2015年05月05日

リョウタがサッカーを始めました。その4

2015-04-26 12.29.25.jpg

3年生以上と違って、1・2年生はキッズという扱いなので、
練習日は毎週日曜日午後1時半3時までの1回だけです。
まあそれでも初めての習い事になるリョウタにとっては、
「徐々に慣らす」という意味でもちょうどいい頻度のような気がしました。
そして、ありがたかったのは、
保護者のみなさんが代わる代わる声をかけてくださって
気にかけていただいていたことです。
試合の予定や急なお知らせなどはすべてメールで配信されるので
初めての私たちにとってもわかりやすい内容にまとめてありました。
さらにありがたかったのは、
わからないことがあってメールで質問したところ、
丁重な返信メールが返ってきたことです。

こういうやりとりがあると、
送り迎えや準備をそろえる親としても安心できますね。
実際のところ、
リョウタがどこまでサッカーに打ち込んでくれるかはわかりませんが、
楽しそうに通ってくれる彼の姿が何より喜ばしいことです。

最近の子供たちは、習い事をさせないと
外で遊ぶことすらあまりない様子も見られます。
せっかくなら地域でさまざまなスポーツが
案外リーズナブルな金額で行われていますので、
ぜひお子さんを参加させてみてはいかがでしょう。

特に小学校の低学年では体を動かすことで、
学校の成績も上がる傾向があるようですから、
ぜひいろいろなスポーツ少年団に見学に行かせてみてください。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。 
posted by テリー at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2015年05月03日

リョウタがサッカーを始めました。その3

2015-04-26 12.31.30.jpg

さて、まだまだ下手っぴでサッカーのルールも
よくわかっていないリョウタですが、
4月26日の日曜日に行われた能登U-8リーグ第1節の試合にも
出させていただきました。
場所は、かほく市高松アクロスのそばにある
サッカー・ラグビー競技場で、
U-8の試合は、前半10分休憩5分後半10分で
4試合が予定されているとのことでした。

私はてっきり2年生の中で選抜したメンバーだけが
出場するのだと思い込んでいたのですが、
コーチに聞いてみると、、、
「いえ、リョウタ君の体調さえ大丈夫なら出していきますよ。
 ・・ルールですか?よくわかっていない子も出ていますし、
 審判がちゃんと指示してくれるから大丈夫ですよ。」(^o^)
と仰ってくれました。

実はこのときリョウタは風邪を引いていて
鼻水がズルズル出ているような感じでした。
それでも熱はなかったし、体が動くようであれば
ちょっとでもサッカーの雰囲気をつかむためにも
出て欲しいな〜と思っていたところでした。

試合前の写真撮影では、チームの子供たちと肩を組み、
一番下手なくせに誇らしく写っているリョウタの姿が
とても微笑ましかったです。(^o^)
コーチのいう通りそれぞれの試合で5分から10分程度出場し、
結果としては2勝2敗でしたが、
勝ったときは同じチームの子たちとうれしそうにしたり、
あるいは負けて悔しそうにしている姿に、
「あ〜、ちゃんとわかっているんだね。」とホッとしました。

リョウタの記念すべき初試合ということで
試しにビデオを撮ってみました。
(親バカですね〜。) (^_^;)
帰ってきたあとにそれをテレビで再生していると、
今までならサッカーの試合には見向きもしなかったリョウタでしたが、
やっぱり自分が出ていたゲームとなると真剣に見ていましたし、
負けた試合では悔しそうな顔をしていたのが、
とっても印象的でした。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。 
posted by テリー at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2015年05月02日

リョウタがサッカーを始めました。その2

2015-04-19 13.47.52.jpg


かつて次男がツエーゲン金沢のジュニア教室に通っていたので、
サッカー用のウェアとシューズ、サッカーボールにバッグと、
一通りのサッカーグッズはそろっていました。
そこで1・2年生の練習日である日曜日に、
リョウタを連れて行ってみました。

リョウタの場合、いきなり知らない人たちがいる場所では
パニックを起こしてその場から逃げ出すことも何度もあったのですが、
幸いにして、リョウタのことを知っている学校のお友達が2人いたらしく、
「あっ、リョウタだ-!!
 リョウタ、こっちに来ていっしょにやろう!」
と声をかけてくれたことで、あっさりと中に入ることができました。

その場にいた2年生たちは、
すでに1年前から中条サッカークラブで練習していたらしく
みなさん準備体操からトレーニングまで
コーチのいうことを聞きながら初めて参加するリョウタにも
お友達が文字通り手取り足取り教えている姿がとても微笑ましかったです。

終わったあとのリョウタの様子も楽しかったらしく、
「また来週の日曜日もサッカーに行こうか?」
と聞くと、
「うん!サッカー楽しかったね-!」
と答えてくれました。

リョウタが通ってくれるということで、
4月から正式入団させることにしました。
子供がお世話になるので4月の総会に夫婦で出席してみると、
中条サッカー少年団は40年以上の歴史を誇る上に、
子供たちの親だけでなく、地域のみなさんが
しっかりしたサポートしている組織であることがわかり、
安心して預けることができそうな雰囲気でした。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。 
posted by テリー at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2015年05月01日

リョウタがサッカーを始めました。その1

2015-03-15 14.46.06.jpg

テリー家の問題児、三男のリョウタ(7歳)が今年の4月から
地域のスポーツ少年団「中条サッカークラブ」に入団しました。
彼のことはこれまでもブログに取り上げてきましたが、
まず保育園の運動会にまともに参加できたことはほとんどなく、
(その場から逃げ出すか、保育士さんが常に抱っこして監視していた・・)
小学校の入学式から登校拒否、学童保育でも初日から脱走を繰り返す・・
などの問題行動も多く、情緒的に不安定だということで
小学校は特別支援学級に通っています。
親から見れば何かと手のかかる子で、
「ちゃんと小学校に通えるのだろうか・・?」
と心配していたのですが、
ありがたいことに特別支援学級のK先生のおかげで
少しずつ自信をつけながら周囲の子供たちとも
団体行動ができるようになりました。
また、元々マジメな性格のようで
「これをできるようになりたい!」と思うと
家の中でもひたすら練習をしている姿に
親としての感慨もひとしおでした。

そして年が明け、いよいよ4月から2年生。
「日曜日は体をもてあましているようだし、
 何かスポーツでもさせた方が良さそうだね。
 お兄ちゃんたち(長男と次男)と一緒にテニスをしてみる?」
「イヤだ〜〜!!」
「じゃあ・・・、サッカーはどう??」
「サッカーならやる!」
とりあえず昨年学校から配られた地域のスポーツ少年団の用紙を見てみると、
地元の津幡町ではいくつものサッカークラブがあり、
一番近いのは、すぐ隣の中条小学校の「中条サッカークラブ」だとわかりました。
「2年生だとどうしても親が送り迎えをすることになりそうだし、
 なるべく近場の方がいいよね。」
そんなわけでさっそく中条サッカークラブに見学に行くことにしました。
電話で問い合わせてみると、
「せっかくだから体験でやってみませんか?」
と誘ってくれました。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。 
posted by テリー at 06:20| Comment(20) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2015年04月18日

新幹線の見える丘公園。その3

2015-04-05 13.50.40.jpg

・・・ 新幹線の見える丘公園。その2 の続きです。

さて、無事新幹線も見れたことだし、
そろそろ帰ろうかと思って子供に声をかけると、
「もう1回見る!!」といわれてしまいました。。。(^_^;)

でも、時刻表を見てきたわけでもないので、
どれぐらい待てばいいのかわかりません。
iphoneで北陸新幹線の時刻表を検索してみたのですが
ちょっとわかりにくい印象です。
そう思いながら周囲を見渡すと、
なんと、フェンスのそばの看板に新幹線の時刻表が書いてありました!!

2015-04-05 14.01.25.jpg

しかも金沢駅着の時間ではなくこの公園の前を通るおおよその時間が、
上り・下り別に書いてあるのに驚きました。
「これを調べて設置した人はすごいな〜」
この時刻表のおかげで、全くの手ぶらでいきなり訪れても、
ちゃんと新幹線の通る時間がわかるんですよねー!!
時刻表によると、次は20分後ぐらいであることがわかりました。

2015-04-05 14.01.33.jpg

しばらくすると次の新幹線が見えるポイントの場所取りが始まります。
次は反対方向、金沢駅に向かう新幹線が見られる左側のスポットに移動です。
子供を前に立たせていたら、まもなく新幹線がトンネルを抜けて見えてきました。

下り方向になりますがすでに金沢駅に向けて減速しているらしく、
かえって見やすくなります。
それでも200キロぐらいはまだ出ているらしいので、
新幹線の迫力はしっかりと伝わりますね。
新幹線が通ったあとのリョウタは興奮して、
公園中を走り回っていました!!

このとき私も手持ちのiphoneで動画を撮影したのですが、
なかなかの迫力です。
さらに先週紹介したappleTVを使ってリビングのTVでも動画を見せると
家族中が「おお〜〜!!」と声を上げるほどでした。

なんか、新幹線を見ただけなんですけど、とっても楽しかったです。
よろしければ郊外へのお出かけのついでに、
新幹線の見える丘公園に行ってみてはいかがでしょう。
お子さんやお孫さんがきっと喜びますよ!!
なお、「新幹線の見える丘公園」を
詳しく案内してくれるウェブサイトを見つけましたので、
実際に行かれるときにはこちらのサイトで軽く調べてみると、
楽しさも倍増するはずですよ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。 
posted by テリー at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2015年04月17日

新幹線の見える丘公園。その2

2015-04-05 13.49.55.jpg

・・・ 新幹線の見える丘公園。その1 の続きです。

旧8号線(今は県道になっています)で、
金沢方面から倶利伽羅(富山県境)に向かう途中に
北陸新幹線の高架が見えてきます。
すると、「新幹線が見える丘公園」の看板が出てきますので
その看板の矢印通りに進みながら道なりに上っていくと、
右手に「新幹線が見える丘公園」が出てきます。

公園のすぐそばの駐車場は駐車台数10台程度なんですが、
そこから200mほど上ったところに臨時駐車場が作られていますので
誘導の方の指示に従って、素直に臨時駐車場の方に向かいました。
雨が降っているからそんなにギャラリーはいないだろう・・と
タカをくくっていたのですがすでに多くの車が並んでいました。
公園前の10台を含めれば、そう30台ぐらいでしょうか。

公園の前につくと、すでにトイレと自動販売機がありました。
公園は小高い丘の上にあるのでスロープはありません。
きれいに整備されたばかりの手すり付きの階段を一段ずつ上がっていくと、
歩道と東屋が見え、その奥にはちょうど視線の高さのところだけ
抜けているフェンスが周囲を囲んでいるのが見えました。
これは撮影の際に邪魔にならないよう配慮されていたんですね。

フェンスのところに来ると、
ちょうど右側の金沢方面の方のフェンスは少し低くなっていて、
小学生ぐらいならちゃんと見えるようになっていました。
こちらは東京方面に向かう上りの新幹線が見えるポイントですね。
公園に無事着いたはいいものの、
特に時刻表などを確認して来たわけではありません。
「いったいどれぐらい待てばいいんだろう??」
すでに人が大勢右側のフェンス辺りに溜まっていたので、
なんとなくそちら側に立つことにしました。
だんだん周囲がざわついてきます。
「もう来る時間だよ」という声も聞こえました。

2015-04-05 14.08.57.jpg

リョウタは初めて来る公園だったので、
興奮して公園中を無意味に走り回っていました。
慌てて三男のリョウタをフェンス際に呼び寄せて、
金沢方面が見える位置に立たせると、
まもなく、、、、ゴ〜〜〜というかすかな音が聞こえて、
新幹線が猛スピードで駆け抜けていきました。
ゆうに200キロ以上は出ているかと思われます。
なんか一瞬の出来事であっけにとられたような感覚です。
時間にすると20秒ぐらいのことなんですが・・。

あとから調べてみると、
東京に向かう上り方向だとほぼ最高速度に近いらしくて、
通過する時間が短いみたいですね。
それでもかっこいい新幹線を見られて、
リョウタは興奮していました。(^o^)

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。 
posted by テリー at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2015年04月16日

新幹線の見える丘公園。その1

2015-04-05 13.50.30.jpg

北陸新幹線開業からそろそろ1ヶ月が経ちます。
50年越しの悲願達成ということで
先月の開業の際には多くのメディアにも取り上げられ、
金沢市内では連日記念イベントが繰り広げられました。

テリー家でも、一番電車好きな末っ子のリョウタが
「ワ〜〜〜!!、北陸新幹線だ-!!
 かっこいいーー!!」
と、大興奮でした。
北陸新幹線が見たいよ〜と連日のようにせがむリョウタ。

「う〜〜〜ん、、、、しばらく東京に行く予定はないんだけど・・。」
とはいえ、せっかく開業したんだし
見せるだけなら何とか時間を取ってあげたいところですが、
ご存知の通り、北陸新幹線はすべて高架の線路で
周囲の道路からはほとんど見えないんですよね〜。
さらに例年この時期は、
嫁さんの車と私の車の2台分のタイヤ交換があったり、
新学期に向けて3人の子供たちの髪を切ったり、カブトムシのマット交換、
さらに先月から三男リョウタもサッカーを習わせることになったので、
案外時間が取りにくいんですよね〜。

そう思っていたところでチャンス到来!!
日曜日の午前中は3人の子供たちの髪を切ってあげて
午後からは長男と次男はテニス、
三男はサッカーに行かせるはずが
あいにくの雨模様ということで
サッカーが中止になったのです。

サッカーがダメなら・・と今度はできるようになったばかりの
公園の鉄棒に行きたがっていたリョウタでしたが、
大きな水たまりもあったので、「また今度ね。」と声をかけたとき
ちょっと残念そうなリョウタの表情が気になりました。
「そうだ!!、新幹線を見に行こうか?」
「ウン!!」
早速リョウタを車に乗せて、先月知人に教えてもらった
「新幹線が見える丘公園」に行くことにしました。

私もよく知らなかったのですが、
地元の津幡町に「新幹線の見える丘公園」ができたそうです。
場所は旭山工業団地の一角で小高い丘になっているところ。
元々は「旭山工業団地2号公園」という殺風景な名前だった公園が、
北陸新幹線開業に合わせて、小さなお子さん連れでも見られるように
整備し直したんだそうです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。 
posted by テリー at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2015年02月21日

リョウタ、7歳の誕生日。

2015-02-19 21.23.21.jpg

テリー家の三男リョウタが、
ついに7歳の誕生日を迎えました。
この日は嫁さんが仕事で忙しかったにもかかわらず
お手製のケーキでお祝いです。
描かれているのは、妖怪ウォッチに出てくる「おにぎり侍」です。
(かわいいですね!)
2015-02-19 21.23.40.jpg
自分の好きなキャラクターを見て、リョウタも大喜びしていました!!

話はちょっと遡って
先月末、リョウタが通う小学校で
特別支援学級の子供たち全員で行う演劇
「ブレーメンの音楽隊」がありました。
2015-01-31 11.04.58.jpg

小学校入学当時のリョウタは
他の新1年生に比べて情緒的に不安定ということで
特別支援学級の教室で学ぶことになったのですが、
担任の先生をはじめ学校の先生方の適切なケアと、
母親であるうちの嫁さんのサポートもあって
ここ1年で大きく成長しました。

苦手な団体生活のルールを学び、
初めてのことは嫌がって逃げていたものでしたが、
とりあえずやってみる姿勢に変わり、
次々と自信をつけながら、さらに行動していく・・様子に
毎日見ているはずの私でも
リョウタの変化には目を見張るほどでした。

2015-01-31 10.52.28.jpg

さて、演劇の内容は予想よりも高度なもので
リョウタは司会進行を務めたり、長い台詞があったり
鍵盤ハーモニカで1曲披露してくれたり・・と
大活躍を見せてくれて、親ながら誇らしく思いました。
彼の一生懸命な様子に
「この子のどこが情緒不安定なんだ??」
と思わせるほどでした。
あまりの成長ぶりに
「2年生からは通常学級に行くことができますよ。」
という声もいただいたそうですが、
もう一年だけ特別支援学級でお願いすることにしました。

ふつうの子であっても、子供の成長や1年1年の誕生日はうれしいものですが、
リョウタの場合はいろいろと手がかかった分だけ、
そのうれしさが倍増したような気がします。
私たちに子育ての喜びを与えてくれたリョウタと神様に感謝しております。
ありがとうございます!!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2015年02月11日

いしかわ宇宙の学校・特別スクーリング。

2015-01-25 08.47.19.jpg
1月最後の日曜日、「いしかわ宇宙の学校」特別スクーリングが行われました。

1回目から3回目までのスクーリングは、
応募していたテリー家の次男ケイジ(小3)と私だけで参加していましたが、
なんと特別スクーリングは他の子も参加してもいいとのこと。
そんなわけで長男アキオ(小5)と三男リョウタ(小1)も連れて
会場となる 銀河の里キゴ山 に行ってきました。
2015-01-25 13.23.13.jpg
この頃、平野部の雪は解けてなくなっていたのですが、
やっぱりキゴ山への山道はしっかりと雪が残っていました。
銀河の里キゴ山は、金沢市キゴ山天体観察センターと
金沢市キゴ山少年自然の家をあわせた愛称です。

長男のアキオは学校の行事で一度来たことがあるとのことでしたが、
立派な施設で、しかもプラネタリウムもあり、
とても広くてきれいなのでびっくりしてしまいました。
(私が子供の頃にはなかったなー。)

2015-01-25 08.47.33.jpg
さて、特別スクーリングのメニューは
1.KU−MA名誉会長の的川泰宣先生の特別講演
   「はやぶさからはやぶさ2へ」
2.プラネタリウム
3.スノーシューで雪山散策とスノーチュービング。
4.宇宙兄さんズのお話。
5.昼食(豚汁)
     (詳細は、いしかわ宇宙の学校 のサイトで)

的川先生の特別講演は、はやぶさ誕生秘話などもあって
大人的にはとても興味深くておもしろく聴くことができたのですが、、、
小学生低学年にはちょっと難しすぎたかもしれませんね。
(三男だけでなく長男も次男もしっかり寝ていました。。。)

2015-01-25 10.52.57.jpg
子供たちが一番楽しみにしていたのは
やっぱり雪遊びです。

2015-01-25 11.11.01.jpg

最近運動をほとんどしていない私は、
雪山散策だけでかなり体力を消耗してしまいましたが、、、
子供たちはスノーチュービング
(浮き輪に乗ってスロープを一気に滑り降りてくる)
で大はしゃぎしていました。
2015-01-25 11.30.33.jpg

私も一度だけ子供と一緒に滑り降りてみましたが、
わずかな斜度であっても、かなりのスピードが出るので
ちょっとしたジェットコースターよりも迫力がありました!!
2015-01-25 11.31.50.jpg

あっという間にお昼になり食堂に移動して、
みんなで豚汁をいただきました。
肉が苦手なリョウタでも、きれいに完食してくれるほど
とってもおいしい豚汁でした。(^o^)
2015-01-25 12.44.53.jpg

およそ4時間の特別スクーリングでしたが、
これだけのメニューを作って準備をして運営するのは
本当に大変だったと思います。
いしかわ宇宙の学校事務局のみなさま、
本当にありがとうございました。

また三男のリョウタの時にお世話になるかもしれません。
そのときは改めてよろしくお願いいたします。m(_ _)m

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2015年01月20日

お子さんの名前、どんな漢字を選びますか?その3



生まれてくるお子さんにどんな名前をつけるか?
そして、どんな漢字をあてるのか??
それらはすべて「親御さんの自由」といってしまえば
それまでなのかもしれません。

しかし、「名前」とはお子さんが生涯使い続けるものであり、
読みやすくてみんなに愛されるように工夫するのも
一つの考え方ではないかなと思いました。
名前の付け方にはいろいろな考え方があるかと思います。

私が今回お話ししたことも
その考え方の一つに過ぎませんので
どれが正解という話でもありません。

生まれてくるお子さんの生涯の幸せを祈りながらつける名前であれば、
きっとどのようなことがあったとしても
お子さんはそれらを受け入れることでしょう。

お子さんの幸せを祈りながら
是非ともすてきなお名前を、名付けてあげてください。
そしてその由来や、お子さんに込めた思いを
優しくゆっくりと語りかけてあげてください。


なお、人の名前につけられる漢字は法律で決まっています。
ここから外れた漢字は、役所で受付できないので
一度は調べておいた方がいいでしょう。
    常用漢字表と人名用漢字表に掲げられた漢字は,
    いずれも子の名に使用することができます。
     ( 法務省ホームページ より引用。)
これだけでも、常用漢字の2136字種と、人名用の632字種で
合計2768字種が使えます。
     (ウィキペディアより、平成27年1月6日現在)

そうはいっても、中身をよく見てみると、
今回の私のように初めて見る漢字があったり、
日常生活ではまず使わないような漢字もあります。
なるべくなら、せいぜい中学生までに習うような漢字を選んだ方が
社会生活で困ることも少ないのではないかと思います。
参考にしていただけると幸いです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て
Powered by さくらのブログ