2012年05月06日

新しい時代の幕開けへ。【国内全ての原発停止】1/2

 

5月5日深夜、北海道電力の泊原発が定期検査のために運転を停止し、
ついに42年ぶりに国内の原発が全て停止しました。

これから電力需要が増える夏に向けて
「原発を再稼働すべきだ!」
「万一のことを考えれば、脱原発を目指すべきだ!」
と2つの意見が今後もぶつかり合うことでしょう。

私自身は、原発の安全性だけでなく、
放射性廃棄物の最終処分という負の遺産を
次の世代に積み上げていく原発の存在には、
元々、疑問を持っていましたので
将来的には原発を全てなくすべきだと思っております。

そうはいっても現時点では電力供給が不安定なことを考えると
おそらく、、いくつかは再稼働するのかもしれませんね・・。

いずれにせよ今年は、
日本のエネルギー政策が問われている難しい時期なのだと思います。


しかしその反面、新たな動きも出てきました。

各地方自治体、あるいは民間企業の中から
再生可能エネルギーを積極的に開発・実用化する方法が開発されていっています。

住宅の屋根にも載せられている太陽光発電以外にも
風力発電、地熱発電、天然ガス発電、バイオマス発電、小型水力発電など
多種多様な発電方式が出てきました。

これらの一つ一つの発電能力は、とても原発1基分にもほど遠いのですが、
蓄電池との組み合わせや小さな集落の電力を賄うには
十分な発電能力を持っているものも出てきました。

特に自治体レベルでは、地域の特性を見直すことで
「豊かな水力が垂れ流しになっている」(富山県黒部市)とか、
「天然ガスの埋蔵量が相当ある」(新潟県新潟市)
「温泉資源による地熱の利用ができるかも・・」など、
それぞれの地域の特性を見直し、私たちが今まで見逃していた
“豊かな資源”を見出す動きが
全国の自治体で行われていることがとっても素敵です。(^o^)


考えてみれば、以前の発電のイメージは
遠くの大きな発電所から多少の送電ロスを覚悟の上で
どんどん電気を送り届けるイメージでした。

しかし、送電のロスは意外とバカにならないので
(およそ5%、そのほとんどが遠隔地である原発関連だそうです。)
なるべくなら電気を使う地域と電気を作る地域は
可能な限り近い方が送電効率が上がります。


・・・ 新しい時代の幕開けへ。【国内全ての原発停止】2/2 に続く。


★今日のテリー語録

「電力会社の独占事業ではなくなる日が近づいています。」

今までは全ての電力事業は、電力会社の独占でした。
しかし今後は、一般家庭・企業・自治体など
大小さまざまな規模で発電がなされることによって
電力の安定供給が賄われていくようになっていきます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55691044

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ