2016年04月04日

ご近所への挨拶から新しい生活が始まる。その3



Cリフォーム工事が始まる前

すでにその土地で生活していることもあって、
ちょっとしたリフォームだと挨拶をしない人の方が多いかと思います。
でも、外壁工事だったら家の周囲に大きな足場を組み始めたり、
内部の改装だけでも多くの工事車両が自宅の前の横付けになったりして、
工事の騒音以外でもけっこう交通の邪魔にもなります。
「ご近所さんにご迷惑をおかけしてすみません。」
という言葉を添えて挨拶回りをしておくことで、
無用なトラブルを防ぐことができます。


さて、挨拶回りの基本は、
家の周囲、向こう3軒・両隣・真後ろ3軒、
それにプラスして同じ側の並びの家を一通りしておくと完璧です。

挨拶の際には手ぶらも何ですから、
何かしら手土産を持参するといいでしょう。
その際の手土産は、
あまりご近所さんの心理的な負担にならないものがよろしいかと思います。
日持ちのする食べ物か、もしくは洗剤・タオルあたりが鉄板だと思います。
金額的には500円〜1000円程度で十分です。
気持ちを込めて笑顔で挨拶されれば、誰しも悪い気はしないものです。
ぜひ行ってください。

さて、工事にかかわらず、、、ですが、
やはりふだんからご近所の方へはちゃんと挨拶してください。
そのことが防犯対策にもなりますし、
そのエリアで心地よく住み続けるコツだと思います。
ご近所の方の顔を知っているかどうかにかかわらず、
家の前を通る人にはとりあえず挨拶してみてください。
けっこう挨拶が返ってくることも多いです。

それとその様子をお子さん方もちゃんと見ています。
お子さんが挨拶するかしないかは、
親御さんがふだん挨拶しているかどうかによって決まるんだそうです。
素敵な挨拶をお子さんやお孫さんに見せてあげてください。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい

2016年04月02日

ご近所への挨拶から新しい生活が始まる。その2



A新しい土地を買って、新築工事を始めるとき

新しい土地で家を建てるとなると、数ヶ月後にはご近所さんになるわけですから、
工事を始める前、つまり着工前にご近所に挨拶回りをしておきましょう。
工事が始まると機械の騒音やトラックの出入りで
ご近所さんは確実に迷惑を被るからです。

それとそれまで空き地だったところにいったい誰が引っ越してくるのか?、
ご近所さんは興味津々で注目しています。
私が住宅営業としてご近所へ着工前の挨拶をしていると、ほぼ確実に
「ねえねえ、いったいどんな人が買ったの?家族構成は?年代は?」
などと質問攻めに遭うことが多いです。
「すごくいいご家族ですよ〜!」とお話しすると
ホッとされるのが表情から読み取れました。

工事を始めるのは、契約した施工会社さんですが、
工事中のストレスや迷惑行為への不満が、
どうしても引っ越してきたご家族に向けられてしまうのが哀しいところです。

以前お客様から聞いたお話として、
「うちも工事の時にはご近所に迷惑をかけたとは思うけど、
 お隣の工事ではこちらに事前の挨拶もないし、
 工事車両はうちの駐車場の前に駐められるし、
 庭には勝手に入られるし、、、
 引っ越してくる人に罪がないことは頭ではわかっているんだけど、
 なんだかね〜・・・」と仰る方がいて、ついつい共感してしまいました。

土地を購入して新築するなら、着工前に挨拶をしておくといろいろと安心です。
回る範囲は向こう3軒、両隣2軒、真後ろの3軒の計8軒が目安です。


B家を新築して引っ越してきたとき

こちらのケースも新しい部屋への引越と同様に、
引っ越してくる前に挨拶をしておく方がスムーズです。
お引き渡しの直後にすればよろしいかと思います。
戸建住宅の場合はすでに着工前に挨拶を一通りしてきたと思いますが、
いよいよ実際の生活が始まるよという意味と、
「工事中はご迷惑をおかけしました」
と告げるといいスタートが切れるはずですよ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい

2016年04月01日

ご近所への挨拶から新しい生活が始まる。その1


新居が完成して無事念願のお引っ越し、
あるいは新居をこれから建てるために工事に入るとき、
転勤や進学で新しいところへ引っ越すときなど
3月から4月はお引っ越しシーズンですね。
ところでみなさんはそんなとき
ちゃんとご近所さんに挨拶回りをしていますか?

@必ずする派と、A特にしていない派に分かれると思います。
アパートやマンションへの引っ越しですと、
今はご近所づきあいなどもあまりないし、
むしろ防犯的な意味合いで
「挨拶回りなんてしません!」
というご意見を聞いたこともあります。
まあ、都会ならそういうこともあるかもしれませんね。

でも、挨拶回りはちゃんとやっておいた方がいいかと思います。
今回は、さまざまなシーンで挨拶回りをお話しします。
●どんなシーンで挨拶しておくといいのか?
●挨拶回りをしたときのメリットは?
●なんていって挨拶するの?
●挨拶回りの範囲は?
・・をお話ししていきますね。


@新しい部屋に引っ越してきたとき

あまり遠方ですと、お引っ越しの時に合わせて
挨拶回りをせざるを得ないケースもあるかと思いますが、
もし可能であれば、実際のお引っ越しの前に
お隣さんや上下階の方に引っ越ししてくる旨を伝えた方がよろしいかと思います。

引っ越し作業って、人が頻繁に出入りしてけっこう音も出ますし、
引越用のトラックは大きいので邪魔といえば邪魔ですよね。
そこであらかじめ
「この日に引っ越してきますので、ご迷惑をおかけしますが
 よろしくお願いいたします。」
といっておくとスムーズに引越作業ができるかと思います。

実は過去に私がアパートに住んでいたときのこと、
いきなり日曜日の朝7時から隣の部屋の引越作業が始まり、
うるさいやら、車を動かしてくれなどの要望が出されて
ちょっとイヤな印象を持った記憶があります。
あらかじめ聞いていれば、前日のうちに車も動かしたし
そのつもりで行動することもできたのに・・
と残念な気持ちになったんですね。
別にお隣さんのことを嫌いになったわけではありませんでしたが、
なんとなく心理的にはかなり距離を置くようになってしまいました。

隣にどんな人が越してきたかわからないと、
近隣の方々も不安になるのは同じこと。
あらかじめ顔を合わせて軽く話をするだけで、
ゴミ出しなどその地域のローカルルールを教えてもらうこともできますし、
お子さんの年が近かったりしますと、学校の情報も手に入るのでオススメです。

アパート・マンションで回るところは、
両隣と上下階、もし可能であれば同じフロアの方すべてに
顔出しをしてもいいでしょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい

2012年04月27日

登校中の児童を守りたい!【京都・亀岡の事故】3/3

 
・・・ 登校中の児童を守りたい!【京都・亀岡の事故】2/3 の続きです。


2. 片側に縁石やガードレールを設けて、歩道を作る。

これは商店街などでよく見かけられます。
しかし、住宅街では自家用車の出し入れがあるので
切れ目なくガードレールを設置するのはほぼ無理
・・と言っていいでしょう。

また、十分な道路幅がない場合は、
一方通行の規制と併用することになるかもしれませんが、
通過車両のスピードそのものを落とす工夫もしないと
重大事故そのものが起きることも出てきます。


3. 要所要所に街路樹を植える。

道路の片側ではなく、飛び石のような感じで
道路の左右に交互に街路樹を植えていきます。
車はイヤでも蛇行運転を余儀なくされるので
必然的にスピードを落とすことになります。

車がすれ違うときも、街路樹から街路樹までの間で
片方の車が待ってゆっくりとすれ違うことになるので、
それもスピードを落とすことにつながりますね。


4. バンプを設ける。

バンプとは、道路上に意図的に設けたコブのこと。
歩行者優先にしたい、公的な施設の手前などによく設置されています。
この上を車がある程度のスピードで通過しようとすると、かなりの衝撃があるので、
イヤでもスピードを落とすことになります。

バンプには単純に道路の要所要所にコブを後付けにする方法と、
道路全体を波のように大きくうねらせる方法があります。
当然後者の方が費用がかかります。


石川県野々市市には、3.街路樹を交互に配置する方法と、
4.道路全体のバンプが両方とも設置されているところがあります。

ちょうど野々市小学校の周辺で住宅街のあたりがそういう感じだったんですけど、
どんな車でもイヤでもスピードを落とす羽目になりますし、
走りにくいのであまり抜け道にもならないようにしてありました。

もっともこれらの事業はお金がかかることではありますが、
ただでさえ少子化がどんどん進み、子供の数が加速度的に減っていく状況を考えると、
もはや予算のあるとかないとかの話をしている場合ではないと思います。

子供は社会の宝という言葉があります。

私たちが歳を取った後にこの社会を支えてくれるのは、
間違いなく今の子供たちの世代です。
彼らがいなければ年金も健康保険も何一つ維持できないのですから、
たとえ自分の子供でなくとも、私たちが住む社会全体で守っていきたいですね。

そして、お車を運転されるみなさんには、どんなに急いでいても、
子供の姿を見たら自転車並みに徐行していただくよう、
あらためてお願いいたします。

今回のような哀しい事故が確実になくなることを切に願っております。


★今日のテリー語録

「自分の子供を学校に送ろうとして、他人の子をはねることだけは避けたいものです。」

お子さんが学校に遅刻しないように・・と慌てて車で送ろうとしてスピードを出した結果、
同じ学校に通う他のお子さんに大ケガをさせようものなら、
ほぼ転校を余儀なくされるでしょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい

2012年04月25日

登校中の児童を守りたい!【京都・亀岡の事故】2/3

 
・・・ 登校中の児童を守りたい!【京都・亀岡の事故】1/3 の続きです。


よくよく考えてみれば、亀岡の事故が起こったような道路は
日本の至るところに存在しています。

この道路の特徴を上げてみました。

@ 大きな幹線道路への抜け道になっている
A 住宅街の通学路である。
B 小学校がすぐ近くにある。
C 縁石などで区分けされた独立した歩道がない
D 車同士がすれ違える程度の道路幅がある。
E 見通しはそれほど悪くない。
F 近所の人から見ても危険な道路

みなさんがお住まいの地域にもあるのではないでしょうか?


テリー家の子供たちが通う通学路にも、同じような道があります。

見通しもそこそこいいので、朝の通勤ラッシュの際には多くの車が通行し、
通学途中の小学生の横をすり抜ける車もあります。
その対策として、通学路の要となる横断歩道のそばには、
私たち保護者が毎朝交代で旗を持って立ち、
児童たちが安全に渡れるようにしています。

幸いなことにテリー家のご近所さんは素晴らしい方が多くて
ちょっとした交差点や横断歩道のところにも
ご近所のみなさんが協力して交通整理をしてくれるので
かなり多くの人が通学中の児童たちを見守ってくれています。
(本当にありがとうございます。)

しかし、今回の事故があった道路のように本当に危険な道路では、
こうして「人に頼る」やり方だけでは不十分かもしれません。


やはり具体的な対策をする必要があります。
その例を挙げてみますね。

1. 車を通行禁止にする。

本当は全面通行禁止にしたいところですが、住宅街で生活道路にもなっているので、
朝の通学時間帯(朝7時〜8時30分とか)だけは通行禁止にする方法があります。
(許可車両以外、通行禁止ということです。)

しかし、日中は他の車もふつうに通れることから
地域住民と通過車両でトラブルになるケースも多いようです。


・・・ 登校中の児童を守りたい!【京都・亀岡の事故】3/3 に続く。


★今日のテリー語録

「車優先から、歩行者優先へ。」

今までの道路行政は、「いかに効率よく車を移動させるか?」を主体に考えてきました。
(歩道橋や地下道がその例ですね。)
しかしこれからは、圧倒的多数であり交通弱者でもある歩行者を優先していく必要があります。
そして横断歩道のところに人が立っていたらちゃんと止まるとか、
歩行者から見えやすいように早めにライトを点灯するとか、
運転している私たちの意識も、「歩行者優先」を強く意識付ける必要もあるでしょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ご近所つきあい

2012年04月24日

登校中の児童を守りたい!【京都・亀岡の事故】1/3


つい先日、京都の祇園で軽ワゴンが観光客を次々とはねて
大勢の方が死傷しましたが、その記憶も冷めやらぬうちに
またしても、悲惨な事故が起きてしまいました。

ニュースなどで大きく報道されているので
みなさまもすでにご存知だとは思いますが、
18歳の少年が無免許のまま軽自動車を運転し、
通学途中の小学生の列にそのまま突っ込み、
何人もの小学生と、子供たちの安全のために一緒に歩いていた
お母さん(出産を控えていた・・)をはねて
現時点でも死者2名、重体2名、多数の負傷者を出す
大事故になりました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000015-kyt-l26


私にも小学生の子供が2人いることもあり、
このような通学途中の痛ましい事故を聞くと、
とても他人事とは思えません。

今回の事故で大切なお子さんを亡くした親御さん、
大ケガと同時に心にも深い傷を負ったお子さんたち、
さらに夏に出産を控えた若いお母さんの遺族の方のお気持ちを考えると
本当に胸が痛みます。

亡くなった方やケガをされた方、そしてそのご家族様には
心よりお悔やみ申し上げます。


事故を起こした18歳の少年が悪いのは明らかで、
いずれ法の裁きを受けるとともに
全生涯を持って償っていく宿命を背負うことになるでしょう。

しかし、だからといって、
「無免許で一睡もせずに運転していたこいつが悪いんだ!」
・・だけで、この事故を済ませてしまうわけにはいかないと思います。

と言いますのは、(どんな大惨事でも共通していることですが、)
大きな事故が起きたときには、必ずその前にいくつもの
「ヒヤリ・ハット」が存在していたからです。

今回の事故でも、
問題の道路は併走する国道の抜け道であり、
両側の側溝に全てフタが設けられたことで、
たとえ通学時間帯であっても、
何台もの車がスピードを出して通過していくようになったんだとか。

大勢の小学生の列が登校していても、全くお構いなしで
ギリギリのところをかなりのスピードで通過する車もあって
近所の人たちも心配していた矢先のことだったそうです。

亡くなられた方にはたいへん申し訳ないのですが、
このような状況では、「起こるべくして起こった事故」
のようにすら感じてしまいます。

どうすれば、このような悲惨な事故をなくすことができるのでしょうか?
次回はその対策を考えたいと思います。


・・・ 登校中の児童を守りたい!【京都・亀岡の事故】2/3 に続く。


★今日のテリー語録

「子供は社会の宝。」

テリー家の3人の子供たちも、今までかなり危険な目に遭っていますが、
(道路の真ん中で寝ていたり、走っている車に向かって飛び出したり、、、などなど)
ありがたいことに、そのいずれのケースでも
ご近所のみなさんが助けてくれたおかげで
大きな事故に遭うこともなく、何とか守られてきました。
「地域の大人たちで子供を守ろう!」というお気持ちがいつも伝わってくるので
本当に感謝しております。ありがとうございます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい

2011年07月25日

地上アナログ放送、ついに終了〜!!

 

平成23年7月24日正午、
1953年にスタートした地上アナログ放送がついに終了しました。

アナログ放送が始まった時はまだ生まれていませんでしたが、、、(^_^;)
私が物心ついたときには、
すでにTVが生活の中にありました。

私が小学生の頃は、TVが複数台ある家庭も珍しく
今のようにブルーレイやHDDレコーダーがあったわけでもなく
VHSビデオも私が中学に入った頃に普及し始めたため、
当時はチャンネル戦争なんて言葉もありましたね〜。
(イヤ〜〜、懐かしいです。)


さて、今回の地デジ完全移行政策、
何かと非難の声が多く上がっていました。

「税金の無駄使いだ!!」
「地デジチューナーを買えない高齢者を見捨てる政策だ!!」
「政府の決定は性急すぎる!!」

およそ10万世帯と見られる、
地デジ難民をどうやってスムーズに地デジに移行させるか?
・・総務省のみならず、自治体のみなさんやTV局、家電量販店の方々が
それぞれの知恵を出し合いました。

しかし、それでもアナログ放送が実際に停波して砂嵐になった直後には
総務省地デジコールセンターに問い合わせの電話が殺到したそうです。
まあ、「もう少しアナログ停波を待てなかったのか!?」
と言いたくなるお気持ちもわからないではありません。

でも、1年や2年待ったところで、
おそらく状況が変わることはないかと思います。


実はテリー家でも、ブラウン管TVが壊れるか、
アナログ放送が終了する今年まで
TVの買い換えをずっと先延ばしにしていました。

結局、ブラウン管TVが今年に入っても壊れなかったため、
「あまりギリギリのタイミングだと、かえって高いTVを買う羽目になるかも・・。」
と思い、今年4月に大きく値下がりしたタイミングで
地デジTVを購入した経緯がありました。

もし、アナログ放送の終了が1年先に伸びていたら、
今年は地デジTVを買わずにあと1年購入を延期していたと思います。
ひょっとしたら砂嵐状態になってもしばらくガマンしてから
ようやく地デジTVを購入していたかもしれません。


やはり事前にわかっていても
なかなかその時にならないと行動できないのも
人間の性なのかもしれませんね〜。

今回、総務省などに問い合わせをされた方々にとっては、
もうしばらくの間、アンテナ工事などが混み合ってたいへんかもしれませんが、
これも時代の流れでもありますし、
どうしても自分のTVが見られなければ
ご近所のお友達に見せてもらってもいいではありませんか?
(昔はそういうご近所つきあいもあったようです。)(^o^)

これも含めてあらたなコミュニケーションを
始めてみるのもいいかと思いますよ。


★今日のテリー語録

「地方都市のおかげで助かりました。。。」

テリー家のような地方都市の場合、アナログ時代からすでにUHFアンテナが立っていたため、
(VHFアンテナだけだと、NHKと民放1局しか映らなかったのです。。。)
地デジチューナーなどを取り付けてアンテナ端子につなぐだけで、すぐに地デジ放送を見ることができるのです。
でも、南関東のようにVHFアンテナだけで全てのアナログ放送が見られる恵まれた地域の場合は、
あらたにUHFアンテナを立てなければならないため、
かえって地デジへのハードルが上がってしまったようです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

posted by テリー at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい

2011年05月14日

エアコンの室外機、どっちを向いていますか? その2

 
・・・ エアコンの室外機、どっちを向いていますか? その1 の続きです。


それと、苦情を仰る方の勘違いもあるようです。

エアコンの室外機から出るモワ〜〜〜とした風を浴びると、
「きっと室内の汚い空気を外に追いだしているに違いない!!」
と思うようです。
(一度言われたことがあって、説明に苦慮しました。。。)(>_<)

  「隣の家の汚れた空気が私たちのリビングに入ってくるのはイヤなんです!!」
 
  「隣の汚れた空気が私たちの洗濯物についたら、
   また洗濯のやり直しになるじゃないですかー!?」
 
これがキッチンやトイレの換気扇であればまさにその通りなんですが、
エアコンの室外機ですと、冷媒ガスの熱交換で発生した熱を
ファンで外に追い出しているだけなので
要するに、暖められた外気そのものなんです。

つまり、隣の家の室内にあった汚れた空気ではなく、
元々外に流れていた外気そのものなので、
 (確かにちょっとだけ暖められていますが・・。)(^_^;)
窓を開けていて入ってくる風と何ら変わるわけではないのですが、
なかなか理解してもらえないようです。


よくありがちなのは、ここで反論したり、
あるいは、「汚れた空気じゃないんだから、関係あるかー!?」
と逆ギレしてみたりして、
かえって、お隣との関係を悪化させてしまうことです。

実際にお隣からの指摘を受けてからの言動は、
なかなか受け入れてもらえないことも多いのも事実です。

できれば、計画段階でお隣の窓の位置などもだいたい把握しておいて、
それらを設計図の配置図の中に落とし込み、
こちら側の室外機の位置も、その図面の中に入れておくことをオススメいたします。

そうすれば、お隣の窓から若干ずらしたところに
こちら側の室外機の位置を配置することも可能ですし、
明らかに隣の窓から2m以上離した外壁面に
エアコン室外機の風が当たっても、苦情にはなりにくいからです。

もちろん、中にはそれでも苦情を言われる方もいるかもしれませんが、
ある程度配慮した上でのことであれば、
お隣さんもあまり強くは言えないかと思います。

それと、隣の窓の位置を図面に落とし込むことで他のメリットもあります。

よくあるのが、隣の窓の真ん前にこちらの窓を配置してしまったがゆえに、
お互いにその窓を開けられない・・、
あるいは1年中カーテンで見えないようにせざるを得ないケースです。

せっかく窓があっても開けられないなんて
このような悲劇を避けることができますので、
まずは計画段階でお隣の様子などを落とし込み、
ある程度お隣への影響も考慮した上で、
こちら側の窓や室外機、勝手口の位置などを計画していってくださいね。


★今日のテリー語録

「正論がほしいわけではありません。気を遣ってほしいだけなんです。」

顧客からのクレームや近隣トラブルでは、しばしば“正論”のやり取りが交わされます。
でも、お互いに“正論”をいくらぶつけ合ったところで、解決することは難しいでしょう。
相手が望んでいることは、“正論”ではないからです。
「もうちょっと気を配ってほしい。」、「私のことをもう少し大切にしてほしい。」、
(無意識の領域ではありますが・・)、それが本当に望んでいることなのかもしれません。


今日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい

2011年05月12日

エアコンの室外機、どっちを向いていますか? その1

 

ご近所からの苦情で最近増えてきたのが、エアコン室外機の向きです。
たとえば・・・、こんな感じです。

  「なんでよりによって、家の窓の真ん前に室外機を置くの!?」
    
  「ウチはエアコンの風が嫌いだから、なるべく窓を開けて過ごしているのに
   これじゃ暑くても窓も開けられないでしょ!?」
    
  「これじゃ、うるさくて夜も眠れないじゃないの!?」


住宅地なんだから仕方がないと思うのですが、
ここ10年の間に建てられた家は、それなりにエアコンが設置されていますし、
最近増えてきたエコキュートも、大きなヒートポンプの室外機が設置されます。

自ずと、家の周囲には大きな室外機が何台も設置されるようになるわけです。


みなさんも経験があると思いますが、
夏場の暑いときになると、エアコンの室外機からは、
生温かい風がモワ〜〜〜〜と吹き出されます。

ただでさえ蒸し暑いときにその生ぬるい風を浴びると
本当に不快に感じるんですよね〜。

ですから、お隣のエアコンの室外機が
自分の家の窓に直接向いていると、
「ついつい腹が立つ・・。」
という気持ちはよくわかります。

また日中であれば、コンプレッサーが回る音はかなり静かに感じるのですが、
これが夜中になると、事情が変わってきます。

外の騒音が全くない状態だと、
低い音で「ブ〜〜〜〜ン・・・」と回る音って、
けっこう気になるものです。

エアコンの場合だと、シーズンオフのときは使わないので、
音も全くしなくなるのですが、問題はエコキュートです。
生活している以上は、冬に限らず夏であってもお湯を使いますから
間違いなく365日ずっと回ることになるんですよね〜。


・・・ エアコンの室外機、どっちを向いていますか? その2 に続く。


★今日のテリー語録

「あらかじめ知っていることで、避けられるトラブルもあります。」

プランニングというと、その敷地と道路、それに方位だけで設計されることも多いようですが、
住宅地の場合は、隣近所のこともある程度調べて、そのことを敷地図に落とし込んでから行った方が、
さまざまなトラブルを未然に避けることにもつながるようです。


今日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい

2011年04月21日

「誰にも迷惑をかけていません!」って??


「私は、誰にも迷惑をかけていません!」

近隣トラブルのお話などになると、
よく出てくるのが、このフレーズです。

もちろん、近隣トラブルで被害を訴えている方から出てくる言葉なんですが、
これって、かなり傲慢な言葉のような気がします。

素朴な疑問として、
「住宅地で生活していて、誰にも迷惑をかけないことって、
 はたして本当にできるのでしょうか?」

・・まず、無理だと思います。


今まで聞いたことのある
ご近所への苦情の声の一例です。

  「隣で新築工事が始まったのですが、
   いきなり重機が入ってきて、
   土曜日や日曜日の朝7時から作業が始まるんです。」

  「隣の換気扇の位置がこちらの窓に向いているんです。」

  「隣の家のエアコン室外機が私の家の窓の前にあるので、
   窓を開けられないんです。
   うちはエアコンの風が苦手なので、
   窓を開けてしのぐことが多いのですが・・。」

  「隣の家の犬の鳴き声がうるさくて・・・。」


ひょっとしたら、みなさんも同じような悩みを抱えているかもしれませんね。

でも、住宅地ということは
その迷惑をかけているお隣以外にも接している家があるということで、
もしかしたら・・、反対側の家も、あなたの家に対して
似たような不満を持っている可能性もあるのではないでしょうか?

 (もちろん、隣に苦情として「言う・言わない」は別ですが・・。)


「自分がイヤだな〜・・。」と思うことがあるということは、
ひょっとしたら、他のお隣も似たような思いを持っているかもしれません。
つまり、隣によって「迷惑をかけられている」ということは、
自分自身もお隣に「迷惑をかけている」はずです。


よく聞くのは、
「私はこんなに善良なのに、
 隣の家によって多大な迷惑を被っている!」
という主張です。

ちょっと発想を変えて、自分がちょっとイヤだな〜と思っていても
少々のことであればガマンしているのと同様に
お隣も少々のことなら大目に見てくれているだけだと気がつくと、
ちょっとお隣への思いも変わってくるのではないでしょうか。


★今日のテリー語録

「勇気を持って、相手の『感情』を受け止めてあげてください。」

隣に注意されたら、すぐに逆ギレしてしまう・・という人は要注意です。
最初は些細な近隣の苦情に過ぎなかったものであっても、
互いに言い返している内に、だんだんエスカレートしていきます。
むしろ、お隣から指摘されたら、話をよく聞いた上で
「気づかなかったわ・・。ゴメンナサイね。
 これからもう少し注意しますから許してくださいね。」
というと、意外とたいていのトラブルは、収まっていくことが多いようです。

今日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。


 

posted by テリー at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい
Powered by さくらのブログ