2014年01月13日

ACミランの本田圭佑選手と、星陵イレブン。

 
DPP_0003.JPG

 
1月13日(月・祝)、早朝から大きなニュースがありました。

今年イタリアの名門クラブACミランに移籍した日本代表、
本田圭佑選手がついにセリエA第19節のサッスオーロ対ミラン戦で
デビューを飾ったのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140113-00000035-goal-socc

試合は残念ながら4−3で負けてしまいましたが、
日本人初のACミランでの背番号10番、
後半21分からの途中出場とはいえ、
ゴールポストを叩く豪快なシュートを見せるなど
大きな存在感を示してくれました。

DPP_0002.JPG
 
さて、本田選手のように大活躍しているのが、
彼の後輩に当たる星陵イレブンです。

今日の午後2時5分から行われる全国高校サッカー選手権の決勝戦、
大方の予想を覆し決勝戦を戦うのは、本田選手の母校である石川県の星陵高校と、
富山県の富山第一高校です。

本田選手が3年生でキャプテンを務めていた2004年の選手権では
(もちろんこの時も背番号は10番でした)
星陵初のベスト4になり、その後輩たちである今年のイレブンは
本田選手が高校時代に成し得なかった決勝戦の舞台に立ちました。

本田選手の時も今回も、星陵イレブンを率いるのは河崎護監督、
選手の個性を大きく伸ばすことでチームを確実に強くする名将です。
大阪出身の本田選手が星陵に来たときのエピソードを見つけましたので
よろしかったらこちらもご覧ください。
http://www.footballchannel.jp/2013/01/12/post1655/

河崎監督の絶妙なトークが素敵です。

「(決勝戦が)大変地味なカードになってすみません(笑い)。
 国立最終章が北陸ダービーなんてありえないでしょう」

「1つ心配なのはお客さんが入るかどうか」と再び会見場の笑いを誘っていた。
http://www.nikkansports.com/soccer/highschool/tournament/2013/news/f-sc-tp0-20140111-1242718.html


もうじき決勝戦が始まりますが、
星陵イレブンが初の全国一になることを祈りたいと思います。
がんばれ!!星陵!!

追記です:
すでに結果をご覧の方も多いと思いますが、
延長戦での激闘の末に3−2と富山第一が勝利し、
残念ながら星陵高は準優勝となりました。。。
それでも2−0のビハインドから劇的な逆転勝利を収めて
全国一になった富山第一高を心から祝福いたします。
富山第一イレブン、優勝おめでとうございます!!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 13:25| Comment(5) | TrackBack(0) | プライベート雑事
この記事へのコメント
本田圭佑
Posted by 本田圭佑 at 2021年06月29日 08:18
横田亜美
Posted by カブトムシ at 2021年06月29日 08:18
高幡不動尊
Posted by 砂川陽香 at 2021年06月29日 08:19
日比茂樹
Posted by 森由佳 at 2021年06月29日 08:19
中村良三
Posted by 成山裕治 at 2021年06月29日 08:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85226722

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ