2016年12月02日

気持ちよく眠るために必要なこと。その4



睡眠の善し悪しは、健康に大きな影響を及ぼします。
眠るときの室温を上げるだけでヒートショックのリスクを減らし、
インフルエンザや風邪にも効果を発揮します。

以前紹介した近畿大学建築学部の初代学部長、岩前篤教授の研究によると、
断熱性能を上げることで、高血圧性疾患、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、
糖尿病、心疾患、脳血管疾患が大きく減るという結果が出ています。

つまり住まいの高断熱化を心がけることで、
健康な住まいが実現するということ。

薬やサプリメントに頼るのがいけないとは言いませんが、
薬害や副作用がやっぱり気になります。
人間が本来ある姿でより健康になれる方が
はるかに理想的ではないでしょうか?

睡眠障害やいろいろな病気で悩んでいる方には、
何よりも先に今住んでいる住環境を
高断熱化することをお勧めいたします。

高断熱工事には確かにお金はかかりますが、
先週お話しした、「住宅ストック循環支援事業」を使えば、
国から大きな補助金ももらえるので、お財布の負担を軽くすることができます。

詳しくは断熱や補助金に詳しい住宅会社さんや工務店さんに相談してみてください。
きっとみなさんの健康に役立つ提案をしてくれますよ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177896520

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ