2011年03月14日

私たちにできること。【東日本大震災】

 

東日本大震災で被災された方々へ
心よりお悔やみを申し上げます。


地震が起きてから今日で3日になります。

「今回地震の被害を免れた私たちにできることは何だろうか・・?」
そんなことをこのところ考えています。


今回の地震で、文字通り「九死に一生を得た」被災者のみなさんは
たいへんな状況の中にいます。

ガスや水道はもちろん、電力も止まり、灯油もなく
トイレもない地域があります。
寒さと不安で凍えそうな思いをしながら過ごされているかと思います。

そして、今現在も災害救助の専門のみなさんが
懸命に救助活動を行い、救援物資の輸送を行っている最中です。


そんな状況では、私個人ができることは何もないような気もしますが、
今いる状況の中でも、少しでもできることをしていきたいと思いました。


1. 電気の節電。

特にピーク時となる夕方の電力消費を抑え、
それを少しだけ前倒しにすることで、
ピーク時間の消費電力量を減らすことはできそうです。


2. 携帯電話の使用を必要最小限にとどめる。

安否確認のために被災地への電話を繰り返すと
回線がパンクしてしまい、かえって被災地での大切な通話が
できなくなる恐れがあります。

必要最小限にとどめておきましょう。


3. チェーンメールの転送を止める。

私のところにも、コスモ石油や関西電力のチェーンメールが届きましたが、
私のところで止めておきました。

これも電話と同じで、あまりに大量のメールが転送されると、
サーバーがダウンしてしまい、大切なメールがすぐに送れなくなる恐れがあります。


4. 救援物資などは少しずつまとめておく

ある程度輸送の手段が整うまで、現地に送るのは止めておきましょう。
いきなり送りつけても、現地に届けられずに
途中で廃棄されることもあるそうです。
どちらかといえば、行政や報道機関などを通じて募金をする方が、
被災地にとっては役立つことも多そうです。


5. ボランティアもいきなり行かない

すでに陸上の道路は至るところで封鎖されているので
途中で足止めを食って、かえってその封鎖場所付近の邪魔になることが多いようです。


特に最初の2週間はどうしようもないでしょう。

陸路の確保と、人命救助が最優先なので、
ボランティアのことまでかまっている余裕などありません。

また素人であるボランティアのみなさんができることは
むしろ瓦礫をどかすことなどが主な業務になると思いますので
それらをするのは1ヶ月以上後と思っていてよろしいかと思います。


★今日のテリー語録

「大丈夫です。みなさんが活躍できるときは必ず来ます!」

今は報道情報などを注目しながら、然るべき時のために
体力を蓄え、準備を進めておいた方がいいかと思います。
必ずみなさんの活躍できるときは来ますから、
それまで待っていてください。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43833956

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ