2009年06月13日

門灯で防犯対策!

DSCF5001.JPG

暖かくなると、いろいろな人が活発に活動を始めます。
泥棒さんもそのようです。

今回は手軽にできる防犯対策を紹介していきます。

まずは門灯の設置。
門灯とは、道路のすぐ敷地側に設置される照明器具です。
http://panasonic.jp/sumai/lighting/heyabetsuakari/gate_fset.html

以前、NHKの番組「ご近所の底力」でも取り上げていましたが、
街灯だけでは光が届きにくい通りや、そもそも街灯そのものがほとんどない通りは
空き巣・痴漢・ひったくりなどの犯罪が増えていきます。
また上記のような比較的軽微な犯罪だけでなく、
通り魔や殺人などの凶悪犯罪にエスカレートする危険性も増えていきます。

そのリスクを少しでも減らすためにも、
新築住宅の場合はぜひとも独立した門灯を設置してください。

センサー付の門灯も多いので、
人感センサー(人がセンサーの範囲に入ったときに10秒〜2分点灯するタイプ)にするのか?、
照度センサー(夕方になると自動的に点灯し、朝になると消灯するタイプ)にするのか?
なんとなく迷ってしまうかもしれません。

門灯の場合はもちろん、照度センサーのタイプにしてください。
常に照らしておくことによって不審者が暗闇に隠れることを防いでくれます。

夜間に照明をずっと点灯するとなると、電気料金が気になる人も多いと思います。

10Wの蛍光灯タイプの門灯を1日12時間点灯しても、80円程度/月にしかなりません。
(1kWh当たり22円で計算)

そのぐらいの負担で不審者を遠ざけてくれて、地域の犯罪が減り、
車上荒しなどに遭う危険性も減るのですから、これをしない手はないと思います。

「それはよく分かったけど、我が家には門灯がないんです。」という方なら、
ポーチ灯を夜間つけっぱなしにするという手もあります。
(私の家ではポーチ灯を夜間つけっぱなしにしています。手動ですけど・・(^_^;)。)

また、古いポーチ灯のように電球を使っている場合は、
電球型蛍光灯に交換すれば消費電力も大きく減らすことができます。
(例: 電球60W形→蛍光灯14W、電球40W形→蛍光灯8W )

夜帰ってきたときも、ポーチ灯がついているだけでホッとしますね。


★今日のテリー語録

「家の前を通る人のことまで考えている家には、なぜか泥棒も入ってきません。」

玄関周りをきれいにして目を楽しませてくれたり、
安心して歩けるように門灯をつけてくれる家は、なぜか泥棒も避けてくれるようです。
電気代を気にするよりも、みんなの役に立つことを考えましょう。

ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。

posted by テリー at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29781678

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ