2011年11月22日

40代からのカブトムシ幼虫飼育 その4


rps20111122_221651.jpg


ずいぶんと寒くなってきましたが、
みなさまお風邪など引いていないでしょうか?。


私の方も、「子供たちは寒さに凍えていないだろうか・・?」と、
ここ2週間ほどはカブトムシの幼虫の世話にかかりっきりでした。(^_^;)

最初に幼虫4匹が入っている飼育ケース(中)のマットを
バケツの中にあけてみると、、、
飼育ケースのだいたい真ん中ぐらいにミニミニ幼虫、
底の方にはマンモス幼虫が3匹がいました。

予想通りわずか1週間でも、
ケースの下半分は糞だらけになっておりました。。。

rps20111122_221409.jpg

ついでなので、先日ホームセンターで購入した
園芸用のふるいを使って、
幼虫の糞を取り除いていきました。

次に6匹が入った飼育ケース(大)の方も
ふるいを使って糞を取り除くことにしましたが、
こちらは約2週間ぶりということもあり、
本当にケースの下半分には糞がいっぱいでした。。。

試しに幼虫の体重を量ってみると、
15〜22gと多少のバラツキがありましたが、
以前に見たときよりは確実に大きくなっておりました。

まあそれなりに順調のようです。

rps20111122_221442.jpg

さて、私が特に心配していたのは、
10匹の中で極端に小さな幼虫くんです。
11月13日に計ったときには
なんと、わずか1gしかありませんでした。(T_T)

そのミニミニ幼虫も今回の計測では
2gとおよそ倍に成長していました。
来週にはその倍になっているかな・・?と一瞬思いましたが
さすがにそんなに都合よくはいかないでしょう。(笑)

rps20111122_221540.jpg
そんなミニミニ幼虫を何とか少しでも大きく育てたい!!
と思った私は、意を決してミニミニ幼虫だけを
暖かいリビングの中に置くことにしました。

長男アキオの小さな飼育ケースを無断で借りて、、、
(とんでもない親ですね〜・・。)
その中にミニミニ幼虫を入れて、
リビングに持ってきました。

人がいるときに限れば、室温は20℃前後に保たれているので
玄関に置いたケースよりは、きっと成長が早いはずです。

次にエサの交換をするのはおよそ3週間後の予定です。
「その時までに大きくなっていてね。」


★今日のテリー語録

「なぜか弱い方を大事にしてしまうんですよね〜。」

ふつうは強い者や大きい者を大事にして
より強く大きくしようと思うらしいのですが、、、
私の場合は、どうしても小さな方や弱い方を応援したくなるのです。
“自分”と重ねてしまうせいでしょうか・・?(苦笑)

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

posted by テリー at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カブトムシ飼育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50819061

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ