2014年03月08日

君がいるだけで・・。その3

 
・・・ 君がいるだけで・・。その2 の続きです。


彼女は文字通り、「一家の太陽」であり、
子供たちの成長をずっと見守りながら
心の安定剤にもなっていました。

家事だけであれば他の人でも務まるのかもしれませんが、
残念ながらこれは、子供たちの父親である私には
とても代わりが務まるものではありませんでした。

子供たちが全員男の子であるということもあるのかもしれませんが、
やっぱり母親の代わりは父親に務まるわけではないことが
あらためてはっきりとわかりました。

幸いにして嫁さんの高熱は5日ぐらいでほぼ平熱まで下がり、
今はもとの元気な笑顔が帰ってきましたが、
その5日間は本当に長く感じました。

ふだんは当たり前のように感じていましたが、
あらためて母は偉大であることがはっきりと分かりました。

それに私が仕事にがんばれるのも、
彼女が子供たちや家のケアをしっかりとしてくれて、
私の精神的なサポートをしてくれるからこそだったのです。


水や空気もそうですが、
私たちが生きていく上で一番大切なものだったり、
一番大切な存在の人であっても、
それが日常的に見えるものだと、
ついつい私たちはその存在の大切さに
無頓着になってしまうのかもしれません。

今回、嫁さんが寝込んだことで、
本当に彼女の存在の大きさやその大切さが身に染みて実感できました。

そしていつまでもいつまでも元気でいてほしいとあらためて思いました。
いつもありがとう。それとこれからもずっと愛しているよ。


    たとえばきみがいるだけで心がつよくなれること 
 
    何より大切なものをきづかせてくれたね
 

            ( 米米CLUB 「きみがいるだけで」 ) 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

 
posted by テリー at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族愛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/89653397

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ