2013年10月08日

新築でも住めない家。その3

 
・・・ 新築でも住めない家。その2 に続きです。


それに輪をかけて、現代の住宅はふつうに作っていても
とても気密性が高くなっています。

24時間計画換気の義務づけで多少はマシになっていますが、
断熱性能の絡みもあってそれほど急激に室内の空気が入れ替わるわけではありません。
また間取りや吸気口の位置によってはほとんど入れ替わらないケースもよくあります。

さらに気温が上昇すればするほど、
建材の内部からどんどん揮発性有機化合物が揮発していきますので
簡単になくなるものでもないのです。

新築の木造住宅からする「新築のニオイ」は決して木の匂いではありません。

建材に使われる接着剤や塗料などから放出される人工的な化学物質のニオイです。
そうはいってもふだんの生活で木に触れ合うことの少ない人にとっては
なかなか見分けがつかないことも事実でしょう。
そしてどんなに性能のいい家であっても、
家族が住めないような家では何の意味もありません。

一番簡単な見分け方として、モデル住宅の玄関を開けた瞬間に
人工的なニオイがして気分が悪くなったり、
目がチカチカしたりする場合は、
シックハウスを疑いながら見学することで
判断がつきやすくなると思います。

家族が安心して住めるような、
安全な空気環境の家を探し求めてくださいね。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。     

posted by テリー at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シックハウス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77707963

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ