2017年02月22日

非常識なインフルエンザ対策。その4



実際に免疫力を上げるとどうなるか?

私を例にお話ししましょう。
かつての私はやたらと病院にかかる人でした。
最初は1ヶ月に一度程度だったんですが、徐々に間隔が短くなって
最後は2週間に一度は、「微熱が出た・・」と言っては病院に行っていました。
もう顔パス状態だったぐらいです。
おそらく薬の飲み過ぎで低体温が続き、体の免疫力落ちた状態だったんでしょうね。

これはまずいと思って、体質改善に取り組みました。
体温も上がり、38℃ぐらいの熱が出たぐらいでは病院に行かないようにしたんです。
それ以来インフルエンザとか高熱で仕事を休んだことはありません。
年に2〜3回は高熱が出ますけれど、仕事を休むほどではありません。

今年の冬、1月の下旬にいきなり体がだるくなって高熱が出たことがありました。
夕方6時半頃に仕事を片付け、子供を二人迎えに行って、
家に帰ってきたのが夜8時半頃。
そのときに熱を測るとすでに38.4℃まで上がっていました。

「さすがに早く寝よう・・。」と寝る直前に熱を測ると38.9℃まで上がっていました。
脱水症状を防ぐために水をコップ二杯飲んで寝たのですが、
1時間半ごとに目が覚めておしっこをしてまた寝る・・の繰り返し。
ちなみに解熱剤は飲んでいません。

それでも翌朝6時頃には気分も落ち着いて、熱も37℃ぐらいまで下がってきました。
熱がある程度下がったので、防寒対策をしてふつうに仕事に行きました。
その次の朝にはもうふだんと変わらないぐらい回復していたのです。
免疫力を上げるとこんな感じで急速に回復することができます。

なかなか今までの生活習慣を変えるのは勇気がいることだとは思いますが、
平熱プラス2℃程度の熱は、体が免疫力を上げるための作用ですから、
別にお医者さんにかかるほどのものではありません。

むしろ抗生物質は体を冷やす作用があるほどなので、
ちょっとした風邪の症状だったら水分をしっかり取って体を暖めて休めることで
かなり回復することができます。

免疫が落ちている現代人だからこそ、自分の免疫力をしっかり使う習慣をつけてみてください。
体の調子が本当によくなりますよ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2017年02月18日

非常識なインフルエンザ対策。その3



では、インフルエンザワクチンを打たずにどんな対策があるのでしょう?

答えは一つ。自分の免疫力を上げることです。
つまりインフルエンザウイルスを吸い込んだとしても、
体の免疫力がはるかに強ければ、そうそう重症化するものではありません。

私が行っている免疫強化の方法は次の5つ。

@ 体温を上げる

ふだんの体温が1℃下がると免疫力は3割落ちるそうです。
また江戸時代の頃の平熱はなんと37℃だったとか。
でも残念ながら現代は体を動かさない生活だったり、
食生活の乱れから平熱の低い人が増えているので35℃台の方も多いようです。
体を冷やさないように工夫してください。

A 運動をする。

熱を作り出すのは、筋肉です。
筋肉は加齢により徐々に衰える上に、便利な現代社会でふつうの生活をしていると
ほんとに体を動かさなくなります。
ですから意識して体を動かして特に筋肉の多い下半身を強化するといいですね。
私の場合は週に一度以上5〜6キロ程度の距離をジョギングしています。
血行をよくするだけだったら、毎日30分以上ウォーキングをしたり、
仕事中でもできるだけ階段を使うようにしたり、
少し歩く距離を伸ばすように工夫するだけでかなりの運動量になりますよ。

B 糖分の多い飲み物や食べ物を減らす

基本的に甘いものは体を冷やします。砂糖などは極力減らしましょう。
またいわゆる夏野菜も体を冷やしますのでなるべく体を温める食材を使ってください。
秋に収穫できる根菜類とかしょうが、飲み物は発酵させている紅茶なんかもいいですね。

C 水分補給をする。

体の代謝をスムーズに行うには適切な水分が必要です。
仕事中のトイレの回数を減らすために意図的に水分を取らない方もいますが、
確実に代謝が落ちますので多少トイレの回数を増やしてでも、
水分は積極的にとってください。
特に現代はエアコン暖房で乾燥しがちなので、なおのこと水分は必要です。

D 糖質制限をする。

今回は詳しくはお話ししませんが、血行がよくなります。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2017年02月15日

非常識なインフルエンザ対策。その2



ご存知の方も多いと思いますが、インフルエンザの予防接種とは、
その年に流行りそうなインフルエンザのウイルスを3〜4種類選びワクチンを作ります。
それを体内に注射することで2〜3週間ほどかけて体内にインフルエンザの抗体を作り、
その後インフルエンザウイルスが入ったとしても抗体で発症しにくくする、
もしくは発症しても重症化しないようにするものです。

予防接種自体は意味のあるものだと思います。
特に免疫力が低くインフルエンザでも重症化する可能性のある
6歳未満の未就学児や65歳以上の高齢者には非常に効果的だと思います。

その反面、ごく希にですが副作用の報告もあります。
ほとんどは軽微な症状ですが、
注射跡周辺に赤い発疹ができたり頭痛や軽い発熱などが多いのですが、
人によってはアナフィラキシーショック、全身のしびれ・麻痺、
ぜんそく発作による呼吸困難、肝機能障害を起こすこともあるとか。

ちょっと怖いですね。
まあ、滅多なことはないとは思いますが、
「もし打たなくても済むものならあんまり打ちたくはないな・・」
と思ってしまいます。

ちなみにインフルエンザウイルスは基本的に有料です。
だいたいお医者さんが仕入れる価格で1,000円前後らしいので、
実際にみなさんが負担する料金は3,000円程度といったところでしょうか?

さて、ここからが非常識なところなんですが、
テリー家の場合、わざわざお金を払ってまで
インフルエンザワクチンを打つことはありません。

なぜならインフルエンザウイルスなんてリアルタイムでそこら中にいるものですし、
その場その場で厳密に言えば感染しているはずなんです。
確率は少ないとは言え、リスクを負ってまで
ただで空気中から吸い込むものに対してお金を払ってワクチンを打つ??
しかも毎年??

結論は、「我が家は別に打たなくてもよろしい。」・・となるわけです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2017年02月13日

非常識なインフルエンザ対策。その1


今年もインフルエンザが猛威を振るっております。
テリー家でもすでに小5の次男と小3の三男がインフルエンザにかかり、
学校を5日間休む羽目になりました。

子供がインフルエンザにかかった・・と言うと、
必ずといってもいいぐらい聞かれるのが、
「ちゃんと予防接種受けたの!?」という質問。

ここでうっかり、
「実は予防接種は受けていないんです・・。」なんて答えようものなら、
かなり冷たい視線を浴びる羽目になります。。。
おそらく、
「予防接種も受けさせない親がいるから、
 次から次へとインフルエンザの子が増えていくのよ。
 いい迷惑だわ!」・・と思われているんだと思います。

まあ、そこは特に否定はしません。仰るとおりだと思います。
というか、それがふつうでしょう。

でも、、、やっぱりテリー家ではインフルエンザごときにいちいち
子供たちに予防接種を受けさせないだろうな・・と思います。
実際の私をご存知の方であれば、たぶん私がかなり変わり者だということを
なんとなく感じていることだと思います。

テリー家は、基本的に少々の熱が出たぐらいでは誰も病院に行きません。

まあ、子供たちの場合は冬場にうっかり高熱が出ると、
必ずといっていいほど
「インフルエンザではありませんか?ちゃんと調べてください!」
と言われるので、
学校の手前やむを得ず病院に連れて行っているぐらいで、
正直言うと別に病院に連れて行かなくても、
2〜3日も寝かせておけば勝手に熱も下がって
治るであろうことを知っているからです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2016年10月09日

事故を起こさない、事故に遭わないための車のヘッドライト点灯。その3



最後にちょっと気になっていることもお話しさせてください。

夜のコンビニやドラッグストアの前を車で通り抜けるときによく見かけるのですが、
無灯火のまま車を走らせて、道路に出てしばらくしてから
ようやくライトを点灯する車が案外多くて驚きます。
つまり駐車場内の移動はずっと無灯火のまま・・。

夜のコンビニやドラッグストアって、
けっこう子供連れで買い物に来る方が多いですよねー。
車を降りて手をつなぎながら駐車場からお店に歩いて行くわけですが、
元気なお子さんだと駐車場からそのまま走ってお店に行く場合もあるでしょう。

ライトをつけてから車を発進させるのであれば、
ライトがついた瞬間、車が動くことがすぐに予測できますので、
周囲のお母さん方もお子さんに避けるように注意することができますが、
無灯火のままでしかもハイブリッド車のようにほぼ無音でいきなり動き出す車だと
発見が遅れる分だけ人身事故の可能性がはるかに大きくなります。

そのせいでしょうか、
先日の夜もドラッグストアの駐車場で事故があったのを目撃しました。
どうやら無灯火のまま走り出した車に
駐車場からお店に入ろうとしたお子さんが引かれたようです。

ライトをつけるだけで周囲の歩行者も自転車も気をつけることができます。
とにかく夜間に車を走らせるときは、
まずライト点灯、それから発進するクセをつけていただきたいです。


秋も深まってきてこれからはどんどん夕方暗くなっていきます。
オートライトの車なら放っておいてもいいのですが、
そうでない車だと早め早めの点灯が安心です。

ライトを点灯する目安は「スピードメーターが少し見にくくなったなー」とか、
「カーブミラー越しの車が見にくくなったなー」ぐらいで、
すでにかなり暗くなっていますからすぐにライトを点灯してください。
私はオートライトの車が点灯しているのを1〜2台見たら
すぐに点灯するようにしています。

事故に遭うのも起こすのも、本当にイヤなものです。
みなさまが、そしてみなさまのご家族が少しでも安全に過ごせるよう、
心よりお祈り申し上げます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2016年10月07日

事故を起こさない、事故に遭わないための車のヘッドライト点灯。その2

2009_10220002.JPG


次は、「ハイビーム」のお話。
夜間の歩行者の死亡事故を減らすため警察庁は、
車の上向きのライト「ハイビーム」を使うという呼びかけを行っているそうです。

2015年、夜間に歩行者が車にはねられた死亡事故は625件で、
このうち約96%にあたる527件が、
下向きのライト「ロービーム」を使っていたことが警察庁の調査で分かったそうです。
中にはハイビームを使っていれば防げた事故もあるとしています。

「ハイビームとロービームではそんなに違うのか?」
と訝しがる方もいらっしゃるかと思います。

JAFが夜間に障害物のあるコースを走る実験を行っています。
(その様子はyoutubeでも見ることができます。)
ハイビームだとすぐに障害物を発見できるので、
映像では約100メートル手前と余裕を持って停止できました。

一方、ロービームにしてみると、
障害物に近づくまでは全く気づかなかったため、
停止できたのはなんと障害物の直前!!
スピードをもっと出していた場合は、
障害物に衝突してしまうケースもあったそうです。

その理由として、ハイビームが照らすことができる距離は約100メートル、
一方のロービームは約40メートル。
路面が乾いていて条件のよい場合で時速60キロで走ると、
ブレーキを踏んでから停止するまでの距離は約44メートルとされています。
しかし、ロービームが照らせる距離は40メートルのため、
気づいてからブレーキを踏んでもよけられないことになってしまいます。

これ、わかります。
最近は、夜間に走っているランナーや犬の散歩をしている人をよく見かけます。
おそらくランナーや歩行者からは走ってくる車はよく見えると思うのですが、
街灯のない道だとロービームで走っている車側からは人の姿は見えません。

先日もたまたま街灯のない県道の夜道を帰る途中、
なにげにロービームからハイビームに変えた瞬間、
犬の散歩中の歩行者がちょうど道路を横断しているところで、
ヒヤッとした経験がありました。
もしロービームのままだったら、急ブレーキをかけていたと思います。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2016年10月06日

事故を起こさない、事故に遭わないための車のヘッドライト点灯。その1

20161004_215225782_iOS.jpg

秋分の日も過ぎて、日が暮れるのがすっかり早くなりましたね。
ところでみなさん、夕方に車で移動する際、
ちゃんとライトをつけていますか?

私は割と早めにつける方なんですけど、
日没をとっくにすぎてもうかなり暗くなってからでも、
ライトをつけずに走っている車をかなり見かけますし、
ライトをつけない車同士で危うく事故に・・という場面すら見かけます。
ほんと、危ないですよね〜。

今年の9月に、車のライトに関するニュースが2つ発表されましたので

1つめは、オートライトの義務化。

国土交通省は、暗くなると車のヘッドライトが自動で点灯する「オートライト」の搭載を、
2020年4月以降に売り出される新型車から
メーカーに義務づけることを決めたことが報道されました。
日没前後の「薄暮」の時間帯に多発する高齢の歩行者らの事故を減らす狙いで、
10月に、道路運送車両法に基づく車の保安基準を改正する方針だそうです。

JAFの調査では、日没時(薄暮時)にヘッドライトを点灯しているドライバーは、
なんと22・8%という低水準だったそうです。
(※スモールライトでは、ヘッドライトを点灯させたとはみなされない)。

実は、「日没時から日の出の時刻までにはヘッドライトを点灯しなければならない」
と、道交法第52条で定められています。
にもかかわらず、日没5分後では44.1%、10分後では72.7%と、
日没後でも3割近くはまだ点灯していなかったそうです。

日没から5分後でみた場合、
晴天時は225lx程度(ちょっと暗いリビング程度)あり、
まだ明るいと感じることが原因と考えられます。
しかし、この薄暮の時間には、その「まだ大丈夫」が大事故に繋がる可能性があります。
JAFがまとめた交通事故の発生時間帯(平成23〜25年)でみた場合、
事故発生率トップ2が、朝7〜8時台と夕方17〜18時台に集中しているのです。

平成25年の事故死傷者数でみると、総数4373人に対して、
65歳以上の高齢者が2303人と、52.7%もの割合を占めており、
その大半が薄暮時に発生しているそうです。
瞳孔が開きにくく、若年層に比べ暗いところで物が見えなくなるなど、
目の機能の低下が原因といわれています。

ヘッドライトを点灯する理由は、
自車の視界を確保するだけでなく、自車の存在を相手に知らせる役割も持ちます。
暗がりで物が見えにくい高齢者には
ヘッドライトをつけないクルマは認識できない恐れがあるのです。

国土交通省自動車局によると、義務化した場合、
すでに装着が義務づけられている欧州の規格、1000lx以下で点灯するので、
晴天時でも日没15分前には点灯するようになるそうです。
道交法の規定はないけれど、周囲の歩行者から見えやすくするという観点から、
大雨や曇り空のときにも積極的にヘッドライトを点灯したいものです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2016年08月26日

夏だからちゃんとしたいニオイ対策。その3



ニオイは、日々のストレスや運動不足、睡眠不足でもどんどん増えていきます。

寝苦しい夜が続きますけれど、エアコンを積極的に活用して
しっかりと眠るようにしてください。
タイマーセットする方法もありますが、テリー家の場合は、
設定温度を28度ぐらいにしてずっと朝までつけっぱなしにしています。
その方が快適に朝まで熟睡できますね。

それから取り組みたいのが、運動習慣です。

一番やりやすいのは、ウォーキングですが、
通勤や勤務時間中になるべく歩くことを意識するだけでもずいぶん違います。
2階とか3階程度の移動であればエレベータはなるべく使わないで
階段を使うだけでも通常の3倍の負荷がかかるほどのかなりの運動量です。

お子さんやお孫さんといっしょにラジオ体操をするのも効果的。
私も先日、久しぶりにラジオ体操をしてみましたが、
しっかりやろうとするとかなりの運動量だと実感しました。
日常生活であまり使わない筋肉を刺激できるのでけっこういい汗がかけますよ。

それから水分の摂取。
暑い夏だからこそこまめに水分補給をして
体の中の余計な皮脂や過剰な栄養分を汗や尿にして
体の外に排出してしまいましょう。
(熱中症対策にもなりますね。)

汗が出やすい体質にすることで、
さらっとしたきれいな汗を流すことになり
余計な皮脂で詰まりがちな汗腺を清潔に保つこともできるのです。
ニオイの元を絶ちきることにもつながりますね。


あらためて感じたのですが、ニオイって、現代病が別の形で現れたものなのかもしれません。
肉食や外食中心の食事だったり、運動不足や睡眠不足、
溜まりにたまったストレスが原因なのですから、
それらの一つ一つをできるところから取り除いていくだけで、
ニオイはもちろんのこと、健康にも大きく貢献できます。

ぜひとも楽しみながらできることをしていってくださいませ。
みなさまの健康と快適な生活を心よりお祈り申し上げます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2016年08月25日

夏だからちゃんとしたいニオイ対策。その2



体から出た皮脂をお風呂で洗い流しても、
時間が経てばやっぱり元の木阿弥になってしまいます。
体質改善も同時に行いましょう。

体質改善で最初に取り組むのは、食事です。
体から出るニオイは、言ってみれば食べたものの成分が分泌しているようなものだからです。

● 野菜から先に食べる

別に肉を食べるなといっているわけではありません。
お肉も重要な栄養分です。
ただし現代の食事や外食が多くなると、どうしても肉の割合が増えてしまいますので、
意識して野菜を増やしましょう。
外食が多い人であれば、丼物や麺類といった単品メニューではなくて、
和定食や魚定食を選ぶようにちょっとだけ気をつけるだけでもずいぶんと違います。

● 海藻類を意識して取る

一人暮らしや外食で難しいのが、海藻類の摂取です。
コンビニのおにぎりの場合は、昆布か梅干しにすることで、
海藻とクエン酸を取ることができますね。
それと外食の時にはお味噌汁を加えることで
豆とわかめといった海藻類も同時に取れますよ。

● 腸内環境を整える。

腸内環境を整えるには、定番のヨーグルトが取りやすいと思います。
朝、食欲がない人だったら、朝食の代わりにヨーグルトを取ってみましょう。

●ビタミンCとビタミンEで活性酸素を減らす

抗酸化力の高いビタミンC/Eで活性酸素を減らすことでも
体臭を効果的に減らすことができます。

ちょっと小腹が空いたときに取りたいのが、フルーツと緑茶とアーモンド。
ビタミンCでいえば、キウイやイチゴ、柿が多いそうです。
冬であれば、ゆずの皮をトッピングするといいですね。
アーモンドはビタミンEが多く含まれているので、とても抗酸化力が高まります。
飲み物にはカテキンが多く含まれている緑茶をときどき選んでください。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣

2016年08月23日

夏だからちゃんとしたいニオイ対策。その1


まだまだ暑い日が続きますねー。
1日2回洗濯しているほどのテリー家でも、
子供たちの汗臭いニオイはなかなか慣れるものではありません。
ましてや中高年男性の加齢臭なんてもってのほかです。(笑)

香水でごまかそうとすると、混ざり合ってかえってとんでもないニオイに
発展することもあるので、香水や香り付きの制汗スプレーは
最後の手段にとっておいた方が良さそうです。

ニオイの元になり得る原因は、実は多岐にわたります。
有名なのは、資生堂の研究でわかった、ノネナール。
ノネナールは元々皮脂が多く、体の酸化作用が弱まることで発生するそうです。

加齢による酵素・ホルモンの減少のほかに、食事や生活習慣に大きく左右されます。
特に以下のような生活が日常的だと、皮脂腺からでる皮脂に脂肪分が増え、
よりいっそう加齢臭が強くなるそうです。

・野菜不足、外食・肉食中心の食事
・日常的なアルコール、たばこ、嗜好品
・減ることのないストレスの蓄積
・運動不足 などなど・・。


加齢臭や他のイヤなニオイを発している大元は、体中の毛穴です。
暑くなると毛穴から分泌される皮脂が酸化したり雑菌が一気に繁殖したりして、
あのイヤ〜〜なニオイに変わるのです。

まずはこのニオイの元となる体の表面の皮脂をきれいに洗い流しましょう。
体の表面の皮脂を洗い流すならなんといっても入浴が一番。

「お風呂なら毎日入っているよ」という方でも、
よくよく聞いてみると短時間のシャワーで済ませている方も多いようです。
残念ながらシャワーでは思ったほど体の皮脂は落ちません。
汗そのものは流せるのですが・・。

やっぱりちゃんとお風呂の湯船に最低でも5分以上浸かりましょう。
(まあ、人間のつけ置き洗いというところですね。)(^_^;)

ちなみにニオイが残ってしまった衣類のお洗濯でも
40度のお湯と漂白剤を使ってつけ置き洗いすることで、
体の皮脂を落とすことができます。

ニオイ対策で使う石鹸は、ボディーソープではちょっと役不足なので、
固形石鹸を使いましょう。ふつうの牛乳石鹸でもしっかり落ちますよ。

後は洗うところです。
みなさん、ボディタオルやボディブラシで全身くまなく洗っている・・と思われているでしょうが、
実はけっこう洗い残しがあるんですよね。
洗い残しを調べるには、湯船にしばらく浸かった状態で、
体中を手のひらや指の腹を使って少しこすってみてください。
ヌルッとしたり垢が出てくるところが、洗い残しの場所です。

洗い残しになりそうなポイントもお話ししておきますね。
●髪の生え際、
●耳の後ろ、
●首、
●肩甲骨の辺り、
●胸の谷間やみぞおちのところ、
●二の腕の後ろ側、
●足の指の間、
●くるぶしの下の辺り、
●デリケートゾーンの辺り

いずれもせっかちな男性ではよく洗わないところかもしれませんねー。
特にくるぶしの下辺りは、足の汗で流された皮脂がちょうどたまる場所なので、
意外とニオイの元になっていたりするんです。
もし、「そんなところ洗っていないかも??」と思うところがあったら、
ぜひ意識して洗ってみてください。
それとニオイ対策としての入浴はできれば朝の方がいいですよ。
その方が日中のニオイをある程度抑えることができます。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣
Powered by さくらのブログ