2017年07月03日

営繕さんの幸せドリル。その3


・・・ 営繕さんの幸せドリル。その2 の続きです。

作者の後書きは、
「日本という国は、サラリーマンが作っている」と言葉で始まります。
世間では電通の問題を機に、過労の問題が表面化し、
「働き方」改革が始まりました。
「会社を辞める、辞めない」よりももっと根本的なアプローチとして
作者が挙げているのが、「私の意識」です。

環境をいくら変えても「私の意識」が変わらない限りは
同じような問題が出てくるからです。
ただし、本書の中でも出てきますが、一つだけ例外があります。
どんな状況であれ、死ぬぐらいなら逃げた方がよい。
なぜなら命がなければ世界のルールを知っても何の意味もないからです。

作者自身がサラリーマンの頃にメンタルをやられる社員を何人も観てきました。
幸せになるために給料をもらっていたはずなのに、
給料をもらうためならたとえ不幸でも
(メンタルをやられても)耐えなければならない、と、
本末転倒になっている人がいかに多いことか。
「健康のためなら死んでもかまわない」ぐらいにおかしなことです。

でもそのことが本人にとって当たり前になっていると
なかなか気づけなくなってしまいます。

もしあなたの周囲におかしな状態に陥っている人がいたら、
ぜひこの本を薦めてあげてください。
「ププッ」という笑い声とともにココロにゆとりが生まれると思います。
実は私も知人の社長さんに1冊プレゼントしました。

決して押し着せるわけでもなく、笑いあり涙あり、
それでも大切なことがス〜〜と入っていきます。
私もちょうど仕事が忙しくて「こりゃまずいな・・」と思ったときに読めて、
自分にゆとりを持つことができました。

新しい環境でつらい人、仕事で慢性的に忙しい人、部下に当たり散らしている管理職の方、
経営者の方、だんなさんと最近会話が亡くなってきた奥様にもおすすめいたします。
よかったらアマゾンで「営繕さん」と検索してみてください。
小学館発行で1500円です。

         
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180224561

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ