2012年03月20日

キッチンにはゴミ箱スペースを忘れずに!

 
2011_07240062.JPG

 

どこの家でも、主婦は本当にたいへんです。

仕事を終えてから子供を迎えに行き、
スーパーで買い物をしてからようやく家に辿り着きます。

それから夕食の用意をするわけですが、
食材の梱包はたいていがラップでくるんであったり、
ビニール袋が使われていたり、
発砲スチロールの食品トレイが使われているんですよね・・。

主婦を悩ませるものの一つが、ゴミの分別作業です。

特にリサイクルに出す資源ゴミは種類が多く、
しかも全て水洗いが基本ですから、
後からまとめてやろうとすると、本当にたいへん!!
(ご主人、一度やってみますか??)(^_^;)

やはり、ふだんの料理の際に出る資源ゴミは、
梱包を開いて食材を使うときに一緒に水洗いをし、
そのまま分別ゴミ箱に収める方が能率的ですよね。


ところが住宅新築のプランニングをする際、
キッチンの中にゴミ箱の類を一切考慮しないケースが時折見受けられます。

これは特に男性の設計士に多いミスなのですが、
女性設計士の場合であっても、「お客様が特に要望を出さなかったから」
・・と、そのまま見過ごしてしまうこともあるそうです。

お客様の方も、プロに頼んだという安心感と、
とにかく収納をたくさん設けたいという思いが強すぎて
うっかりゴミ箱のことを忘れてしまうようです。


そんなわけで、私がプランニングに立ち会う際には、
必ずキッチンの中に、分別ゴミ箱を置くスペースをお話しします。

お客様の方も、分別ゴミの話を出すと、
「あっ、そういえばゴミ箱を置くスペースは必要ですよね。」
とちゃんと気づいてくれます。

キッチンメーカーのオプションカタログの中にも
ローラーのついた素敵な分別ゴミ箱が載っていますが、
ゴミ箱ごときに数万円のお金を払わなくとも、
その分のスペースさえ空けておけば、
ホームセンターに売られているもので十分に賄えます。

キッチンとしての美観というか一体感を重視するなら
キッチンメーカーのオプションでも構いませんが、
ゴミの分別方法(分別する種類)は、年を追うごとにどんどん変わっていきますので
後から融通が利くようにホームセンターで売られているものを使う方が
かえって長く便利に使えると思います。

いずれにせよ、資源ゴミのスペースだけは、
ちゃんとキッチンの中に作ってくださいね。


★今日のテリー語録

「捨てるときのことも考えておきましょう。」

たとえ捨てにくい物でも、家電製品のように
生活に必要不可欠だったり長く使える物ならいいのですが、
捨てるに捨てられない引出物や、わけのわからないノベルティグッズなんかは
本当に処分に困ります。。。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

posted by テリー at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54547729

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ