2011年03月23日

いつも通りの生活が被災地を救う。 その3

 
・・・ いつも通りの生活が被災地を救う。 その2 の続きです。


ちょっと気になるのが、日本全国に蔓延する「自粛ムード」です。

被災地の窮状を考えると、
「とても自分たちだけが楽しむことなんてできない・・。」とか、
「被災地の人たちがこんなに困っているのに・・。」と
常日頃から心優しい人や共感能力の高い人ほど、
楽しみごとを自粛する傾向が強いようですが、
自粛ムードは、全ての行動にブレーキをかけてしまいます。

楽しみのための外出や買い物を控えたり、イベントへの参加を控えたり
無意識にお金を使うことに罪悪感を感じて、制限してしまうことになるのです。

でも・・・、よく考えてみてください。

もし、みなさんが家に閉じこもってお金を使わなかったら、
そのお金で生計を立てている人たちの生活を直撃してしまいます。

被災地の人たちのために義援金を送ってあげたいと思っても、
自分の生活までも苦しくなってきたら、とてもそれどころではないでしょう。
お金やモノの流通が滞ってくると、、、
2次災害的に不景気の波が日本全国に襲ってきてしまいます。

むしろ、お金をどんどん流通させていった方が
被災地へも必要なお金や物資が届きやすくなります。

もちろん、被災地に必要な電力や流通を逼迫(ひっぱく)させてまで
巨大なイベント事を行うわけにはいきませんが、
開催時間を短縮したり、東日本エリアに電力負荷をかけにくい西日本での開催によって
イベントを行うことは決して妨げる必要はないと思います。

もちろん、被災地の窮状を何とかしたいと考えている人の方が
圧倒的に多いのですから、むしろこれらのイベント事を
積極的にチャリティーイベントとして利用することを考えていく方が
はるかにみんなのためになります。


今回の震災の復興は、最終的には年単位になるでしょう。

規模も範囲も小さかった能登半島の震災の時ですら
インフラの完全な復興までは何年もかかったぐらいなんです。

長い長い復興までの間、ずっと自粛、自粛・・で進んでいったら
それこそ震災のために日本経済が回復不能になってしまいます。

経済に活力のない国には、海外からも人が訪れることはありません。
当然、観光産業もダメになり、海外からの投資も加速度的に減って
さらなる不景気になって、被災地の復興が遅れることになってしまいます。

しかしその反対に、「日本は元気と活力のある国だ!!」となれば
人、お金、モノ、サービスなど様々なものが、世界中から集まるのです。

私たちの国を速やかに再建させるために
ついつい下を向きたくなる今だからこそ、
様々なイベント事を行って、自粛ムードを吹き飛ばしていきませんか?


★今日のテリー語録

「全ては活力こそが、復興のカギになるのです!」

困難に立ち向かうためには、大きなエネルギーが必要です。
不安や恐れを持ったままでは、前向きな行動は生まれにくいでしょう。
ぜひともふだんの生活を充実させながら、
被災地への復興を続けていきましょう。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 東日本大震災
この記事へのコメント
自粛ムードもそうですね。ただ被災者心情をかんがえてのCMや番組はしかたないかもしれません。ほかの地域での番組はわかりませんが、宮城県では今でも行方不明者を探す人々の映像が民放でも放映されていますので・・。
ただ、震災復興への機動力は被災していない地域での経済活性化は確かなので、そういう意味での盛り上げがほしいと考えています。
残念でならないのは、被災した東北より支店などを撤退する会社があることです。しかも食品メーカーなど・・・安全や採算での経営視点ではしょうがないかもしれませんが、雇用や様々な面において後ろ向き的対応には残念です。
Posted by やまちゃん at 2011年03月24日 04:18
やまちゃん様、おはようございます。
共感していただき、ありがとうございます。

私たち後方からサポートする側が、下を向いていては
決して支援活動も進んでいかないだろうと思っていたので
このような記事を書かせていただきました。

> 残念でならないのは、被災した東北より支店などを撤退する会社があることです。

過去の神戸の大震災や能登半島地震の時にも同様のことが起こり、
インフラが復興・整備されたにもかかわらず、企業は撤退してしまい、
その後の経済活動が縮小していった様子を聞いたので
なおのことそう思います。

年単位の継続的な支援だけでなく、産業を育てることこそ続けていきたいですね。

コメントいただき、ありがとうございました!
Posted by テリー at 2011年03月24日 06:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43969330

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ