2017年01月15日

左義長とお餅つき。2017

20170115_004011867_iOS.jpg

今日は、1月15日の小正月。
小正月に行われる行事が、左義長(さぎちょう)ですね。
(地方によっては、「どんと焼き」、「どんどん焼き」などとも言われる)

私の地元、石川県の左義長は小正月である1月15日の朝に、
氏神様の神社の境内で、その年飾った門松や注連飾り、書き初めなどを焼いて
各家庭に来た歳神様を炎とともに見送る行事です。

こういう古くからの行事を大切にしているテリー家ですが、
今年は三男が通っている学童保育の行事(もちつき大会)が重なったことと
数年ぶりの大寒波で朝から吹雪いていたため、
車を駐められないご近所の氏神様ではなく、
少し離れた白鳥神社さんに向かいました。

悪天候にもかかわらず、大きな炎が神社の境内から上がり
手に注連飾りや書き初めを持った人たちが次々と訪れていました。
「おおっ!!すげー!!」

白鳥神社さんの境内に入ると、
世話役のみなさんが来場者から注連飾りを受け取り
それを順番に大きな火の中に投げ入れてくれました。

子供たちが書いた書き初めを手渡すと、
「よしっ、今から書き初めを燃やすよ!」
と、ちゃんと声を掛けてくれたのがうれしかったです。

一気に燃え上がり、一瞬にして灰に変わっていく様子を眺める子供たち。
あっという間の出来事ではありますが
これでお正月もお終いですね。

燃やした後に神社でお賽銭を入れてお参りをすると
なんと紅白のお餅を1コずつくれました。
近所の神社にはない粋な計らいに、子供たちは大喜び!!
そのままでも食べられるぐらい柔らかくておいしかったです。(^o^)

20170115_024521232_iOS.jpg


そしてその後は、学童のお餅つき大会に参加しました。
次男(小5・上の写真)と三男(小3・下の写真)がお餅をつかせてもらいました。
昨年急激に背が伸びて次男と変わらない体格になった三男でしたが、
実際にお餅をつかせると、やっぱり年上の次男の方がちゃんと一人で
お餅をしっかりとついていたのが印象的でした。
(たくましくなったね!)

20170115_024436636_iOS.jpg

おいしいお餅もいっぱいごちそうになりましたし、
これで今年もさらにいい年になりますね。

もちつき大会で世話役を務めてくれた
地域の有志「友進会」のみなさま、
ありがとうございました!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート雑事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178413311

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ