2017年01月20日

温水式床暖房か、エアコン暖房か?その3



暖房器具としては場所も取らず、
エアコンのように温風で不快な思いもしなくてすむ
温水式床暖房をお勧めしたくなるのですが、
1階の床全面に施工しようとすると初期投資も100万円以上になりますし、
高効率のヒートポンプを熱源にした場合でも
消費電力は常に700〜800Wぐらいは使うので
高効率エアコン1台よりも電気代は上がる傾向にあります。

一方の高効率エアコンですが、
床暖房ほどの初期投資はかかりませんが、1台でもそれなりの価格になりますし、
各部屋・スペースに必要なので複数台購入する必要も出てきます。

まあ、床暖房の家であっても夏場を考えると
エアコンを最低1台は取り付けるでしょうから
どうしても床暖房の方が高くつくのは避けられません。

それでも、、、予算が許すなら、温水式床暖房がお勧めです。

それもトイレや洗面脱衣室、玄関ホールも含めた1階の床全面に施工するのがお勧めです。
理由は、部屋間の温度差を一番感じにくく
冬場に怖いヒートショックを防ぐ効果が高いからです。
また全館暖房として考えると、光熱費はかえって安くなります。

むしろ一番やってはいけないのが
1階のLDKだけ床暖房にするケース。

トイレに行こうとするだけでヒートショックのリスクがありますし、
脱衣室も冷えたままなので、別の暖房器具を設置する必要が出てくるからです。

まあ、新築の場合は、せっかくの熱を逃げにくくするために
超高断熱にして開放的な間取りにするとエアコンだけでも
それなりの暖かさを実感することができます。
このときの平均熱貫流率UA値は最低でも0.50以下にする必要はあるでしょう。

逆にリフォームでは断熱施工を施そうにも
制約が多くて断熱ロスが出やすいので
床暖房の方が確実な暖かさを実感できると思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2016年12月02日

気持ちよく眠るために必要なこと。その4



睡眠の善し悪しは、健康に大きな影響を及ぼします。
眠るときの室温を上げるだけでヒートショックのリスクを減らし、
インフルエンザや風邪にも効果を発揮します。

以前紹介した近畿大学建築学部の初代学部長、岩前篤教授の研究によると、
断熱性能を上げることで、高血圧性疾患、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、
糖尿病、心疾患、脳血管疾患が大きく減るという結果が出ています。

つまり住まいの高断熱化を心がけることで、
健康な住まいが実現するということ。

薬やサプリメントに頼るのがいけないとは言いませんが、
薬害や副作用がやっぱり気になります。
人間が本来ある姿でより健康になれる方が
はるかに理想的ではないでしょうか?

睡眠障害やいろいろな病気で悩んでいる方には、
何よりも先に今住んでいる住環境を
高断熱化することをお勧めいたします。

高断熱工事には確かにお金はかかりますが、
先週お話しした、「住宅ストック循環支援事業」を使えば、
国から大きな補助金ももらえるので、お財布の負担を軽くすることができます。

詳しくは断熱や補助金に詳しい住宅会社さんや工務店さんに相談してみてください。
きっとみなさんの健康に役立つ提案をしてくれますよ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2016年11月30日

気持ちよく眠るために必要なこと。その3

20150831_084928065_iOS.jpg


では、冬場でも寝室内を18℃以上にして
一定の温度の幅に納めるためにはどうすればいいのでしょう?

もっとも効果的な方法が、住まいの高断熱化です。
寝室全体を高断熱化、欲を言えば住まい全体を断熱材でくるんで、
冬場でも熱が逃げにくい環境を作るのです。

たとえば、築30年程度のお宅で考えてみましょう。

金沢で30年前の家だと、窓は1枚の単板ガラス、
断熱材はほとんど入っていないか、よくて壁にうすい50ミリ程度の断熱、
天井に50〜100ミリ程度の断熱、床はそのまま(無断熱)
・・というお宅が多いかと思います。

この状況だと、冬場に暖房をガンガンつけていても、
窓から半分の熱が逃げてしまいます。
具体的には窓から48%、屋根から6%、床から10%、外壁側から19%、
すきま風などの自然換気によって17%という順になります。
一番熱が逃げやすいところで結露が起きるので、
窓を見れば一目瞭然ですね。

そこで一番熱が逃げやすい窓を高断熱サッシにします。
一番手軽なのは断熱効果の高いLOW-Eペアガラスを
今ある窓の内側に設置すること。
(「内窓設置」といいます)
可能であれば今ある窓を取り外して、
新築同様の樹脂サッシに交換することをお勧めします。
(「外窓交換」といいます)
これによって断熱効果は大きく上がり、
室温の低下を防いでくれます。

このままでは、相対的に断熱の落ちる外壁側や床で結露しやすくなるので、
できれば外壁側や床下も断熱材を施工してください。
寝室が1階にあるなら床下の断熱材も必須です。
寝室が2階の場合は、天井裏にも断熱材が必要ですね。

一番施工しにくい外壁側の断熱材は、
外壁工事のついでに行うことで内装を傷めることなく
しっかりと断熱化することができるのでお勧めです。
十分な量の断熱材を施工することによって、
外気温の影響を減らし室温の低下を防いでくれます。

外気が室内に伝わることで発生する結露やカビも発生しにくくなるので、
アレルギー症状を持っている方でも熟睡することができます。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2016年11月29日

気持ちよく眠るために必要なこと。その2



不眠の原因として挙げられているのは、ストレスや病気、生活習慣などですが、
意外と見逃されるのは「寝室の室温」です。

実験によると布団や毛布を重ねることで室温3℃までなら一応は眠れるそうですが、
室温が低いと呼吸によって体温が下がり、睡眠の質が極端に悪化してしまいます。
また布団や毛布を重ねすぎると、寝ている間に寝返りを打ちにくくなるので、
そのこと自体が快適な睡眠を妨げてしまいます。

実は人が眠りにつくのは、体温が低下した時。

だいたい夜の9時頃から体温が低下し、
それに代わって睡眠を促進するホルモン『メラトニン』の分泌が高まります。
そして、明け方の6時頃になると体温は上昇し、
反対にメラトニンの放出が抑えられて目が醒めるのです。

この身体のリズムを外界からの刺激で崩してしまうと、
不眠の原因になってしまいます。

特に50歳以上の方の場合は、寝室の暖房がもったいなく感じるため
布団を何枚を重ねたり衣類を重ね着する、
湯たんぽなどで布団の中だけを温める傾向が強いのですが、
布団の中と部屋の温度に大きな差があると、
夜中に目覚めてトイレに行きたくなることが増えていきます。

仮に布団の中が快適と言われる33℃だったとして、
真冬に目覚めて布団を出たときの室温が10℃程度、
廊下に出ると5℃〜8℃、トイレの中は5℃程度と、
20℃以上の温度差があると血圧が一気に急上昇して
ヒートショックを起こしてしまいます。

実はトイレやろうかで倒れる方ってけっこう多くて
脳卒中や心筋梗塞の危険が高くなります。

快適に眠ることができる室温は、冬場であっても18〜23℃の範囲が目安です。

冬場の室温がこの範囲なら布団を何重にも重ねたりしなくても、
布団の中は快適温度と言われる33℃程度にできます。
また室温が18〜23℃の範囲にあれば、
呼吸を通じて気管や肺の中に入る空気も冷やされません。

寝ている間も自然な寝返りを妨げることもなく適切な体温調整もしやすくなり、
快適に深い眠りにつくことができるのです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2016年11月28日

気持ちよく眠るために必要なこと。その1

IMG_2544R.JPG

 めっきり寒くなりましたが、みなさんちゃんと眠れていますか?

このところ不眠症の方が増えているそうです。
不眠症とは、「寝付けない」「何度も目が覚める」
「目覚め後も身体がだるい」「熟睡できない」などの症状が慢性化して、
日常生活に支障をきたすレベルにある状態をいいます。

不眠症は、近年のストレス社会により益々増加傾向にあり、
日本国民の5人に1人の割合でその症状に悩んでいる人がいると言われています。
逆に言えば、誰にでもなり得る症状といってもいいでしょう。

不眠症の原因とされるものはとても多くて、、、
まずは、ストレス。
脳の神経回路が常に緊張状態に陥り、
体が休みたいと思っているのに脳が休ませてくれないという
自律神経の乱れが生じ、休まなくてはならない時間になっても
いつまでも興奮状態が続くために眠れなくなってしまうケース。

次に、病気の症状によるもの。
頻尿傾向の症状や花粉症、風邪やインフルエンザによる関節炎など、
季節的なものや一過性のものから、
糖尿病、心臓病、膠原病やリウマチなどの体の痛みや倦怠感を伴う疾患、
怪我などの外傷でも不眠状態になるケース。

うつ病やパニック障害によるもの。
他にも過度の飲酒や、薬の副作用が原因になることも多いそうです。

それからスマートフォンやタブレットなどの液晶画面は
交感神経を刺激するブルーライトが多く、
これが入眠を妨げることもあるそうです。
こちらは当てはまる人が多いかもしれませんね。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2016年11月09日

高断熱リフォームの味方「住宅ストック循環支援事業」その5



エコリフォームは単純に光熱費が下がるだけでなく
日中でも室温が下がりにくいため、家族の健康にもすごく効果的です。
また東日本大震災のときにも高断熱住宅を建てていたおかげで
「停電時でも家の中で過ごすことができた!!」
という声も多かったそうです。

地震対策と言えば、耐震性ばかりが注目されますが、
真冬に地震が起きて停電が続いたり救助が遅くなったときのことを考えれば
高断熱にしておくことも立派な地震対策と言えますね。

もちろん万一の地震対策以前に、
高断熱住宅は日々の健康にも大いに貢献してくれます。
暖かく温度差の少ない室内空間であれば、
「こたつに入ったまま動けない・・」なんてこともあり得ませんし、
快適に毎日を過ごすことができます。
浴室もトイレも寝室も常にある一定温度以上なのですから
真冬にヒートショックを起こす心配もありません。
さらに真夏でも室内の温度が上がりにくい家になるので
熱中症対策としても効果的なんです。


何かしらのリフォームや建て替えを考えているなら、
家族の健康のため、災害対策のため、そして光熱費削減のために、
しっかりと高断熱化を図ってください。

もし依頼しようとしている業者さんやメーカーさんが
高断熱化に対してあまり乗り気でない場合は
そのメーカーさんはあっさりと見切ってしまった方が得策です。

いまや断熱を無視した家作りはあり得ないのですから、
積極的に高断熱を進めてくれる業者さんにお願いして
快適で健康な工事をしてくださいませ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2016年11月08日

高断熱リフォームの味方「住宅ストック循環支援事業」その4




こちらは建て替えによる新築への補助です。
原文は下記の通り。

耐震性を有しない住宅等※1を除却した者
(補正予算成立日(平成28年10月11日)の1 年前の日の翌日以降に除却したものに限る。)
又は除却する者が、自己居住用の住宅※2として、
「U.3エコ住宅への建替え」に定めるエコ住宅を建築するものであること。

※1 『耐震性を有しない住宅等』とは、次のいずれかをいう。
a.旧耐震基準(昭和56 年5 月31 日以前に施行されていた基準をいう。)により建築された住宅
b.平成23 年以降に発生した災害で被災した住宅であって、災害対策基本法に基づき、
 市町村長により罹災証明書が発行された住宅のうち、被害の程度が全壊とされた住宅、
 又は、被害の程度が大規模半壊若しくは半壊とされた2住宅であって、
 公費により解体されたことを証明する書類が地方公共団体より発行されたもの
 (なお、これらの住宅については除却時期の制限を適用しない。)。


つまり、昭和56年6月1日以前に建築された古い建物を取り壊して
新しくエコ住宅を建てた方に対して、補助金を出すという制度です。

取り壊しの時期は、1年前となる平成27年10月12日以降であれば対象となります。
そしてこれから新築するケースですね。

また必ずしも取り壊した土地への建て替えでなくてもいいので、
今まで住んでいた古い家を取り壊し、別の土地に新しくエコ住宅を建てて住み替える場合や
最近人が住んでいなかった古い住宅を取り壊してそこに新築して住み替える場合でもOKです。

取り壊した建物と新しく建てる建物がセットになっていればいいんですね。
これ、よくよく考えれば古い家を取り壊す解体費用の補助とも考えられます。
いまや日本全国の6軒に1軒は空き家であり、
その対策には全国どの自治体も頭を悩ませているところ。
ですから空き家対策もかねて行われた政策と考えてもいいでしょう。

補助金の金額は、住宅の性能によって
30万円、40万円、50万円と3段階に分かれていますが、
最大の50万円で求められる条件は、
エコ度合いの指標であるBELS評価書の5つ星、もしくは
BELS評価書の4つ星+長期優良住宅なので
決して厳しいものではありません。

むしろマジメに高断熱住宅を作っている会社さんなら
取り立てて大きなコストアップをすることもなく
自動的に最高の50万円になるぐらいの性能ですから
安心してよろしいかと思います。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2016年11月04日

高断熱リフォームの味方「住宅ストック循環支援事業」その3



どんなリフォーム工事が対象になるのか?、その一例を挙げてみましょう。

■ケース1:お風呂の改修工事を行う場合

この場合は高断熱浴槽、節湯水栓と、エコ住宅設備が2つだけなので補助金はゼロ。
そこで、LDKと浴室/脱衣室に内窓を設置することで条件の@をクリアした上で、
B.エコ住宅設備の設置(2種類)を追加する・・という具合です。
補助金額は、以下のように計算します。

LDK     内窓(大)20,000円+内窓(中)14,000円+内窓(小)8,000円=42,000円
浴室・脱衣室  内窓(小)8,000円×2箇所=16,000円
高断熱浴槽24,000円+節湯水栓3,000円=27,000円

補助金合計は、42,000円+16,000円+27,000円=85,000円 となります。

■ケース2:お風呂の改修工事+エコキュートを入れた場合

この場合はエコ住宅設備が3種類となり条件Bをクリアするので
補助金額は次のようになります。

高断熱浴槽24,000円+節湯水栓3,000円+高効率給湯器24,000円=51,000円

でも、この事業は窓に対する補助が非常に大きいので
内窓などの高断熱窓をぜひとも組み合わせていただきたいものです。

窓の改修工事を入れる場合で気をつけていただきたいことが3点あります。

1.前回のエコポイントと違い、ガラスの性能は高いものを使う必要があります。
  北陸の場合は断熱区分で5〜6地域に該当するので、LOW-E複層ガラス以上の性能が必要です。
2.浴室の内窓は、外窓と内窓の間にシャワーを使った際の水が溜まりやすくなるので
  できれば外窓交換をした方がよろしいかと思います。。
3.窓を替える場合は部屋単位にすること。
  たとえばLDKが一つの部屋なのに、リビングとダイニングだけに内窓をつけると、
  キッチンの窓がすさまじい結露を起こしてしまいます。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2016年11月03日

高断熱リフォームの味方「住宅ストック循環支援事業」。その2

20150831_084928065_iOS.jpg



次の要件をすべて満たすリフォーム工事を対象にします。
● 自ら居住する住宅について、施工者に工事発注して、エコリフォームを実施すること
● エコリフォーム後の住宅が耐震性を有する※3こと
 (※3「耐震性を有する」とは、昭和56年6月1日以降に建築確認申請をなされた
     新耐震基準以降の住宅のこと)
● 施工業者が事業者登録した日以降に、工事着手すること

対象となるエコリフォームは、次の@〜Bのいずれか1つが必須となります。
かつ、@〜Bの補助額の合計が5万円以上であることが必要です。
  (原則として、国の他の補助制度との併用はできません。)
@ 開口部の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換)
A 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修(一定量の断熱材を使用)
B 設備エコ改修(下記のエコ住宅設備のうち、3種類以上を設置する工事)
  【エコ住宅設備】太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓

さらに上記@〜Bのいずれかと併せて実施するA〜Eの改修工事等も対象となります。
C併せて対象とするリフォーム等
A.バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
B.エコ住宅設備の設置(1種類又は2種類の設置)
C.木造住宅の劣化対策工事(土間コンクリート打設等)
D.耐震改修
E.リフォーム瑕疵保険への加入

補助限度額は、30万円です。(耐震改修を行う場合は、45万円)

各リフォーム工事は、箇所別・種類別に補助金の額があらかじめ決まっていますので
それら補助金の合計がもらえるというわけです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2016年11月02日

高断熱住宅の味方「住宅ストック循環支援事業」。その1

20150831_084912666_iOS.jpg

岩前篤教授の講演でも取り上げていましたが、
私たちの健康には、「暖かい住宅=高断熱住宅」が不可欠です。

そうはいっても、「今更寒さ対策にはお金をそれほどかけられないし・・」
という声もあるでしょう。

そんな方々に朗報です。

10月11日に成立した補正予算で、「住宅ストック循環支援事業」が可決されました。
これは家の中で一番熱が逃げやすく室温に影響を与える
窓の断熱改修や住宅の断熱改修、さらに水回りの改修工事につきものの
高効率給湯器や節水機器に補助を出すというものです。

今回からは、「住宅ストック循環支援事業」についてお話しますね。

「住宅ストック循環支援事業」は、以下の3つの工事を対象としています。

  1.良質な既存住宅の購入
  2.エコリフォーム
  3.エコ住宅への建て替え

一つ一つ見ていきましょうね。



@平成28年10月11日時点で40歳未満の者が、既存住宅※1を自己居住用の住宅として購入すること
 (※1「既存住宅」とは、使用・未使用を問わず、新築から1年以上が経過した住宅のこと)
A既存住宅の売買の際に、建築士によるインスペクション※2が実施され、
 既存住宅売買瑕疵保険がかけられていること
 (※2「インスペクション」とは、国土交通省のガイドラインに沿った既存住宅の現況検査のこと)
B予算成立日である平成28年10月11日以降に売買契約を結び、事業者登録日以降に引渡が行われること
上記の@〜Bすべてを満たすことが条件です。

補助対象となる費用は、インスペクションの費用(一律5万円)と
エコリフォームの費用(箇所別に補助金額が設定されている)になります。
補助限度額は最大で50万円(耐震改修を同時に行うときは最大65万円)

どんなリフォーム工事でどれぐらいの補助金が出るのかは、
次のエコリフォームで詳しくお話しますね。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱
Powered by さくらのブログ