2011年11月14日

40代からのカブトムシ幼虫飼育。その2


rps20111113_190208.jpg

・・・ 40代からのカブトムシ幼虫飼育。その1 の続きです。


幼虫を見つけてから2日後のこと、
今度はカブトムシ専用の黒色のマットと、
今までよりも大きな昆虫飼育ケースを買いに
近所のホームセンターに行きました。

どれにしようか、軽く迷っていると、
店員さんが声をかけてくれました。

「カブトムシなら、絶対にこれです!
 この『ビートルマット』ですよ!!
 他のクヌギ系のマットは、カブトムシの絵が描いてあっても、
 実質的にはクワガタ用なのであまり大きくなりません。
 それと、1ヶ月ごとに必ずマットを替えるか、ひっくり返してください。
 ガス(二酸化炭素)が溜まる可能性がありますから。」

いろいろと初心者の私にアドバイスしてくれた店員さんにお礼を言い、
薦められた「ビートルマット」(10L、780円)
を買って、家に直行しました。

さっそく今までのカブトムシの容器を
バケツの中にザ〜〜〜と開けてみると・・・、
ちゃんと幼虫が動いています。

とりあえず全員生きているようです。(ホッ。)


新しく購入したビートルマット(立派なコゲ茶色!)に、
この前、間違えて購入したクヌギジャンボマット(肌色)をよく混ぜて、
じょうろで水を入れながらさらによく混ぜ合わせました。
(まあ、捨てるのももったいないですし・・。)(^_^;)

そうして作ったマットを2つの飼育ケースに分けて入れていきました。

それぞれのケースの大きさからは、
幼虫を何匹入れるのが適切なのかよくわかりませんでしたが、
とりあえず、今回購入した大きな飼育ケースに幼虫6匹を入れて、
今までの飼育ケース(中?)に、幼虫3匹と、
極端に小さな1匹(2齢幼虫かも?)を入れることにしました。

新しいマットの上に幼虫を置くと、一斉にマットの中に潜り出します。
(けっこうおもしろいですね〜。)(^o^)

マニュアルを読んだ印象では
ちょっと窮屈そうな気もしましたが、
こまめにマットを替えれば問題はなさそうです。

飼育ケースが増えてリビングでは場所をとるようになったので、
今度は玄関の下駄箱の横に積み重ねて設置することにしました。

最後に、ケースの蓋を閉めるときに、
コバエ防止用に新聞紙をケースの大きさに切って
ケースとフタで挟み込むようにして固定しました。

これによって若干ではありますが、マットの乾燥防止にもなります。
なお、新聞紙の場合はベチャベチャにならない限りは
カブトムシが生きていけるぐらいの空気は通るそうです。(^o^)


・・・ 40代からのカブトムシ幼虫飼育。その3 に続く。


★今日のテリー語録

「朝起きてカブトムシ、夕方帰ってきてカブトムシ、そして寝る前も・・。」

「ちゃんとエサを食べているのかな・・?」と思うと、
なかなか落ち着かなくて、1日に何度もカブトムシのケースを覗いていました。
その間、テリー家の子供たちのことは完全に放たらかしでした。。。(^_^;)

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

posted by テリー at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カブトムシ飼育

2011年11月13日

40代からのカブトムシ幼虫飼育。その1


rps20111113_211700.jpg


先日、テリー家のカブトムシの容器の中から
丸々と太ったカブトムシの幼虫が10匹出てきました。
(「ブログの方は「8匹」と書きましたが、実際には10匹いました。)
(詳しくは、 「カブトムシの幼虫がスクスクと・・。」 をご覧ください。)

元々、昆虫マニアでもなく、
小学生の時ですらカブトムシを育てたことがない私でしたが、
全く期待していなかった土の中から、
ゴロゴロと幼虫が出てきたときは、本当に感動しました!!

しかし、糞だらけのマットの中に置いていたせいか、
どうも幼虫の大きさが小さいような気がします。。。

「ひょっとしたら、私が放ったらかしにしていたせいかもしれない・・。
 なんとか少しでも大きく育てないと、子供たち(カブトムシ)に申し訳ない。」


早速、インターネットで調べてみました。

以下、参考になったホームページを挙げておきますね。
 「 カブトムシ飼育マニュアル(幼虫飼育) 」
 「 カブトムシの飼い方 」
 「 カブトムシ飼育方法 」

丹念にこれらのホームページを読んで分かったことは、、、

● カブトムシの幼虫には、カブトムシ専用マット(黒〜コゲ茶色)の方が大きく育つ。
● 適度に湿り気を与えないと、死んでしまうことがある。
● 秋の間(9月〜11月)にどれだけ大きくなるかで成虫の大きさが決まってくる。
● 寒さには強いが、冬の間はあまりエサを食べない。

● 暖房のよく効いた部屋に置いておくと、春には羽化してしまう。
● とにかくエサ(マット)をよく食べるので、なるべく大きな容器で飼育すること。

rps20111103_200948.jpg
幼虫がいるかどうか分からないときに購入した
「くぬぎジャンボ昆虫マット」でしたが、
これは色が茶色というよりは、肌色(木の色)に近かったので
カブトムシの幼虫飼育用としては、
ちょっと発酵が足りないような気がしてきました。

このままでは大きく育つのか、何とも言えない上に
場合によっては死んでしまうかもしれません。

「ウ〜〜ン、やっぱりちゃんと専用のマットを買ってきた方が良さそうだね。」


・・・ 40代からのカブトムシ幼虫飼育。その2 に続く。


★今日のテリー語録

「なんか、、、哀川翔みたいだね。」

カブトムシのために真剣な目つきでインターネットを調べている私を見て
嫁さんが呆れたように言いました。
私もまさか40代に入ってからカブトムシに夢中になるとは
思っても見ませんでした。。。(苦笑)
(注: 哀川翔さんは家の中に虫部屋を作るほどの昆虫マニアです。)

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

posted by テリー at 22:09| Comment(267) | TrackBack(0) | カブトムシ飼育

2011年11月03日

カブトムシの幼虫がスクスクと・・。


rps20111103_201034.jpg


縁あってテリー家にやってきた1対のカブトムシでしたが、
(詳しくは、「 カブトムシ、はじめました。(笑) 」をご覧ください。)
オスの方はあっさりと亡くなり、
未亡人となったメスの方も9月下旬頃に天寿を全うしました。

これでテリー家のカブトムシ・シーズンは終わったはずですが、
残ったのがカブトムシ用のマット(腐葉土)を入れたケースでした。

「ひょっとしたら、卵を産んだかもしれないな・・。」

私は今まで一度もカブトムシの幼虫を飼ったことがありませんので
この時点では、どれがカブトムシの卵なのか見当もつきませんでした。

オスがあまりにも短命だったので
卵があるのかどうかもよくわかりませんでしたが、
1匹ぐらいはいるかもしれないと思って、
なんとなくリビングにそのままにしておきました。

そして、卵のことも含めて忘却の彼方へ・・・。(笑)


11月に入ってから、嫁さんに声をかけられました。
「最近、その飼育ケースから、細かい虫が飛んでいるような気がするんだけど・・。
 そのケースって、どうしてそのままにしているの?」

「ひょっとしたら、カブトムシの卵があるかもしれないと思って・・。」(^_^;)
「ふ〜〜ん・・、それにしても、土(マット)は替えた方がいいと思うよ。」


rps20111103_200948.jpg


いるかどうかも分からないカブトムシの幼虫のために
マット(腐葉土)を買ってくるのもどうかと思いましたが、
嫁さんの言うとおり、近所のホームセンターで
カブトムシ飼育用のマットを買ってきました。

その翌朝・・・、いつものように早起きをした私。

「ガサガサ・・」という物音がするので飼育ケースを覗いてみると、、、
何とそこには、丸々と太ったカブトムシの幼虫がいました!!

幼虫を飼ったことがない私にはとても新鮮な瞬間でした。

その日の昼、子供たちと一緒に
さっそくカブトムシのマットを入れ替えることにしました。

いよいよマットを入れ替えようと古いマットをバケツにあけてみると、
元の古いマットは、およそ1/3がカブトムシの糞でした。(苦笑)

「パパ〜〜、幼虫が8匹もいるよー!!」
長男アキオ(8歳)が叫びます。

「今まで気がつかなかったとは言え、
 よくこの中でこれだけのカブトムシが丸々と成長してくれたね〜。」
と感心してしまいました。


新しいマットを入れ、水を与えて湿らしてから、
その中に順番にカブトムシの幼虫を入れていきました。

「ごめんね、糞だらけの中に放置してしまって・・。
 これからはもっと気をつけてマットを替えるようにするから
 もっともっと大きくなってね。」


★今日のテリー語録

「人間の子供同様、放っておいただけなんですが・・。」

幼虫を飼育したことがないから・・というのが一番の理由ですが、
それにしてもこんなにも放っておいたにもかかわらず
スクスクと成長してくれたことに感動してしまいました。
『生命の神秘』とは、まさにこのことですねー!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

posted by テリー at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カブトムシ飼育

2011年08月21日

カブトムシ♂、終わりました。。。

2011_08210014.JPG

8月初旬、近所の小学生からカブトムシのオスとメスを一匹ずつもらいました。
 ( カブトムシ、はじめました。(笑) をご覧ください。)

テリー家にやってきた当時は、とてもお腹が空いていたらしく
私が覗こうが、子供たちが騒ごうがお構いなしに
一心不乱に昆虫ゼリーを貪っていたカブトムシたち。

3日目以降は落ち着いたらしく、
土の中に潜ったり、羽根をバタバタさせたり、
運良く交尾のシーンをみることができたり、
気ままに過ごしていたようですが・・、
ついにオスの方が亡くなってしまいました。

ちょうどテリー家では、
亡き祖母の通夜・葬儀などでバタバタしていた頃で
ようやく家に帰ってくると、
固まった状態になっておりました。

当初の予想通り、私がほぼ世話をしていたこともあり、
わずか2週間足らずとはいえ、ちょっと寂しい感じもありました。

「おばあちゃんと一緒に逝っちゃったね〜。
 短い間だったけど、ありがとうね。」

ふつうであれば、すぐに庭に死骸を埋めるのですが、
子供たちがまだ気づいていないので、
なんとなくそのままにしておきました。


そして1週間後、ようやく次男ケイジ(5歳)が気づいたようです。(笑)

「ねえねえ、カブトムシが死んじゃったよ〜〜!!
 死んだら、土に返さなきゃいけないんだよ!!
 早くお庭に埋めに行こうよ!!」

「その通りだね。じゃあ今から埋めに行こうか。」
カブトムシの亡骸を持ったケイジとともに、庭に向かいます。

「どこに埋めようか?」とケイジに聞くと、
「じゃあ、この辺!」と彼が指さしたところは
私たちがふだん歩くところでした。。。(苦笑)

「う〜ん、ここだとみんなに踏まれちゃうから、
 一段上がったところの方がいいんじゃないかな?」

小さなシャベルで一緒に穴を掘る親子。

10pぐらい掘ったところで、ケイジにカブトムシの亡骸を入れてもらいました。
2011_08210016.JPG

「土をかけるときには、
 『カブトムシさん、ありがとう。』と言うと
 ちゃんと天国に行けるんだよ。」

私の言うことを素直に聞いていたケイジ、
「ありがとう。」を言いながらていねいに土をかけていきました。

その後、長男アキオ(8歳)と一緒にお花を摘んで、
カブトムシのお墓に供えました。
2011_08210017.JPG

こんなにきれいなお墓を作ってもらった
カブトムシもなかなかいないのではないでしょうか?

カブトムシさん、また来年もテリー家にやってきてね。


★今日のテリー語録

「カブトムシでも、男の方が短命のようです。」

オスが亡くなった後、未亡人?となったカブトムシ♀は、
気ままに昆虫ゼリーを食べたり、土の中に潜ったり、
葉っぱのところでたたずんだりと、
悠々自適の生活を送っているようにも見えます。。。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

posted by テリー at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カブトムシ飼育

2011年08月05日

カブトムシ、はじめました。(笑)


2011_08050012.JPG


夕方帰宅したところ、なぜか玄関のところにバケツが置いてあり、
その中にはカブトムシ用のゼリーやマットの袋が入っていました。

これは、2年前にカブトムシを飼ったときに
私がいろいろと買いそろえたものの残りです。

「どうしたのかな・・??」

嫁さんに聞いてみると、
今朝、近所の小学生が遊びに来て、
七尾の山に行って70匹ぐらい取れたらしくて、
みんなに配っているとのことで、
「カブトムシあげるよ。」と言われたんだそうです。

私は虫がダメだからいらないと答えたらしいのですが、
「ここ2日ほど何も食べてないから
 放っておくとすぐに死んじゃうよ。」
とまで言われ、仕方なくオスとメス1匹ずつもらうことにしたんだそうです。

 (小学生のクセに、なかなか営業のツボを押さえています。)(苦笑)


早速見せてもらうと、小さな飼育ケースにマット(土)と昆虫ゼリーが入れてあるだけです。

虫嫌いの嫁さんにしては、
がんばって飼育環境を作ってくれたのはよくわかったのですが、
「カブトムシ2匹でこのケースじゃちょっと小さすぎるのでは??」
・・と思ったので、すぐに近所のダイソーに行って、
カブトムシ飼育セットを一通り買ってきました。(^o^)

しかし、このカブトムシ、本当にお腹が空いていたようで、
特にメスの方は一心不乱にゼリーに頭を突っ込んで食べています。
メスの方のゼリーはあっという間に1個完食してありましたので、
すぐにもう1個を追加しました。

いきなりやってきたカブトムシに、子供たちも大興奮です〜!!

2年前の時は当時年長組のアキオが熱心にカブトムシを
飼育ケースから出したり、ゼリーをやったりしていました。

今回は、アキオも少しお兄ちゃんになった分だけ
もう少し世話をしてくれるかもしれません。
(まあ、ほとんど私がすることになるでしょうが・・。)

一番下のリョウタ(3歳)は、
保育園にしかいなかったはずのカブトムシを見て大興奮!!!
「カブトムシ!!、カブトム〜シ!!」と騒ぎながら
カブトムシが入ったケースを何度も揺すっています。。。

それを見て慌てて飼育ケースを取り上げるのですが、
どうしても気になるらしくて、
何度も飼育ケースを取りに行っています。


まあ、8月に入りましたから、
カブトムシもそれほど長くは生きられないでしょうが、
もうしばらくだけ、子供たちのアイドルとして
がんばってくださいね〜♪


★今日のテリー語録

「それはカブトムシさんのだよっ!!」

カブトムシが完食した昆虫ゼリーの空容器をゴミ箱に捨てたのですが、
リョウタ(3歳)がそれを拾って、何度もなめていました。。。
まあ、高タンパクですから栄養価は高いと思いますが、
お願いだから、カブトムシさんのエサをとらないでくださいね・・。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

posted by テリー at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | カブトムシ飼育

2009年07月29日

カブトムシ♪

 
   2009_07290005.JPG

先日、子供たちが通っている保育園の保護者の方に
大きなカブトムシ♂を譲ってもらいました。
 (Rちゃんのママ、どうもありがとう!)

長男(6歳)はうれしくてうれしくてしょうがない様子です。
「カブトムシが好きな○○ちゃんに見せて自慢するんだ!!」
な〜んて言っています〜♪
親から見ていても微笑ましいですね。

私 「カブトムシに名前をつけようか?
   かっこいい男の子だから、男らしい名前にしたらどうかな?」
長男「じゃあ・・・、『のび太』。」
私 「・・・もっと強そうな名前の方がいいんじゃないかな?」
長男「じゃあ・・、『クジラ』。」
私 「・・まあ、いいか。ちょっと紛らわしいような気がするけど。
    カブトムシの『クワちゃん』よりはまだマシだな。」

実は、私は幼少時代も含めてカブトムシを飼ったことがありません。
「とにかく、飼育容器や飼育環境を整えないといけないな。」
・・と思いながら訪れたのが、なぜか100円ショップのダイソー。
飼育容器、昆虫ゼリー、エサ台、飼育マット(腐葉土)、朽ち木、枯れ葉などなど
ここで全部揃っちゃうんですねー!! 本当に驚きました。

これで飼育環境は整った・・んだと思います。(自信がない・・。)

しかし、カブトムシの『クジラ』くん、ほとんど動きません。
エサもほとんど手をつけないまま、夜を迎えました。
「弱っているのかなー?」

しかし、その晩、妙にカブトムシの容器の辺りが賑やかでした。
ガサガサ・・、ガリガリ・・、ブ〜ン・・、バタバタ・・!!

私は知らなかったんですが、カブトムシって夜行性だったんですね!

翌朝5時頃に見てみると、朽ち木の位置や枯れ葉の状態もずいぶん変わり、昆虫ゼリーは空っぽで、
ちゃぶ台・・・じゃなかった、エサ台までひっくり返されていました!
肝心のカブトムシが見当たらないなー・・と思って探してみると
腐葉土の下に潜っていました。
どうやら寝ているようです。

そして日中は相変わらず、ピクリとも動きません。
「健康のためには、朝型に変えた方がいいよ。」と無意識に話しかけてしまう私。(笑)

日中あまりにも動かないせいか、子供たちも4日ぐらいで飽きてしまい、
その後はなぜか、私の方が熱心にカブトムシの世話にいそしんでおります。

以前、クワガタの飼育を趣味にしているお客様とお話ししたことがありましたが、
その時ははっきり言って「物好きな人もいるもんだ・・。」ぐらいにしか思っていませんでした。
しかし、昆虫を飼うのも意外とおもしろいですねー!!

このところ、雨続きで在宅時間が増えていることもあって、
当分は子供たちを放置したまま、『クジラ』くんの世話につきっきりになりそうです。


★今日のテリー語録

「育児というよりは、自分の子供時代をもう一度やり直しているような気がします。」

親も一緒に楽しんだ方が子供の成長にとってもいいのではないか?・・と
都合のいい理由を当て込んでいますが、自分の子供時代をやり直しているだけかも??。
実質的に4人の子供たち(当然私が含まれています・・。)の世話をしてくれる
嫁さんには、本当に頭が上がりません・・。
いつもありがとうございます。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ランキング参加中です。にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ  にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 13:40| Comment(1) | TrackBack(0) | カブトムシ飼育
Powered by さくらのブログ