2017年02月22日

非常識なインフルエンザ対策。その4



実際に免疫力を上げるとどうなるか?

私を例にお話ししましょう。
かつての私はやたらと病院にかかる人でした。
最初は1ヶ月に一度程度だったんですが、徐々に間隔が短くなって
最後は2週間に一度は、「微熱が出た・・」と言っては病院に行っていました。
もう顔パス状態だったぐらいです。
おそらく薬の飲み過ぎで低体温が続き、体の免疫力落ちた状態だったんでしょうね。

これはまずいと思って、体質改善に取り組みました。
体温も上がり、38℃ぐらいの熱が出たぐらいでは病院に行かないようにしたんです。
それ以来インフルエンザとか高熱で仕事を休んだことはありません。
年に2〜3回は高熱が出ますけれど、仕事を休むほどではありません。

今年の冬、1月の下旬にいきなり体がだるくなって高熱が出たことがありました。
夕方6時半頃に仕事を片付け、子供を二人迎えに行って、
家に帰ってきたのが夜8時半頃。
そのときに熱を測るとすでに38.4℃まで上がっていました。

「さすがに早く寝よう・・。」と寝る直前に熱を測ると38.9℃まで上がっていました。
脱水症状を防ぐために水をコップ二杯飲んで寝たのですが、
1時間半ごとに目が覚めておしっこをしてまた寝る・・の繰り返し。
ちなみに解熱剤は飲んでいません。

それでも翌朝6時頃には気分も落ち着いて、熱も37℃ぐらいまで下がってきました。
熱がある程度下がったので、防寒対策をしてふつうに仕事に行きました。
その次の朝にはもうふだんと変わらないぐらい回復していたのです。
免疫力を上げるとこんな感じで急速に回復することができます。

なかなか今までの生活習慣を変えるのは勇気がいることだとは思いますが、
平熱プラス2℃程度の熱は、体が免疫力を上げるための作用ですから、
別にお医者さんにかかるほどのものではありません。

むしろ抗生物質は体を冷やす作用があるほどなので、
ちょっとした風邪の症状だったら水分をしっかり取って体を暖めて休めることで
かなり回復することができます。

免疫が落ちている現代人だからこそ、自分の免疫力をしっかり使う習慣をつけてみてください。
体の調子が本当によくなりますよ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178859683

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ