2010年05月11日

新聞社の取材を受けました。

 
今日は北國新聞さんの取材を受けました。

日本FP協会、北陸ブロック長の北島さんを通じて、
「住宅ローンのアドバイスなどができそうな人。」・・ということで、
私の名前が挙がったようです。

本当にありがとうございます!!
今回の取材内容は、「リフォームローン」についてでした。


リフォームローンとは?

比較的小規模なリフォームのための資金を借り入れできるもので、
民間の金融機関であればどこでも、そういったローン商品はありますが、
意外とその中身は知られていません。

実は、私自身も関わったことがありません。(笑)

・・といいますのは、
工事金額1000万円超などの大規模リフォームの場合では、通常の住宅ローンが適用されますし、
小規模なリフォーム工事の場合は、現金でお支払いされる方が多かったからなんですねー。

「でも、需要はありそうだな・・。」
と思ったので、試しにネットでも簡単に調べてみましたが、
リフォームローンについては、意外と具体的な情報がありません。
出てくるのは、銀行さんの簡素化された商品説明ばかりです。

逆に興味をそそられた私は、あらためていろいろと調べた上で、取材に臨みました。


その内容は・・・・、

(申し訳ございません。)、北國新聞の紙面でご覧下さいませ。。。(笑)
予定では、5月15日(土)の北國新聞朝刊の生活欄「うちの家計簿」で掲載されるそうです。
乞うご期待下さいませ。(^o^)


さて、約1時間強の取材が無事終了しました。

担当のHさんは、非常に丁寧に聞いてくれたので、
私としても説明しやすくてよかったのですが、
最後に問題となったのが、「私の肩書き」・・でした。 (^_^;)

いわゆる会社の代表でもなく、個人事業主ですし、
無難なのは、ファイナンシャルプランナーの上級資格であるCFP®か、
「住宅カウンセラー」辺りかな?・・とは思ったのですが、
できれば、「愛の」をつけた、「愛の住宅カウンセラー」にして欲しいな〜と、
ついつい、小さな?要望を出してしまいました。

なぜ、「愛」が必要なのか?という話を、延々20分。。。(笑)
 (ご多忙にもかかわらず、私の話を聞いてくれたHさん、本当に感謝しております。)
  ※ よろしければ、詳しく説明したブログ記事の方もご覧下さい。
でも、私にとっては、これ大切です。

愛があればそれですべての問題が解決する・・とまでは思っていませんが、
逆に、愛なしで解決する問題もないような気がします。

マニュアル通りの対応や、金銭的な損得勘定で解決しようとしたり、
お互いに自分の立場に固執するだけでは、
決して、人間同士の問題は解決しないと思うからなんです。

まあ、「住宅カウンセリング」そのものが、
「愛」を内包しているはずですから、あまり固執することもないかもしれませんね。(^o^)


それでは、今度の土曜日(5月15日)の北國新聞を楽しみにしていて下さいませ。


★今日のテリー語録

「どんなに頭がよくて理性的であっても、「愛」や「恐れ」といった感情は無視できないのです。」
相手への愛情がないまま問題を解決しようとしても、かえって解決からは遠ざかるでしょう。

今日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37937496
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ