2014年07月08日

歩行者を守る=自分を守る。その2


・・・ 歩行者を守る=自分を守る。その1 の続きです。

次に、歩行者と車で交通事故が起きた場合の
過失割合のことをお話ししていました。

過失割合(かしつわりあい)とは、
交通事故におけるお互いの過失(不注意)の度合いを割合で表したもの。

たとえば車対車の接触事故があった場合で
加害者側と被害者側の過失割合が
7:3というようような表現をしますね。
(数字が大きい方が悪いということです。)
これによって被害者側の損失が100万円であった場合、
7/10にあたる70万円が被害者側に支払われるというわけです。


ここで問題です。

信号のない横断歩道を渡っている歩行者を
車ではねてしまった場合の
過失割合はどのぐらいでしょう?

答えは、、、、歩行者0に対して、車100です。
これは簡単ですね。

じゃあ次に、道路に人が横になっていて、車ではねてしまった場合の
過失割合はどのぐらいでしょうか?

「いくらなんでも歩行者が0ということはないよね?
 歩行者70、車が30ぐらいかな??」
と予想をつけていたのですが、
残念ながら大外れでした。。。


答えは、昼と夜で異なり、

昼間であれば、歩行者30、車70
夜であれば、歩行者50、車50

となるのだそうです!!


・・・ 歩行者を守る=自分を守る。その3 に続く。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2014年07月06日

歩行者を守る=自分を守る。その1


先日、沢野建設工房さんが主催する安全大会に出席しました。

今回の講師は、金沢で一番所属弁護士の多い
兼六法律事務所の森岡真一先生。

得意分野は「交通事故のトラブル」ということで
誰しもが遭う可能性のある交通事故についてお話ししてもらいました。


絶対に守らなければならないこととして
事故が起きたら、加害者側・被害者側にかかわらず
必ず警察を呼ぶこと。

頭でわかっているつもりでも、ついつい気が動転して
「このぐらいなら別に警察を呼ばなくても・・。」
「今、ちょっと急いでいるし・・。」
と警察を呼ばなかったためにトラブルになったケースは
よくあるそうです。

しかし、警察を呼ばないということは
交通事故があったことを証明するものが何もないということ。

万一、あなたが被害者になった場合で
1週間後首や腰が痛くなってきたとしても、
相手の方がとぼけたら、「それまで!!」なんです。

また加害者側になったとしても
その後被害者の後遺症で訴えられたとしても
交通事故があったことすら証明されていないのですから
保険会社からは1円も支払われることがありません。

すべて自分でお金を用意する必要が出てきます。
(怖いですよね〜・・。)

その後のトラブルを考えると、、、
「あのとき警察を呼んでいれば・・」
となることも多いのだそうです。

「警察を呼ぼうか呼ぶまいか迷うケースもあると思いますが、
 迷ったときほどしっかりと警察を呼ぶ方がいいでしょう。」
と強調していたのがとても印象に残りました。

・・・ 歩行者を守る=自分を守る。その2 に続く。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2014年02月04日

日本人には塩が足りない! 2/2

 
・・・ 日本人には塩が足りない! 1/2 の続きです。


私も最近は、手足の指先が少し冷え性気味になってきたり、
肩こりやちょっとしたもの忘れ、ドライアイなんかもいよいよ出始めてきたので
「やっぱり歳をとったから仕方がないのかな・・。」
ぐらいに思っていたのですが、この本を読んでみると、
「ひょっとしたら、ミネラルと「塩」の不足が原因なのでは??」
と思わずにいられない体験談を聞いてしまいました。

その体験の持ち主とは、私にとって一番身近な人、
そう、、、私の嫁さんでした。

彼女は私より若いのですが、とっても冷え性で、
秋口から手や足が冷たくて朝もとても弱い人でした。

それも気温が一気に下がる11月の下旬になると
寝るときでも靴下2枚重ねの上にレッグウォーマー、
パジャマの上に分厚いフリースのジャケットを着てから布団に入るような人で
当然、冬場の布団の中で嫁さんの足にうっかり触れようものなら
あまりの冷たさに驚いて飛び起きてしまうぐらいでした。

ちなみにテリー家では、寝るときでも寝室にはオイルヒーターを入れて
室温が15℃前後になるようにしているので
客観的にはそれほど寝室が寒いことはないはずですが、
(朝になる頃には子供たちはふとんを蹴っ飛ばしています。)
そんなことは嫁さんの重度の冷え性に対しては
さほど意味を持たないようでした。


それが、、、、
意識的に塩を取り始めたここ1〜2週間ですっかり体の末端部まで暖まって、
以前では考えられないほど薄着になってきました。

手のひらも指先も、もちろん足の指先に至るまでポッカポカで
むしろ男性である私の方が冷えているぐらいでした。

しかも驚くことに、肌の色艶がよくなってキラキラしてきたのです。
あれほど朝が弱かったはずなのに、ちょっと声をかけるだけで
10分後にはベッドから起きて出てくるようになりました。

ほんの1ヶ月前までは気温が多少上がろうが関係なく、
「冬場にスカートなんてとんでもない!」とプチ切れしていたのが、
うそのように家の中では軽装になってきて、
最近の休日はスカート姿の方が多くなってきました。

それと、厚着をしても寒そうにしていた頃には
ひんぱんに子供たちを叱りつけている光景をよく目にしていたのに、
最近は明るい声で子供たちに楽しそうに声をよくかけるようになっています。

「塩をとったぐらいで、こんなにも急激に変わるのかっ!?」

ちなみに嫁さんの塩のとり方は、
斉藤一人さんの新しいサプリメントですが、
サプリメントに抵抗のある方もいらっしゃるかと思うので、
ミネラル成分表のついた自然塩の方を紹介します。

本の著者である村上譲顕さんの会社、海の精株式会社の「海の精あらしお」です。
              

この塩の特徴は、海のミネラル分が豊富に残る塩田と平釜製法により、
伊豆大島で作られたメイドインジャパンの塩であること。

Amazonで購入した方のレビューによれば、

  一般的に売っている粗塩よりも甘みがあります。
  野菜をこの塩だけで味付けすると野菜の甘みがより引き立ちます。
  きゅうりなどを揉む時は一般的に売られている粗塩を使い
  調味料として使う時は海の精を使っています。
  一度使うと止められなくなります。
           ( Amazonカスタマーレビューより引用 )

スーパーでふつうに売られている精製塩に比べればそれなりにお高いのですが、
おにぎりや浅漬けにちょっと一振りという使い方ならけっこう持つはず。
私も早速注文しました。

よろしければ本来の「塩」の味を試してみませんか?
 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2014年02月03日

日本人には塩が足りない! 1/2


最初に断っておきますが、私は非常識な人間です。(笑)

ダイエット一つとっても、ふつうなら
「朝食と昼食をしっかり摂って、夕食は軽く済ませましょう」
・・となるところを、私の場合は
「朝食を抜き、昼食は軽く済ませ、夕食はドカ食い!!」
という非常識なダイエットをして
リバウンドもなく6ヶ月で15sを落としたぐらいです。
(詳しくは、「その2 ダイエット計画編」を参照してください。)


それほどまでに非常識な私が今回薦めるのは、

「日本人には塩が足りない」(村上譲顕著)

  序章 塩で健康を取りもどした私の体験
  1章 病気の原因は「体内環境」の乱れにあった
  2章 「塩をとれば高血圧になる」は常識のうそだった
  3章 塩不足が日本人の健康をそこねている
  4章 塩でもっとキレイに、健康になる!
  5章 塩の上手な選び方・とり方
  付記 「自然塩復活運動」と「自然海塩」の物語

            
 
タイトルだけで立派に“非常識”でしょう??(笑)

特に常日頃、血圧を下げるために一生懸命減塩に取り組んでいる
中高年のお父さんにはかなり刺激的な内容になっています。

ちなみにここで言う「塩」とは、
食塩(塩化ナトリウム)のことではありません。

学識のある人はここで反発されると思いますが、
本来の「塩」とはいわゆる自然塩のことで
昔ながらの天日干しなどの方法で海水を乾かすことで得られる自然塩のことです。

「塩」の主成分はたしかに塩化ナトリウムですが、
それ以外にも多種多様なミネラル分を微量ながらも含んでいます。
(マグネシウム、カルシウム、カリウム、銅、鉄、リンなど)
つまり「塩」は海のエキスの結晶ともいえるのです。

一方、私たちが料理やお菓子、加工食品から得ているのは
「不純物」(多種多様なミネラル分)をきれいに取り除いた
塩化ナトリウム99%以上の高純度の食塩になります。
これでは体内に必要なミネラルはどうしても不足してしまいます。

さらに砂糖や果糖、人工甘味料など甘い食品をとり続けているだけでも
相対的な「塩不足」になってしまいます。


以下は、「塩不足」によってもたらされる症状の例です。

  熱中症(脱水症状)、無気力、キレる
  骨がもろくなる、冷え性、低体温
  風邪を引きやすい、免疫力の低下
  生理痛、生理不順、不妊、
  頭痛、肩こり、腰痛
  もの忘れ、認知症、うつ
  視力低下、ドライアイ
  ・・などなど、現代病とされるものもけっこう含まれます。

これを読んでいるみなさんにも当てはまる項目があるのではないでしょうか?

もちろんこれらの症状は塩不足以外の原因でも起こりうるものですが、
「塩」が不足するだけでもこれらの症状が出始めるそうです。

  
              
   
・・・ 「日本人には塩が足りない」2/2 に続く。
 
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 04:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活習慣

2014年01月06日

大腸ポリープを切除しました。その3

 
・・・ 大腸ポリープを切除しました。その2 の続きです。


3日目からは消化のよいうどんをベースに簡単な食事をしていき
4日目の夕食からは家族と同様の食事に移行していきました。

切除前夜からずっと大して食べていなかったこともありましたが、
その翌朝の便は本当に大量でしかも薄い茶色でしたから
どうやら腸の動きも活発になってきたようです。

1週間後はようやくお酒も解禁。
(お正月に間に合ってよかった〜!!)
これでようやく通常の食生活に戻ることができました。


ポリープ切除からすでに10日経ちました。

ポリープ切除当日と翌日はかなり体が冷えていて
1週間近くはその日の気温に関係なく
「なんとなく寒いな・・」と思う日が続きました。

昨年の冬までの私は家の中ではほとんど靴下をはかなかったのですが、
この1週間ばかりは靴下を脱ぐことができず、
場合によっては靴下をはいたまま寝ることもあったほどです。
また私が暖房器具の温度設定を上げて、
元々冷え性の嫁さんの方が「なんか暑いね」と
暖房を一旦消す・・ということが繰り返されていました。

しかし1週間を過ぎると、私がずっと感じていた冷えもなぜか収まり
昨年よりも薄着でも出かけられるようになりましたし、
家の中でも裸足でいられるようになりました。

便の量も相変わらず毎朝たっぷりと出てくれます。
色も健康的な薄い茶色でちゃんと形のある便が出てくれる上に
残便感もなく本当に気持ちがいいんです。

そういえば、昨年の春頃から明らかに便の量が少なくなり
色も黒ずんでいたことを思い出しました。
「たまたま調子が悪いんだろう・・」とか、
「歳だから仕方がない・・」と思い込んでいましたが、
どうやら大腸のポリープが原因だったのでしょう。

そしてそのポリープを取り除いたおかげで腸が本来の動きを取り戻し、
血液の循環もよくなり免疫機能も回復したのだと思います。

手術後、運動を制限されたこともあり、
体重も増えているかな〜と思っていましたが、
むしろ2キロほど落ちていました。

昨年はなんか調子が悪いなと思うことも多かったのですが、
どうやら体の消化機能が本来の姿に戻ったことで
代謝が上がったのかもしれませんね。

これらはすべて1週間から10日の変化ですから
私にとっても非常に分かりやすかったですね。
本当にいいタイミングでポリープを取り除くことができて本当によかったです。

もし、この記事をごらんのみなさんで、
「便の量がずっと少ない」、「便の色が黒ずんでいる」、
「風邪を引きやすくなった」、「冷え性がなかなか治まらない」
といった症状が続いているのなら、
一度、専門医で大腸ガンの検診を受けてみた方がよろしいかと思います。

大腸ガンは男女を問わず、すごい勢いで非常に増えているそうです。
傷みもないまま進行してしまう大腸ガンですが、
良性ポリープ(イボ)の状態で早めに発見できれば入院をすることもなく
切除して快適な生活に戻ることができますので、
ぜひ前向きに考えてみてください。

みなさまの健康を心よりお祈り申し上げます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2014年01月05日

大腸ポリープを切除しました。その2

 
・・・ 大腸ポリープを切除しました。その1 の続きです。


入院せずに済んだとはいえ、大腸ポリープ切除は立派な手術です。
術後は安静にする必要があります。

まず手術後1週間は
運動、旅行、出張、お酒は一切ダメ!
(傷口が開いてしまうからです)
万一大量の出血、もしくは激しい腹痛が合った場合は
たとえ夜中でもいいから連絡するようにとのことでした。

日によって変わる部分は下記の通りです。

1日目(当日): 消化のいいものだけを軽めに食べて水分は多めにとること。
           (※水分は水・お茶・スポーツドリンクのみ)
           お風呂はダメ。

2〜3日目: 消化のいいものを食べられるが、刺激物は避けること。
        長湯でなければお風呂に入ってもよい

4〜7日目: 食事は通常通りでよい。


手術が無事に終わり病院から自分の車で家に向かっている間も、
大腸内に溜まった空気でかなり苦しかったです。
さすがにその日はスポーツドリンクだけは何回か飲んだものの、
何も食べる気がしませんでした。

しかも夕方トイレに入ってみると、鮮血がかなり流れたので
慌てて病院に電話してみると、
「あまり続くようならまた連絡してください。」
と、あっさりした返事が返ってきました。

おそらく手術した箇所からの出血でしょうが、
これが大量の出血に当たるのかどうか分からず
風邪の初期のように急に悪寒がしたのでそのまま寝て
とりあえず様子を見ることにしました。
(下着が血で汚れることはありませんでした。)

体の外部なら自分の目で傷の状態を確認できますが、
内部となると全く様子が分からないので
けっこう不安な状態で過ごすことになりました。


翌日は通常通り仕事に行きましたが、
時々下腹部がうずくので大きな声は出せません。
すでに丸1日以上何も食べていないことから
お昼時になっても食欲が湧かないので
さすがに何も食べる気にもなりません。

ようやく食べることにしたのは、
夜8時半頃に自宅に帰って9時頃のことでした。

丸2日ぶりの食事ですが軽い断食状態になっていましたから、
まともな食事をするとおそらく吐くだろうと思い、
うどんを軽く1杯で済ませることにしました。

次の日(3日目)の朝、トイレに入ってみると、
出血は全くなくて黄土色の便が少し出てきました。
どうやら出血もちゃんと止まったようです。 (^o^)


・・・ 大腸ポリープを切除しました。その3 に続く。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2014年01月04日

大腸ポリープを切除しました。その1

 

今から10年以上も前のこと、私は実父を大腸癌で亡くしました。
そのこともあって私もいつかは大腸ガンになるかもしれないと考え、
40歳を超えてからほぼ毎年大腸ガン検査を受けてきました。

昨年秋に受けた大腸ガン検査(潜血便検査)ではついに陽性が出たため
専門医で大腸内視鏡検査を受けることにしました。

以前一度だけ行ったことのある、
はっとり大腸肛門科クリニック」(金沢市大友)
で検査結果を見てもらうと、院長先生に
「あ〜、これは何かあると思った方がいいね。
 内視鏡検査を受けて、もしポリープがあればその場で切除しましょう。」
と言われ、内視鏡検査の日程を予約することにしました。

そして2週間後、
私は大腸の内視鏡検査を受けることになりました。

大腸の内視鏡検査を受けるには、
大腸内を空っぽにしなければならないそうで、
前日の夕食は7時までに終えて、
前日の夜9時に下剤を飲み、
当日の朝7時から8時までの間に大量の下剤を飲みます。

当日の朝に飲む下剤は、
大きなポリ容器に入った粉末の薬剤に
1.8Lの水を入れてよくかき混ぜ
それをゆっくりと何回かに分けて飲んでいくものです。

下剤と聞いてあまりいい気はしませんでしたが、
飲んでみるとスポーツドリンクのような味付けで
意外とすんなり飲むことができました。

下剤を飲んでから約3時間はひたすらリビングとトイレの往復です。
6回も便をする頃には大便なのにおしっこのような色にまで薄くなり
もはや液体の便しか出てこなくなりました。
内視鏡検査を受けるためにその状態にまで持っていくことが必要なんだそうです。


そして午後1時、いよいよ内視鏡検査です。

私は術着に着替えて手術室に入りました。
麻酔を打つかどうか何度も確認されましたが、
実際に麻酔を打つのは1割強の方らしいので
打たないで行うことにしました。

いくら空っぽとはいえ、
大腸内をふだんとは逆の経路で
異物がどんどん入れられていくのはやっぱり抵抗があります。

みなさんも小学校の標本などでなんとなくイメージがあると思いますが、
大腸は途中で大きく曲がっているところがあるので
その部分を通過するときはさすがに鈍痛があり
この時ばかりは麻酔を打っておけばよかった・・と
しばし後悔したぐらいです。

無事、大腸の入口(一番奥)に到達したとき、
院長先生の予言?通り、ポリープが2つ見つかりました。

肛門に比較的近いところでは直径2p程度の大きなポリープ、
(内視鏡で切除できるギリギリの大きさだそうです。)
一番奥のところに直径3ミリ程度の小さなポリープ、
どちらもその場で切除し、医療用のクリップで止血措置をしてお終い。

もっと長く感じましたが、実際にはわずか45分で手術が終わりました。


・・・ 大腸ポリープを切除しました。その2 に続く。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2013年12月02日

本当に片付けやすい家とは?その5

 
・・・ 本当に片付けやすい家とは?その4 の続きです。

家村さんのセミナーで教わったことで
一番私が感動したのは、
「モノの動きを考えること」でした。

私が担当したお客様には、
収納を一つ設ける度に、「ここに何を収めるのか?」
を結構しつこく訊く傾向があります。

これは収納を作らせないために訊いているのではなく、
お客様の生活や価値観を知るために訊いています。

仮に同じ間取りで同じ場所に作られる収納であっても
実際に使う人によって収めるものはガラッと変わります。
(みなさん、自分の収め方が「ふつう」だと思っているので
 質問する度に不思議そうな顔をされるのですが・・。) (^_^;)

さらにつっこんで、
「なぜその場所に収めたいのか?」と聞いてみると
今までの経験だったり、実家の母がそうしていた・・など
けっこう動線を無視したり、収納までのアクションをただ増やしただけということも多く、
その結果片付けにくいレイアウトを自ら設定していることになります。

収納の基本は、

  1.現在の自分にとって、不要なモノ、不用なモノをなくし
  2.それをグルーピングして
  3.取り出しやすく片付けやすい状況にすることです。

私たちはついついモノを減らすことを後回しにして
ひたすら収める場所だけを作ろうとしますが、
それでは必要なモノがどこにあるかも分からず
自分でも気がつかないうちに「同じようなものを買い足していく」
・・ことにもつながりかねません。

モノの総量を自分にとって管理できる量に抑え、
自分の好きなモノだけに囲まれて、幸せな生活を送れるよう、
あらためてモノとのつきあい方を考え直すいい機会になりました。

家村さん、本当にありがとうございました。
 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2013年12月01日

本当に片付けやすい家とは?その4

 
・・・ 本当に片付けやすい家とは?その3 の続きです。


 2. 引き戸で仕切られたキッチンのバック(背面)収納

最近のキッチンは対面キッチンが主流ですから
キッチンのバック収納がリビングから丸見えになることが多いのです。

しかしそれをスッキリさせたいから・・という理由で
バック収納やそこに収まる電子レンジ、炊飯器、ゴミ箱まで
すべてシースルーの引き戸で仕切ってしまうケースが増えてきました。

これはインテリア雑誌やショールームの影響も大きいと思うのですが、
私はこれに常々反対してきました。

理由は、電子レンジや炊飯器は湿気を出す機械ですし、
これを食器やゴミ箱といっしょにして扉で仕切ってしまうと、
確実にホコリやカビ、ゴキブリの巣になって不衛生だからです。
(家村さんも同様の理由でした)

また家村さんの指摘では、
キッチンは毎日使う場所なのに扉が1枚多くなったせいで
食洗機に入りきらないけれど毎日使う子供の水筒や、
毎日の食生活で頻繁に出し入れするモノが
結局はバック収納の扉の向う側ではなく、
キッチンやダイニング周辺に散らばることになるので
かえって雑然としたダイニングキッチンになるのだそう。
(いわれてみればその通りですね。)

  「雑然とした状態を見せたくないし、見たくもない。」
  「キッチンをスッキリさせたい!」

こういう理由でキッチンだけでなく、脱衣室やサンルームまで
細かい棚にまで扉をつけたがるお客様は確かにいるのですが、
それで実際にきれいに片づいているか?というと、
家村さんがいう通り、床や周辺部分にモノがどんどん置かれていることも
決して珍しいことではありません。

扉というのは一見便利なように見えて
モノの存在も自分の意識から遠ざけてしまい、
結局はモノが溢れる原因にもなっているような気がします。

毎日使う生活スペースの場合は、
可能な限り扉で隠す発想を止めて
ワンアクションで取り出せる収納の仕方を
取り入れていきたいですね。


・・・ 本当に片付けやすい家とは?その5 に続く。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2013年11月30日

本当に片付けやすい家とは?その3

 
DSCF4062bc.JPG

  
・・・ 本当に片付けやすい家とは?その2 の続きです。


家村さんのお話では、最近の住宅やモデルハウスを見ていて
「これはかえって収納しにくい家になっているな・・」
と思うことが増えてきたそうです。

具体例としてあげられていたのが2つ。


 1. 背の高い折れ戸(クローゼット扉)

寝室や子供部屋のクローゼットにほぼ必ずセットでついているのが
高さが2.3mもあるクローゼット扉(折れ戸)です。
メリットは背が高い分、開けたときにすべての収納物が見渡せて
開口部も大きいので天袋部分でも収納しやすい特徴があります。

しかしその反面、この扉はやたらと重く小学生ぐらいの子供の力では
容易に開閉しやすいとはとても言えるものではありません。
また収納スペースの左右に扉2枚分のスペースがとられるため
収納スペースの左右の端部分はデッドスペースになりがち。

また背の高い折れ戸は調整が狂いやすくしばらく使っていると直に傾いて
せっかくのクローゼット扉も閉まりにくく開けにくくなっていきます。
(クローゼット扉は10万円以上します。)

このような特徴のある折れ戸のついたクローゼットでは
@扉が開け放しの家になるか、
A扉が閉め放しの家になるか・・のどちらかなんだそうです。

@扉が開け放しの家とは、
扉の開閉そのものがしんどいために扉が常に全開で、
ホコリを被った洋服がズラ〜〜とかけてある状態。

A扉が閉め放しの家とは、
扉の開閉そのものがしんどいために扉が常に閉まっていて
長期間開けられた形跡のない家。
そこの収納スペースには、使われていないモノが
床に直置きされているんだそうです。

子供には明らかに重すぎるクローゼット扉(折れ戸)ですが、
名前が「クローゼット扉」となっているがゆえに
住宅会社では特に考えることもなく
ほぼ自動的に提案されていることが多いかと思います。


・・・ 本当に片付けやすい家とは?その4 に続く。
 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣
Powered by さくらのブログ