2010年09月14日

自己資金がなくても、家は建つのですか? その1


このところの住宅減税やエコポイントのおかげでしょうか?
昨年に比べると、住宅業界も活況を催しているようです。
(・・というか、それぐらい昨年の落ち込みがひどかっただけなんですが・・。)

そうなると、こんな質問が出てくることもあります。
  
「 貯金が全くないんですけど、家を建てられるでしょうか? 」
  

私のような古い人間からすると、
思わず、「エッ!!?」と聞き返してしまいますが、
言われてみれば、不動産屋さんの広告などでも
「家賃並みの負担で憧れの1戸建て!!」のような広告もありますし、
その内容をよく見てみると、
「月々59,000円 (2年固定金利 返済期間40年の場合。)」
のような内訳まで入っています。

広告の内容をよく見ていると、
「同じような金額の家賃を払うぐらいなら
 もっと広くて新しいマイホームを買った方がマシではないか??」
と思うのも無理はないと思いますし、
他にもきっかけはいろいろあるようです。

例えば、親御さんや友人に、
「アパートの家賃なんか払うのはもったいない!
 払ったところで自分のものにならないんだし・・。」とか、
「結婚するんなら、家ぐらい買わなきゃダメだろう!!」とか、
「ローンを組むなら若い時の方がいいよ。」
と言われたので、仕方なく家を買った・・という話も聞いたことがあります。


う〜〜ん・・・、
まあ、そう思う気持ちはわからないわけではありませんが、
そういう理由で貯金がないのに家を建てるのは、やめた方がいいかと思います。

特に結婚して間もない時期では、(あるいは、結婚前ならなおさら・・)、
自分たちの生活もよくわからないわけですし、
生活スタイルによって間取りが大きく変わることもあまり理解してはいないでしょうし、
35年もの長期間のローンを払うリスクや覚悟も、まだしっかりしていないはずです。

また、賃貸と違って、持ち家の場合は、
毎年、土地と建物の固定資産税を払い続けることになりますし、
住宅ローンを払い続けている期間であっても、修繕やリフォーム費用が必要になるでしょう。

厳密には、「家賃並みの負担」・・だけで、
持ち家を維持することのは、まず無理だと思います。

(詳しくは、ブログ記事「持ち家の方が得なんですか?」をご覧ください。)


では、実際のところ、自己資金が本当にゼロでも、家は建てられるのでしょうか?

・・・それについては、次回に詳しくお話させていただきますね。


★今日のテリー語録

「世の中には、買わせようとする“仕掛け”があふれています。」

次々と出てくる新製品や、人の購買欲を引き出す広告もそうですが、
リボルビング払いや、無担保でお金を貸してくれるカードローンなど、
世の中には、みなさんに買わせるための“甘い罠”がいっぱいあります。
でも、自分の収入以上の出費を果てしなく続ければ、
どんな企業や個人であっても、いずれは破綻してしまうのです。


今日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40709963

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ