2011年08月20日

祖母から学んだこと。(お年寄りと同居する方へ・・) その3

 
・・・ 祖母から学んだこと。(お年寄りと同居する方へ・・) その2 の続きです。


4.骨粗鬆症対策

ようやく骨もくっつき退院した祖母でしたが、
家の中の段差はそのままですし、骨粗鬆症が進んでいたので
いつつまずいて骨折するかわかりません。

とにかく少しでも骨折のリスクを避けるために、
毎日のようにカルシウムウエハースを食べていました。

「こんなもの、気休めに過ぎないのでは??」と思っていたのですが、
食べ始めてから1ヶ月もすると、あれほど丸くなっていた背骨が少し伸びていました。
牛乳嫌いの高齢者であっても、ウエハースであれば
口当たりも優しくて食べやすいですし、効果は確実です。

おやつ代わりにお茶と一緒に食べるのもよし、
毎食の食事の後にデザートとして食べるのもいいでしょう。

とにかく、一日の生活の中に織り込むことで、
日々抜けていくカルシウムを補填していくことで
万一の転倒などの際でも、軽傷で済む可能性が高まります。

骨折 → 長期入院 → 痴呆 → 介護者の負担増
という流れにならないよう、特に女性はなるべく若いうちから
意識してカルシウムを取るようにしてください。


5.洋式トイレ

これも昔からずっと和式に慣れたご年配の方だと
心理的な抵抗が高いようですが、
トイレは慣れの問題の方が大きいので
「最近、腰が痛くて・・。」とか、
「立ち上がるときがつらくて・・。」
という言葉が出たときには、洋式トイレに交換するタイミングと考え
早めに洋式トイレに改修してしまいましょう。

洋式トイレの横には伝え歩きができるものがあれば、なおいいのですが、
それがなくても、立ち上がるときにつかまることのできる
たて手すりが1本あるだけでも十分かと思います。

車いすが入れるほどのスペースが必要か?と聞かれることもあるのですが、
足の不自由な若い人と違い、お年寄りが車いすになったとき、
もはや家での介護はあきらめた方がいいかと思います。
(腕力なども足腰以上に衰えているため、お年寄りを支えきれないでしょう。)


6.痴呆が進むと・・・。

最初はちょっとした物忘れが多くなった・・という感じですが、
食事をしたことを忘れたり、腐っているものでも平気で食べたり、
そして、足腰の丈夫な人だと、そのまま昼夜を問わず外出していきます。
(ふつうは徘徊と呼ばれますが・・。)

もっとも自宅の場所を忘れていることも多いので、
放っておいてもなかなか帰ってこれない可能性が高くなります。

そうなると、事故や事件に巻き込まれる可能性も出てきますので
自宅での介護はかなり難しくなってきます。
これにご家族の介護疲れなども重なると、
介護施設への入所も視野に入れることになるかと思います。

これらはすべて私の祖母の例ですが、
介護の可能性がある方にはきっと参考になるかと思います。


★今日のテリー語録

「介護する側も、介護される側も・・。」

介護する側は、「今まで世話になったのだから、恩返しできて幸せ〜♪」、
介護される側は、「身の回りの世話をしてくれてありがとう!」
お互いに、「ありがとう!」という言葉を掛け合いながら
感謝の気持ちでできるといいですね〜。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。   

posted by テリー at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バリアフリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47456301

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ