2011年02月06日

FP継続教育研修が行われました。


昨日は、日本FP協会石川支部の第4回継続教育研修がありました。


私たちファイナンシャル・プランナーは、
日々変わっていく社会情勢に対応していくために
常に新しい知識や教養を吸収しながら勉強し続ける必要があります。

そのためのしくみとして、上級資格のCFPの場合は
2年間ごとの資格更新があり、次回の更新期間の間に30単位以上を取得する義務があります。

そのため、FP協会石川支部では、
年に4回の継続教育研修(1回で2単位)を実施しております。


平成22年度4回目は、
朝日新聞出版 新書編集長 首藤由之(しゅとうよしゆき)氏を迎えて、
(全くの偶然ですが、研修のあった2月5日付で「編集長」に就任したそうです。)

「実務に活かす企画力、提案力の磨き方〜原稿執筆、書籍出版の準備と実践〜 」
というテーマで講演していただきました。

首藤先生は、出版業界という多忙な業界に身を置きながら、
社会保険労務士の資格を取得したり、
ファイナンシャル・プランナーの上級資格CFPを取得したり、
様々なマネー関連の記事を担当した上に、
ついには、自分の本まで出したすごい方なんです!!

          


元々、書籍の商業出版にも大いに興味を持っていた私が
これまた偶然にも、この回の司会を務めることになり、
講演開始前の貴重なお時間の中で、首藤先生ともお話することができました。
(首藤先生、ありがとうございます!!)

講義の内容も、通常のFP向けの講座と異なり、
インプットばかりについつい目が行きがちなFPやビジネスマンが多い中、
実際に書籍を出版することだけでなく、アウトプットの重要性にも
新たな視点を発見できるいい機会だったような気がします。

首藤先生の講義の中で一番響いたのは、
「継続は力なり。」と、
「必ず、道は開ける!」でした。
(基本的すぎて、拍子抜けした人には申し訳ないのですが・・。)


私が毎日していることといえば、

1. 毎朝早起きをして、(だいたい4時半〜5時起きです。)
2. 洗濯機を回し、(笑)
3. ブログを書いています。
これだけは、本当によく続いているなあ・・と自分でも感心します。


でも、好きなテーマで好きなように書いているだけなので
なんとなく続いているんですよね〜。

やっぱり好きなことを続けながら、同時にそれを発信していくことが
あらためて大切なのではないでしょうか?

今の私にとっては、単位を取るだけでなく、非常に意義の深い講演でした。
それと、首藤先生自身もとても腰の低くて、好感度の高い人だったのも、印象的でした。

首藤先生、
大切なことをあらためて教えてくださり、
本当にありがとうございました!!


★今日のテリー語録

「だれでも、専門家になれるんです。」

みなさんも、「これをやっているときが一番夢中になれる」ことや、
「時間の経つのも忘れてしまう」ことがきっとあると思います。
別の著者の方がいっていました。
「だれでも、本の1冊ぐらいは必ずかけるはず!!」
 (私もそう思います。)
勇気を持って、自分の知っていることを発信してみませんか?


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

この記事へのコメント
本当に意義の深い講演でしたね!
私も本まではいかなくても、伝えたいことを書いてみようかと思っています。
講義で、その流れがわかり、良かったです。
テリーさんも本を書こうと思っていらっしゃるのですね!
このブログがあるのだから、すぐ書けそうな気がします。
楽しみにしています!
Posted by すがちゃん at 2011年02月09日 12:28
すがちゃん様、こんばんは!

> 私も本まではいかなくても、伝えたいことを書いてみようかと思っています。
> 講義で、その流れがわかり、良かったです。

素敵ですね〜!!
私も本を書いてみたいな・・と思った
最初の動機は、すがちゃん様と同じで
「世の人たちに伝えたい!」という思いからでした。

すがちゃん様なら、きっと素敵な本がかけると思いますよ。

お互いにがんばっていきましょうね。

元気の沸くコメントをいただき、
ありがとうございました!!
Posted by テリー at 2011年02月09日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43271109

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ