2012年04月03日

春の爆弾低気圧、日本列島を暴れ回る!!


今回、突然急成長した爆弾低気圧、本当にすごかったですねー!!

みなさん、無事に帰宅できたでしょうか?

私は車で仕事に出かけていたので、
夕方いつも通りに帰宅することができましたが、
国道の電光掲示板では、北陸自動車道の一部区間通行止めが表示されたり、
石川県の小松市では配送用のトラックが横転するなど
たいへんな状況になっておりました。


  今回の爆弾低気圧とは、、、

  高緯度を強く吹く偏西風「寒帯前線ジェット気流」が
  日本海付近で南に蛇行して寒気が張り出す一方、南から暖気が流れ込んだ。
  2日夜の石川県輪島市上空の気温は、高層(約5500メートル)で
  平年より約8度も低い氷点下30度。
  一方、下層(約1500メートル)では平年より約6度高い6度となっており、
  低気圧はこうした温度差をエネルギーに変えて急速に発達した。

            ( Yahooニュース より引用しました。)


私のお客様からも強風が吹き始めたお昼頃から徐々に被害が報告されました。

別棟の壁に張ったトタン板が吹き飛んだN様、
雨樋の一部が外れてしまったY様、

幸いにして私がかかわっているお客様の
仮設足場はすでに撤去されていたので
それだけでも安心材料でしたが、
知り合いの大工さんからは、
「倉庫のトタン屋根が吹っ飛んでいるところがあったよ!」
「飛んでくる植木鉢や合板を除けながら走ってきたんだよ!」
という言葉まで聞こえてきました。

「スゴイことになったな・・。」


しかし、よくよく考えてみれば、
他人の心配をしている場合ではありませんでした。

テリー家の車庫の壁は波板を貼っただけの簡素な造りで、
しかも今年の大雪で壁の一部には、
10センチぐらいの穴が空いていました。

波板を止めていた釘も錆びてあまり効いていなかったこともあり、
ちょっとした風が吹く度にバタバタ・・と音を立てていたほどです。

そこで家に帰ってくるとすぐに車庫の波板を確認すると、、、
穴は若干大きくなったものの、
シャッターを閉めていたことが抵抗になっていたらしく
幸いにして波板はちゃんと壁に留まったままでした。

「よかった〜〜!!
 神様、本当にありがとうございます!」


夜7時頃がだいたいピークだったようで
玄関ポーチの植木鉢が転がったりしたものの
特に被害もなくすんだようです。

しかし、明日のお昼近くまでは強風が続きそうですから、
みなさま、外出されるときはくれぐれも気をつけてくださいね。

それと、ご自宅に破損しかかっているものがあっても、
強風が収まるまでは決して近づかないようにしてください。

外そうとした瞬間、あるいは固定しようとした瞬間に
強風で思わぬ方向に動いた際に大ケガをする可能性があるからです。

とにかく風が収まるのをじっと待っていてくださいね。


★今日のテリー語録

「自然に逆らってはいけません。」

このような強風の時は、多くの動物がそうであるように
ジッとして通り過ぎるのを待つのが一番の得策だと思います。
動けば動くほどリスクは大きくなりますから、
キャンセルできるものはキャンセルした方がよろしいかと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 防犯対策
この記事へのコメント
ただいま・・こっちが強風です。在来線などがとまって・・一日混乱必死ですね
Posted by やまちゃん at 2012年04月04日 07:53
やまちゃん様、
先日もありがとうございました。

ところで、お体は大丈夫でしたか?
こちらも今日の昼頃まで強風が続いており、
昨日のトラウマもあってちょっと怖かったのですが、
無事に収まってよかったです。

またコメントくださいね。
ありがとうございました。
Posted by テリー at 2012年04月04日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54793602

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ