次なる幸運につながる扉が
 開かれるときに向け
 しっかりと準備を。
 今のがんばりが未来を左右する。

これらの言葉がなぜかしっくりとココロに染み渡ります。

「よし、今年も目の前にあることにしっかりと取り組むぞ!!
 そして目の前にいる人たちのために何かしら役立てるようにするぞ!」
と心を新たにすることができました。

私たちを見守ってくれる神さま、本当にありがとうございます。
そして私たちを支えてくださるみなさま
今年もよろしくお願い申し上げます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート雑事

2016年12月28日

冬場のチョイ暖房に最適!遠赤外線カーボンヒーター。その3



さすがはAmazon。注文して2日後に届きました。
組み立ては3本のビスで本体とベースを留めるだけ。
ほんと簡単です。さっそく試運転。

      

10段階のダイヤルスイッチを1に入れると、すぐに赤熱して暖まります。
クローゼット部屋は周りに洋服なども掛かっているため、
ヒーターの正面だけが暖かくなるのはかえって安心感があります。

何より立ち上がりがわずか1秒なのでお風呂上がりにパッとつけて、
髪を乾かし終わったらサッと消す・・、そんな使い方には最適です。
しかも室温がどれだけ低くてもそばにいるととっても暖かいんです。
まあ、焚き火に当たっているような感じでしょうか。

いざというときの転倒自動停止機能もありますし、
切り忘れても6時間後には必ず消えるそうです。

そして安心の日本製。
安価な電気ストーブは中国製も多いのですが、
海外製の電熱器の火災も時折ニュースになっていますから、
やっぱり安心は大事ですね。

コロナのスリムカーボンは、短時間で狭い範囲だけを確実に暖める
スポット暖房として大活躍してくれます。

気になるお値段は、今年のモデルなら15,000円ぐらい、
もっとも機能的には昨年のモデルと全く変わっていないらしいので
テリー家のように昨年のモデルであれば、
10段階ダイヤルの上位機種でも10,000円程度で購入できます。

      

よろしければ、お近くのAmazonで、
「コロナ スリムカーボン」と検索してみてください。

電気ストーブ、案外バカにできないですねー。
車庫の中で座って作業するときとかでもけっこう使えそうです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りのモノ

2016年12月27日

冬場のチョイ暖房に最適!遠赤外線カーボンヒーター。その2



●ハロゲンヒーター  
扇風機みたいな形のアレです。
テリー家にも10年以上前にありましたが、電気代が高い上に
子供がヤケドするかもしれないので結局使わなくなり処分しました。

●カーボンヒーター
ハロゲンの次に低価格で数秒後には暖まり遠赤外線効果も高いそう。

●シーズヒーター
全開になるまでは3〜5分と少し時間がかかりますが、
遠赤外線効果が非常に高く、勉強部屋などある程度の時間過ごすときにいいらしい。
       

●パネルヒーター 
ほんのり暖かくて省スペース。トイレ向きでしょうか。

●セラミックファンヒーター
小型ですぐに暖かい温風がでるけれど、連続して使うと電気代がかなり高い。
トイレや脱衣所などの狭い空間なら何とか・・。

●オイルヒーター 
空気を汚さずヤケドの心配もなく乾燥しすぎないので寝室向きです。
ただし、暖まるのにムチャクチャ時間がかかる上に電気代も半端ないです。


当初は、セラミックファンヒーターを考えていたのですが、
うっかり使い続けると電気代がかなり高いらしいとのことで除外。

はっきりいって、服を着替える数分だけとか、
髪を乾かしたりお化粧をするときだけ本人がしっかり暖かければいいので、
いわゆる電気ストーブで電気代が安い方がよかろうと、
遠赤外線効果が一番高いシーズヒーターで評判のいい
コロナのコアヒートを第一候補にしました。

コアヒートは、太陽光と同じ遠赤外線効果で少々離れていても体がポカポカするとのこと、
しかも弱運転の400W以下でもストーブの前にさえいればかなり暖かいそうです。
しかもイマドキ珍しい日本製です。
       

いよいよ購入しようとレビューをいろいろ見ていたのですが、
スイッチを入れてから暖かくなるまでに
どうしても3〜5分程度かかってしまうとの評価が多いため、
すぐに暖かくしたい私としては、躊躇してしまいました。

そして選んだのが、同じコロナの下位機種スリムカーボンです。
こちらはすぐに暖かくなる上に省スペース。
気になる電気代もマイコン制御の10段階ダイヤルスイッチで
一番小さな1の350Wでも暖かいんだとか。

すぐにAmazonで注文しました。

        


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りのモノ

2016年12月26日

冬場のチョイ暖房に最適!遠赤外線カーボンヒーター。その1


テリー家は古い木造住宅なので、真冬はかなり寒い家です。(^_^;)

最新の高断熱住宅のような全館暖房なんてやろうものなら
光熱費がいくらかかるかわかったものではありません。
そんなわけでふだん人が過ごす部屋には暖房器具を置いていますが、
逆にあまり長く滞在しない部屋やスペースには
一切暖房器具を置いていません。

みなさんの家にも暖房器具が備わっていない部屋がいくつかあると思います。
洗面脱衣室、トイレ、お座敷辺りがそれにあたるでしょうか?

テリー家の場合、寝室の隣に和室6帖のクローゼット部屋があるのですが、
そこにはエアコンもファンヒーターも何もありません。
クローゼット部屋には、家族全員の普段着や下着が納められています。

男の子3人がいるテリー家では、洗濯物の量が半端ないです。。。
1日に最低でも朝・晩の2回は洗濯機を回しています。
乾いた洗濯物を次々とたたんで効率よく各自の収納ケースやタンスに収めるために
ファミリークローゼット部屋にしてしまったというわけです。

私と嫁さんはこの部屋で着替えをしたり、
嫁さんに至っては髪の手入れをしたりお化粧をしているのですが、
さすがに冬場だけはやっぱり寒いので、
暖房の入っているキッチンの鏡を使うことが多かったようです。

以前であれば若かったこともあり、
多少寒くても我慢しながらクローゼット部屋で着替えたりしていたんですが、
さすがに40代も後半になるとこれもつらくなってきます。
そうはいってもずっと過ごす部屋というわけでもないので
わざわざエアコンを設置するほどでもありません。

「すぐに暖かくなって、安全で低コストの暖房となると、
 やっぱり電気ストーブになるのかな?」

エアコン以外の電気式暖房をさっそく、調べてみました。

現在市販されていて安く買える電気式の暖房は、
●ハロゲンヒーター
●カーボンヒーター
●シーズヒーター
●パネルヒーター
●セラミックファンヒーター
●オイルヒーター

まあ、エアコンを除くとここまでですね。
それぞれ一長一短というか、使わない方がいいものもあります。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りのモノ
Powered by さくらのブログ