2014年03月12日

震災の「悲しみの本質と被害の重み」

 

ちょうどYahooニュースを見ていたとき
気になるニュースが出ていたので、みなさまとシェアさせてください。

特に気になる部分を一部抜粋してみましたが、
震災直後にここまで震災の現実と悲しみの本質を
表現した人はいないのではないでしょうか?


 『ビートたけしが震災直後に語った「悲しみの本質と被害の重み」』 より


   よく「被災地にも笑いを」なんて言うヤツがいるけれど、
  今まさに苦しみの渦中にある人を笑いで励まそうなんてのは、
  戯れ言でしかない。
  しっかりメシが食えて、安らかに眠れる場所があって、
  人間は初めて心から笑えるんだ。
  悲しいけど、目の前に死がチラついてる時には、
  芸術や演芸なんてのはどうだっていいんだよ。


   常々オイラは考えてるんだけど、
  こういう大変な時に一番大事なのは「想像力」じゃないかって思う。
  今回の震災の死者は1万人、もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。
  テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。
  だけど、この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、
  被害者のことをまったく理解できないんだよ。


   人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。
  そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。


   一個人にとっては、他人が何万人も死ぬことよりも、
  自分の子供や身内が一人死ぬことのほうがずっと辛いし、深い傷になる。


   そう考えれば、震災被害の本当の「重み」がわかると思う。
  2万通りの死に、それぞれ身を引き裂かれる思いを感じている人たちがいて、
  その悲しみに今も耐えてるんだから。


   それでも、オイラたちは毎日やるべきことを淡々とこなすしかないんだよ。
  もう、それしかない。

 

ビートたけしが震災直後に語った「悲しみの本質と被害の重み」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140311-00000000-pseven-ent


これを最初に読んだときには、
体の震えと悲しみがすぐには止まりませんでした。

もしも、自分の家族が亡くなったり、今もまだ遺体が発見されない
・・なんてことになったら、
それこそ身を引き裂かれる思いで何年も過ごすことになるでしょう。

自分の身近な「1人が死んだ事件が2万件あった」

恥ずかしい話ですが、これが震災の現実なんだと、
今さらながらに気づかされました。

震災から3年が経ちましたが、
家族を失った被災者のみなさまにとっては、
何年経ったか?なんてことはあまり意味がないことだと思います。

少しでも被災者のみなさまのそばに寄り添えるようにしていきたいと
思いを新たにさせていただきました。

そして大切なことに気づかせてくれた
ビートたけしさんに心から感謝したいです。
ありがとうございます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90222460

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ