2010年06月28日

「あなたの子供に生まれたかった・・・。」

 
    2010_06270001.JPG


「あなたの子供に生まれたかった・・。」

先週の土曜日、子供のお弁当を作っている嫁さんに向かって、
つい、口走ってしまいました・・・。(^_^;)


小さな頃からお弁当にはトラウマがあった私・・・。

 ※ 詳しくは、ブログ記事「おにぎりとウインナーと卵焼き。」をご覧ください。

それ以外にも、幼稚園時代の苦い思い出として、
ヒジキと白ご飯のみという、完全な「モノトーン弁当」だったこともありました。

そんな私にとって、見た目がカラフルでかわいらしいお弁当は
小さな頃はもちろんのこと、大きくなってからも憧れの的だったのです。

上の写真は、長男(7歳)の学童保育に持たせるために、
嫁さんが30分ぐらいで作ったお弁当でした。
「こういうお弁当を一度でも食べたかった・・・。」


今から10年前、嫁さんとつきあいだした頃のお話です。
デートの日はいつも、私が彼女の自宅に迎えに行っていました。

「今日は、お弁当を作ってみたんだけど・・。」
そう言いながら彼女が持ってきたのは、3段のお重を風呂敷で包んだもので、
まるでお花見に持っていくような豪華なお弁当でした!!

(豪華で一品一品が工夫されていて、しかもどれもおいしい!!)

私は感動して、次から次へと手を伸ばしていきました。
ある程度お腹がふくれたところで、ふと気がつきました。
 
   これだけのお弁当を作るのは、かなりの時間がかかっているはず・・・。
   女性だから、出かけるだけでも身支度に時間がかかるだろうし、
   いったい何時に起きたんだろう??

「今朝は5時に起きて作ったの。
 少しだけお母さんにも手伝ってもらったけど・・。」
と、彼女は恥ずかしそうに答えてくれました。

男性の中には、お弁当を一度も作ったことのない人も多いと思いますが、
私は自炊の経験も長く、何年かは自分用のお弁当も作っていたので、
彼女が作ったお弁当がどれくらいの手間がかかっているか、
ある程度は察しがつきました。

   いくら料理が得意でも、これだけのお弁当を作るのはたいへんだろうに・・。
   いや・・・、得意・不得意の問題ではない!
   『気持ち』がなければ、どんなに料理が得意でも
   これほど手のかかったお弁当を作れるもんじゃない!!

3段の豪華なお弁当に、精一杯の心を込められる彼女に惹かれた私は、
つきあいだして3ヶ月目には、彼女に結婚を申し込むことに決めました。
 (※ 実際のプロポーズは、さらにその7ヶ月後でしたが・・。)


もし、私の幼少時代のトラウマがなかったら・・・、
いくら豪華なお弁当であっても、果たしてこれほどまでに心が動いたかどうか?
何とも言えません。

もし、私に自炊経験やお弁当を作った経験がなければ・・・、
単に、「料理の得意な人なんだな〜。」ぐらいにしか思わなかったでしょう。

変な言い方ですが、
トラウマになるほど、お弁当にコンプレックスを持った幼少時代があったからこそ、
彼女が「人生最良のパートナー」だと、早々に確信を持ったのだと思いました。

あらためて、「人生に無駄なことは一つもない」ことを実感しました。
神様、本当にありがとうございます。


★今日のテリー語録

「人生すべて、『 塞翁が馬 』(さいおうがうま)。 」

私のエピソードもそうですが、
南アフリカで行われている、サッカーワールドカップの日本代表も
直前の壮行試合で1勝もできず、メンタル面で苦しい日々を過ごしました。
しかしその苦悩があったからこそ、決勝トーナメント進出を果たしたんですよねー!!
何が幸いし、何が災いとなるか?・・、本当に分からないのです。
へこたれたり落ち込むことがあっても、前向きにできることをやっていきたいですね。

今日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族愛
この記事へのコメント
私もテリーさんの奥様の子供に生まれたかったウッシッシ(笑
わかりますひらめき私も夕飯はお金だけ置いてありお弁当もかわいいのを作ってもらった覚えがないので子供達が幼稚園時代よく本を買って研究しました冷や汗

でも自分がしてもらえなかったからこそ子供にという思いが強かった気がしますうれしい顔
いろんな辛い経験も必ずいい経験として頑張れますねわーい(嬉しい顔)
お互い今幸せな証拠だと思いますぴかぴか(新しい)
当たり前だと思わず子供達にも感謝の気持ちを持って欲しいです。
朝からお弁当食べたくなりましたうまい!
心温かくなりますねハートたち(複数ハート)
Posted by キキ at 2010年06月29日 08:31
キキさん、
冒頭から吹き出してしまいました。
今度生まれ変わるときは、兄妹になるのでしょうか??(笑)
それはともかく、、、
うれしいコメントをいただきありがとうございます。

> でも自分がしてもらえなかったからこそ子供にという思いが強かった気がしますうれしい顔
> いろんな辛い経験も必ずいい経験として頑張れますねわーい(嬉しい顔)

キキさんもそうだったんですね。
とても親近感がわくと同時に、あらためてキキさんを尊敬してしまいました。

本当に素晴らしいお母さんですね!
キキさんのような心優しいお母さんがもっと増えるといいですね。

いつかきっとお子さんにも分かるときが来ますよ。
(お子さんに子どもができたときかもしれませんが・・・。)
それと、子育ては、最高のボランティアだそうです。
お子さんが分かってくれる日まで、お互い、首を長くして待つことにしましょう。(^o^)

素敵なコメントをいただき、ありがとうございました!!


Posted by テリー at 2010年06月29日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39314871

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ