2011年03月15日

東京電力、がんばれ!!


    東日本大震災で被災された方々へ
    心よりお悔やみを申し上げます。


みなさんもご存知の通り、
東日本大震災により被害を受けた東京電力の福島第一原子力発電所では、
原子炉が空焚き状態になって、放射能が大量に放出されるのを防ぐために、
考えられる様々な方策がとられています。

原子炉内の圧力を下げるために弁を開けたり、
格納容器内に海水を注入して、
燃料棒を100℃以下まで冷却する作業を行っています。

作業中には、1号機と3号機が水素爆発を起こして
一番外側の建屋の屋根が吹っ飛んでしまい、
2号機の方も、海水を注入しての冷却が進んでいないことがわかり
燃料棒が全て露出している可能性も示唆されております。

日本の原子力産業史上、初めてのことが次々と起こって
情報が入る度に、さらなる不安に駆られるのもやむを得ないことだと思います。


私が元々、職人だったせいでしょうか・・?
ついつい福島第一原発で、実際に海水の注入作業を行っている
現場の作業員の方々のことを考えてしまいます。。。

原子炉内の圧力を下げるために、微量とはいえ、放射能を含んだ空気を放出したり、
原子炉内に海水を注入したり(原子炉は二度と使えなくなります。)、
今まで経験したことのない作業をしています。

たいへん危険な作業です。
余震が起こっている中での作業です。

  次に水素爆発が起これば、自分が吹っ飛ぶかもしれません。
  放射能がわずかでも放出されれば、一番近いところにいる
  自分たちが真っ先に被爆してしまいます。

極度の疲れと、何が起こるかわからないという緊張の中での作業です。

放射能の大量放出という最悪の事態を避けるために、
不眠不休で作業と監視を続けている方々には
本当に感謝の念でいっぱいになります。


現地にいる東京電力のみなさん、
そして自衛隊のみなさん、
本当にありがとうございます。

みなさんが無事に作業を続けられること、
そして、福島原発が安全な状況になることを信じています!!

日本を救うためにがんばっているみなさんを心から応援しています!!

「東京電力のみなさん、がんばれ!!
 自衛隊のみなさん、がんばれ!!」


★今日のテリー語録

「全世界が、日本の事故への対応を見守っています。」

世界一の技術と安全基準を持つ日本なら
どんな困難な状況であっても、「必ずやり遂げてくれる!」と
信じながら見守ってくれています。
「絶対、大丈夫!」という気持ちで、見守ってあげてください。
 
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 06:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 東日本大震災
この記事へのコメント
なかです。
地震から5日たち、私の住む川口市もやや落ち着きました。

といっても余震は続いています。
計画停電もいつ始まるのか予測がつきにくくお店は閉店している状況。
コンビニにはパンひとつ売っていません。
ガソリンはあとわずか・・
そんな状況ですが職人さんもお客さんに迷惑がかからないようにと必死で動いています。

がんばって乗り切ろうと思います。
Posted by なか at 2011年03月15日 12:19
なか様、こんばんは!

こちらにも首都圏の状況は伝わってきていますが、
食料や乾電池、懐中電灯などが全く店頭にないと聞いております。

親類や親しい友人が首都圏にいる者は、
こちらで様々な商品を購入して、
首都圏に送っているようですが、
特に地震の影響がなかったこちらでも、品薄状態のようです。

これらの状況も一時的なことと信じたいですね。
たいへんな状況だと思いますが、
がんばって乗り切ってくださいね。

たいへんな状況でコメントをいただき、
たいへん恐縮しております。
ありがとうございました!!
Posted by テリー at 2011年03月15日 19:25
たしかに現地にいる人ががんばれですが・・・昨今の会見からして・・・会社体質はとても信用なりません。
こういう点での状況での困難さは原子力専攻していた友人より、よく聞かされており、少しは知っています。そういう意味で
現場の頑張りは応援しますが・・・

そちらでも品薄ですか・・・来週あたりに帰省して仕入れようかとかんがえていましたが・・・
Posted by やまちゃん at 2011年03月15日 22:44
やまちゃん様、ご無事で何よりです。

> 現場の頑張りは応援しますが・・・

共感していただき、ありがとうございます。
危険と隣り合わせ・・というよりも、危険の真っ只中での作業になりますが、
彼らを信じて見守っていきたいと思います。

> 来週あたりに帰省して仕入れようかとかんがえていましたが・・・

首都圏に比べればずっとマシですよ。
「お一人様○○個まで」という制限があったりする程度ですから。(^o^)
お店を回れば、ある程度のものは手に入るかと思います。

コメントをいただけたことに、本当に感謝しております。
ありがとうございました。
Posted by テリー at 2011年03月16日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43838619

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ