2017年12月30日

まだ間に合う?あったかリフォームに使える補助事業。その2

IMG_5593.JPG


最後に紹介するのは、「スマートウェルネス住宅改修事業」。
こちらは築年数は問われませんが、年内に住んでいる人が2週間の健康調査を受けて、
断熱改修工事を行ったあとも何年か継続して健康調査を行う約束することで、
対象工事の1/2、最大100万円の補助を受けられる事業です。
バリアフリー工事があれば最大120万円になります。

これは今年度の工事前健康調査をした物件が最後となることが決まっていましたが、
1年延長されることになったと案内が送られてきましたので
まだ大丈夫ですよ。

IMG_5566.JPG

健康調査の内容はリビングや脱衣室に24時間自動計測の温湿計を置いて、
本人は活動量計を身につけて毎日血圧を測ることを14日間継続するだけ。
対象工事は、長期優良住宅化リフォーム事業の省エネ工事と同じ。

一番やりやすいのは、LDKのすべての窓にLOW-Eガラスの内窓を取り付けて
給湯器をエコキュートに替えるだけ。
もし予算を回せるのであれば、天井や床下の断熱材も追加し、
他の部屋も内窓をつければその分も対象工事に回せるので、
上限の金額を取りやすくなるんですね。

とても魅力的な事業なので、まずは健康調査を申し込み、
同時進行で交付申請を出して省エネ工事内容の審査を受けます。
無事審査に通れば、来年から工事を行って2月までに完成、
実績報告書を出せば、申請金額がかえってきます。

ただし、このスマートウェルネス事業、
申請できるのは各都道府県の協議会メンバーとなっている工務店さんだけ。
かほく市だと沢野建設工房さんだけなんですねー。

ちなみに沢野建設工房さんの申請業務は私がしていますので、
お客様の要望や家族構成、対象となる住宅の特徴や予算を加味して
適切な補助事業を選べるよう配慮しています。
同じ予算でも快適な暖かいリフォームを提案できると思いますよ。

なお、10年以上のローンを組んでこれらの改修工事をした場合は、
増改築工事に対して住宅ローン控除を受けることもできます。

ただしちょっと気をつけていただきたいのは、中古住宅を新たに購入する場合です。
中古住宅の取得の際に住宅ローン控除を使う場合は、
築年数20年以下の物件でないと、住宅ローン控除は使えませんので、
その点だけお気をつけください。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2017年12月16日

まだ間に合う?あったかリフォームに使える補助事業。その1


最近は不景気のせいか、新たに土地を購入するのではなく、
程度の良さそうな中古住宅を買って大規模なリノベーションをしたり、
見た目だけでなく、より快適にするためのリフォームを施す例も増えてきました。

そこで今回は暖かい冬を過ごすために使える、
リフォーム用の補助事業を紹介したいと思います。

リフォームと聞くと、外観を新しくする外壁リフォームだったり、
毎日の生活が楽しくなるキッチンリフォームやトイレリフォーム、
浴室リフォームなど単品の水回りリフォームをイメージされる方も多いかもしれません。

もちろんそれらもいいのですが、
築10年〜20年前後の中古住宅と最近の家で一番違うのは、
なんといっても断熱性能です。もう暖かさが全く違うんです。
暖かい家だと体が楽なのはもちろんですが、
風邪もかえって引きにくくなりますし、光熱費もかなり下がります。
中古の家に住むのならぜひともあったかリフォームを施してほしいところです。

その際に使える大型補助事業としては、次の3つがあります。

1つめが経済産業省の「断熱リノベ」
この事業は今年度は11月15日で申込みが終わってしまいましたので
来年度に期待です。

IMG_5586.JPG
こちらは申請期限が来年の2月23日まで延長されたのでまだ間に合いますよ。
内容は耐震性や耐久性、省エネ性などの性能向上工事を施すことで、
対象工事の1/3、上限100万円の補助金がもらえるんです。

私も何件か申請業務を行いましたが、一番適用しやすいケースは、
耐震性を満たすために昭和56年6月以降に建築された住宅で、
外壁や屋根を改修し、LDKの窓をすべてLOW-Eペアガラスに変更して
給湯器をエコキュートに交換する工事。

ここまでするとほぼ満額の100万円になるはずです。
内装を一切触りたくない場合でも、家中すべての窓にLOW-Eペアガラスの内窓を取付、
天井と床下に新築同様の断熱材を施し、熱源をエコキュートに替える方法でも適用になりますね。

もちろん大規模な工事になりがちなリノベーションであっても、
長期優良住宅化リフォーム事業なら満額の100万円になりやすくなるので、
これはけっこうお勧めです。
一般的に補助事業は最初に交付申請をして交付決定が降りないと
工事にかかれないことが多いのですが、
長期優良住宅化リフォーム事業だけは書類の不足さえなければ、
申請書を郵送して1週間から10日程度で工事にかかってもよいという案内が来ますので、
割と早めに工事にかかれるのもいいですね。
今から計画をしても十分に間に合いますよ。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2017年10月31日

今年のカブトムシはとっても長生きです。

20171029_084528970_iOS.jpg

テリー家のリビングの片隅には、
今年の7月からカブトムシのケースが置いてあります。

7月上旬に無事成虫になったカブトムシ6匹(♂5匹、♀1匹)。
カブトムシの成虫はだいたい2〜3ヶ月程度しか生きられないので
8月の下旬から順番に★になっていったのですが、
9月の下旬頃から2匹だけが元気に生き残りました。

多少動きは鈍くなったものの
ちゃんとエサも少しずつ減っていました。
「今年のカブトムシは長生きだね〜。」
今年は10月中旬まで気温の高い日が続いたせいかもしれません。

さすがに季節外れの台風が2回も通過し、
一気に気温が下がった頃に1匹が★になりましたが、
最後の1匹はまだ動いています。

明日から11月。

どこまで生きられるでしょうか?


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カブトムシ飼育

2017年10月27日

小学校のマラソン大会、入賞しました!!

LINE_P20171027_05351943.jpg

昨日、次男(小6)と三男(小4)が通っている小学校で
毎年恒例のマラソン大会が行われました。

マラソン大会とは、各学年男女別に
校舎の外周を走りタイムを競うというもの。
1・2年生は1100m、3・4年生は1300m、
5・6年生は2000mの距離を走ることになるので、
持久力が大きく問われます。

ふだん運動をしている子としていない子の差は歴然ですし、
学年が上がるごとに他の子もどんどん体力をつけていくので
順位を上げることがさらに難しくなっていきます。

結果は、2人とも昨年よりも順位を大きく上げて
次男ケイジは、12位!!
三男リョウタは、なんと7位でしたー!!

LINE_P20171027_05351935.jpg

嫁さんから報告を受けたとき、自分のこと以上にうれしかったですー!!


こう言っては何ですが、、、
テリー家の子供たちは3人とも、長距離走は苦手です。
長男の時も1年生から4年生ぐらいまでずっと40番台で
後ろから数えた方がはるかに早かったぐらい。(T_T)

次男も三男も40番台や30番台が続いたので
「まあ、小学校の間は仕方ないか・・」と思っていました。

ところが今年の夏休みには、
次男と三男が津幡町の100キロコンペに参加し始めて、
毎朝5時半に早起きをして少しずつ走るようになりました。

※100キロコンペとは、津幡町が体力向上のために行っているイベントで
 老若男女問わず、毎日少しずつ走った距離をつけていき、
 100キロを無事走破した人を表彰しています。
 夏休みを40日とすると毎日最低2.5km走る必要があります。

残念ながら100キロまでは到達しませんでしたが、
それでも次男は70km、三男は60km走りましたから、
初めての挑戦としては上出来です!

そしていよいよマラソン大会前日、
三男は今年は10位に入りたいと目標を持ってすごく緊張している様子。

次男はいつも通りの様子で、特にコメントはなしでしたが
順位を大きく上げたことを褒めてあげると、
「いつも10位内に入っているNくんに一生懸命ついていったんだよ」
と、自分なりの作戦を教えてくれました。

学年が上がるごとに順位を上げるのは難しくなりますし、
子供同士でも「どうせあいつには勝てないし・・」とか、
「どうせ僕は足が遅いし・・」と最初からあきらめる場合もあるでしょう。

夏休みの頃から体力を着実につけて
当日もしっかり走ってくれた子供たちがとっても誇らしく思えました。
子供の成長がとても感じられて本当にうれしかったです。

今週末は2人のお祝いとして
ステーキを食べに行くことにしました。

20171028_111331562_iOS.jpg
カメラ目線の次男。

20171028_111312949_iOS.jpg
とりあえず肉にがっつく三男。

20171028_110835592_iOS.jpg
この日、テニスの練習試合で全勝した長男。

頑張ってくれて本当にありがとうね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2017年10月11日

子供棒振り(津幡町の秋祭り2017)その3



その後は、終日うちの嫁さんも昼食の準備や足袋の履き替えなどで
公民館と我が家を行ったり来たり、
私は子供たちがいない合間を縫って、
家中の掃除機を掛けてシーツなどの大物を洗濯したり
・・と大忙し。

そして昼1時半からは、
津幡町シグナス前の交差点を完全通行止めにして
4地域の獅子合わせがありました。
他地域の演舞はなかなか迫力があってよかったです。(^o^)

その後も、すべての希望者のお宅の前で
演舞を続けながら夜10時過ぎに無事終了。
公民館で衣装を脱いで帰ってきたのは夜11時半頃でした。

ふだんこんな時間まで起きていないテリー家の子供たち、
パジャマに着替えるとすぐに眠ってしまいました。

「遅くまでよく頑張ったね。お疲れ様。。。」


翌日、テリー家の子供たちに個人的にお花代を出してくださった方々へ
1軒1軒子供たちを連れてお礼のあいさつに回りました。
お礼の品はかなり迷いましたが、
たまたま三井アウトレットパークに行く用があったので
そこで見つけたゴディバのチョコレートセットをチョイス!
喜んでもらえたようです。

特にご近所づきあいをしていないにもかかわらず
温かく見守ってくれた地域のみなさんに本当に感謝です!!

それとお祭りに不慣れなテリー家を暖かく支えてくれた
青壮年団のみなさん、本当にありがとうございました!!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい

2017年10月09日

子供棒振り(津幡町の秋祭り2017)その2

FullSizeRender.jpg


そしていよいよ本番当日、
朝5時半までに衣装を着せて地区の公民館に集合!ということで
まだ眠そうな次男と三男を午前4時にたたき起こし、
衣装を着せなければなりません。

初めてのことということもあり
嫁さんがあらかじめ衣装合わせのときの動画を撮っていたので
動画を横目に見ながら5時20分頃にようやく衣装を着せることができました。
(フー・・・、汗)

公民館では、小学生の棒振り隊、横笛を吹く女の子たち、
太鼓を叩いたり獅子舞の担ぎ手とそれぞれの家からお花代をもらって歩く
青壮年団のみなさんがすでに集まっていました。

準備ができたところで町内を獅子舞と子供棒振り隊が練り歩きます。

自分のとこの子供を出していたこともあり
今年はテリー家でもお花代を出して
我が家の前でも演舞を披露してもらいました。

ほとんど身長の変わらない次男と三男が先頭に立ち、
力強い演舞を披露してくれました。
6年生にしては体が小さいけれど、何でもマジメに取り組む次男ケイジ。
そして毎回怒られながらも付け焼き刃で練習した三男リョウタも、
力強い演舞を見せてくれました。

「へ〜〜、なかなかうまいじゃないか!」

演舞の前後では、地区の青壮年団の方々とも
少しお話を聞くことができました。
なんでも他の家で、ケイジとリョウタに個人花が出たそうです。

知らないお宅だったのでその理由を聞いてみると、
「あの裸足で走り回っていた子がこんなに大きくなったんだね−。」
と言いながらお花代を出してくれたとのこと。

すっかり忘れていましたが、リョウタがまだ2,3歳の頃、
頻繁に裸足のままで勝手に外に出歩き、踏切のそばまで行ったりして
よくご近所の方々に保護されたことを思い出しました。

すぐお向かいの家やふだんから挨拶を交わすお宅もあれば
テリー家から少し離れた、顔を見てもどなたかわからない方が、
わざわざ家まで送ってくれたこともありました。

「なんて温かいご近所さんだろう。」
本当に有り難く思いました。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい
Powered by さくらのブログ