2010年06月01日

不動産取得税の軽減措置 その2 住宅新築用の土地の場合。

 
・・・ 不動産取得税の軽減措置 その1 新築住宅の場合。 の続きです。


住宅の場合は軽減措置があるのは分かったけど、
土地を購入した場合はどうなんでしょう?

はい、やはり住宅新築用の土地を購入した場合も、軽減措置があります。
一応、軽減措置を受けるための要件を書いておきますね。


土地を取得した日から3年以内にその土地の上に、
特例適用住宅(50u以上240u以下)が新築された場合で、
その土地を特例適用住宅の新築時まで引き続き所有していること。

「親が購入してくれた土地に、子供が住宅を建てた場合は、土地の軽減措置は受けられるのですか?」
という質問もたまに受けるのですが、
土地と住宅で所有者が違う場合であっても、特例適用住宅さえ建ててくれれば、
土地の方も、不動産取得税の軽減措置は受けられるそうです。

ただし、土地の方は計算式がちょっとややこしいです。


軽減される額・・・ (1)、(2)のいずれか高い方の金額が税額から軽減されます。

(1)  45,000円
 (2) 土地1uあたりの価格 (宅地の場合は1/2 )× 住宅の床面積の2倍(200uが限度) × 3% 
 
  なお、この場合の土地の価格も、実際の購入価格ではなく、固定資産税評価額になります。

税額の計算
  (  土地の価格 (宅地の場合は1/2)×  3%  ) − 軽減される額 = 税額


例1: 固定資産税評価額1000万円で、200u(約60坪)の宅地に、
    延床面積100u(約30坪)の住宅を新築する場合。

    軽減される金額
      (1000万円/200u)/2 × 200u × 3% = 15万円
       15万円 > 45000円 なので、軽減される額は、15万円となる。
    税額の計算
      1000万円/2 × 3% − 15万円 = 0円
       つまり、土地の不動産取得税は0円。


例2: 固定資産税評価額500万円で、400uの宅地に、
    延床面積150uの住宅を新築する場合。

    軽減される金額
       (500万円/400u)/2 ×200u × 3% = 3.75万円
        37500円 < 45000円 なので、軽減される額は、45000円となる。
    税額の計算
       500万円/2 × 3% − 45000円 = 3万円
       つまり、土地の不動産取得税は、3万円となる。


注文住宅の場合、土地を購入してから数ヶ月〜1年以上後になってから
住宅を建てることになると思います。
しかし、土地を購入してから数ヶ月後には、土地の不動産取得税の納付書が届くことになります。

その時点では、まだ家が建っていないことも多いでしょうが、
その納付書を持って都道府県税事務所に行き、不動産取得税の軽減措置の手続きをしてください。
それから1〜2週間程度で、軽減後の金額の納付書が送られてくると思います。

また、事情があって、しばらく、(・・といっても1〜2年程度)、
家を建てずに更地のままで置いておく場合もあると思います。

その場合は、いったん納付書通りの金額を納めて、
3年以内に住宅を建てたときに(もちろん特例適用住宅)、軽減措置の手続きをして、
納めすぎた税金の還付金を受け取ることもできますので、ご安心ください。

いずれの場合であっても、必要書類を確認したいときや、不明な点がある場合は、
納付書に書いてある都道府県税事務所に、電話をして確認くださいね。


 【 参考 】 石川県県税事務所HP


★今日のテリー語録

「税金に関するお問い合わせは、くれぐれも“管轄”をよく確かめてくださいね。」

確定申告をしていないサラリーマンの方だと、意外と知らない方が多いです。
ちなみに、所得税や消費税は、管轄の税務署、
不動産取得税や自動車税は、都道府県税事務所
固定資産税は、市町村の税務課など・・になりますので、
お間違えのないようにお願いいたします。

今日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

この記事へのコメント
お馬鹿な私はちんぷんかんぷん冷や汗
家はどうなのかしら?うれしい顔
今度教えて下さいわーい(嬉しい顔)
Posted by キキ at 2010年06月03日 10:02
キキさん、こんにちは!

お馬鹿だなんて、とんでもないですよ!
毎年のように特例ができたり、延長になったり・・と、
(しかも計算や要件がややこしい・・。)
税制は本当に難しいのです。

私も少しでも分かりやすくならないだろうか・・?と思いながら、
記事にしてみたのですが、やっぱりうまく書けないですよね〜。(^_^;)

キキさんのお役に立ちたいので、
よろしければご相談くださいね。

コメントいただき、ありがとうございました!
Posted by テリー at 2010年06月03日 15:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38704358
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

固定資産税の軽減について
Excerpt: 固定資産税が安くなる条件は?この他に「評価替えに伴う税負担の調整措置」という制度もありますが、複雑怪奇な内容なので、ここでは省略します。 次は建物についてですが、新築住宅の場合には、課税初年度から一定..
Weblog: 固定資産税の納税★評価額 税率 納付 金額 家屋 土地 軽減 減免 計算
Tracked: 2010-07-16 23:09
Powered by さくらのブログ