2012年12月13日

11月1日(木)の放送内容

 


 
これから寒い冬を迎えるにあたって、
暖房器具の用意をしているご家庭が多いかと思います。

いざ買い替えようとすると、(あるいは家を新築しようとすると、)
様々な暖房器具があって、どれを選べばいいのか迷うケースも多いでしょう。

そこで、住宅設備だけでなく、
家庭で気軽に買い替えられるストーブや電化製品も含めて
暖房器具のメリット・デメリット、どんなケースに向いているか?
・・を、今週から2回に渡ってお話します。

今週は、「暖房器具いろいろ。住宅設備偏」です。


1. エアコン

比較的温暖な地域(関東地方・中部地方・北陸地方・関西地方以西)で
一番使われている暖房器具かもしれませんね。

メリットは、省エネ性と即暖性です。
スイッチを入れると数分で暖かい風が出てきて部屋を暖めてくれます。
また、最近のエアコンであれば、作り出す熱量に対してのコストは意外と低いです。
広い部屋を全般的に暖めるのに適しています。(吹き抜けを除く)

一方デメリットは、
エアコンの設置位置の関係から床に近い部分はなかなか暖まりにくく
部屋の中でも温度差ができること。
また、部屋が過乾燥になりやすいので
のどを痛めたり、インフルエンザになりやすくなる傾向があります。

それとこれは仕組み上、仕方がないのですが、
外気温が氷点下になるとどうしても室外機に霜がつきやすくなり
霜取り運転をしながらの暖房運転となると、暖房効率が落ちてしまうのです。

そうはいっても温暖な地域では十分にメイン暖房としての役割を果たしてくれますし、
新たに暖房器具を用意する必要がないので一番お手軽な暖房器具とも言えますね。


2. 床暖房

現在は床暖房といえば、ヒートポンプやガスを使った温水式床暖房。
ヒートポンプ式温水床暖房は熱源は電気ですが、エコキュートと同じヒートポンプを使って
温水(不凍液)を作り、その温水をフローリングの下に循環させることで部屋を暖めます。

メリットは、温水による輻射熱で床下から部屋を暖めるため、
体にも優しく部屋全体を均一でしかもクリーンに暖めること。
足下から暖めることからほぼ理想的な暖房となります。
また室内空間に暖房器具が設置されることがないので
究極の省スペース暖房ということになります。

一方、デメリットは導入時に100万円前後のコストがかかるということと、
床暖房がしてある部屋とない部屋では床の温度差がどうしても発生するため
かえって寒さを感じやすくなるケースが出てくることです。


3. 蓄熱暖房機

一番大きな8kWクラスでも、40万円前後で設置できることが多いので
住宅設備の暖房器具としては安い方かと思います。

蓄熱暖房機のメリットは、基本的に温風をほとんど出さずに輻射熱によって床や壁を暖めるので、
体にあまり負担を掛けずに日だまりのような暖かさを実感できることです。

デメリットですが、、、実はけっこうあります。
まず、場所をとること。7kWクラスになると、横幅だけで1.5m程度になり、
さらにクリアランスとして左右に15p程度必要になるので、
かなりのスペースを必要とします。

コンパクトな家でエアコン暖房が嫌いなお宅や、無垢のフローリングを使われるご家庭、
さらに日中は基本的に不在の家であれば、導入してもいいかと思います。


今日も最後まで聴いていただき、ありがとうございました。

ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60747205

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ