2011年11月08日

FPフォーラムの住宅相談 1/3


先週末に行われた、「FPフォーラム in いしかわ」。

午後からは一般向けの講演も行われましたが、
私は同時開催の無料相談会の会場におりました。

今回は3組の相談を受けることになりました。


まず1組目は、30代のご夫婦の相談でした。

「建てたい土地は決まっているのですが、住宅会社までは決まっていないので
 まずローンを組んで土地を押さえた方がいいのか、
 それとも住宅建築の時期まで土地購入を待った方がいいのでしょうか?」

ある程度の住宅資金をお持ちのようでしたが、
現在考えている土地の価格までは届かないようでした。

午前中の青木先生の研修を意識しながら、
このご夫婦に様々な質問を投げかけてみました。

夫婦ともに、その土地がいいと思っているのであれば、
とりあえず押さえた方がいいと思ったのですが、
どうやら奥様の方はそれほどその土地に固執しているわけでもなさそうです。

また住宅会社の方は全く見て歩いていないとのことでしたので
どうやらご自身の「理想とする家」そのもののイメージも
まだ漠然としている様子も見て取れました。

しかし、受け答えなどを聴いていると、、、
とても堅実でしっかりしたお考えをお持ちであることも分かってきたので
次のようにアドバイスさせていただきました。

「今考えている土地が自分たちの理想の土地だと思えるのであれば
 ローンを使ってでもその土地を購入すればいいのですが、
 それほどのことでもないようなら、住宅を見て歩きながら
 あらためて土地を探してみるのもいいでしょう。
 きっと理想とする土地が見つかりますよ。」(^o^)

ものごとにはそれに適したタイミングがあります。
それは単純にその人の年齢や年収、子供の年齢などで自動的に出るものではありません。
周囲の応援も含めて、様々なことがスムーズに流れ出すタイミングが来るのです。
私は勝手に、「『神様の助け』を借りやすくなるタイミング」と呼んでいますが、
住宅を見て歩きながら、そのタイミングを待つのも良さそうな気がしました。

このご夫婦の場合、ご主人は明らかに「買いたい!」モードでしたが、
奥様とその親御さんが軽くブレーキをかけているようにも見えました。
まあ、その土地に固執する必要もないですし、
奥様の言葉が一番真実を伝えているように見えました。

「その土地もいいけれど、万一売れたとしたらその土地には縁がなかったわけですし、
 すぐに別のところで、『理想の土地』が現れると思うんです。」

私もそう思います。(^o^)


・・・ FPフォーラムの住宅相談 2/3 に続く。


★今日のテリー語録

「神様のタイミング」

一生懸命にやっているのに、なかなか結果が出ない、あるいは前に進まないとき、
ひょっとしたら、神様が一番うまくいくタイミングを計っているのかもしれません。
あせらずに、そしてあきらめずに地道に続けていきましょう。
必ず「神様の助け」が最高のタイミングでやってきますよ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

posted by テリー at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅カウンセリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50059279
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ