2016年11月30日

気持ちよく眠るために必要なこと。その3

20150831_084928065_iOS.jpg


では、冬場でも寝室内を18℃以上にして
一定の温度の幅に納めるためにはどうすればいいのでしょう?

もっとも効果的な方法が、住まいの高断熱化です。
寝室全体を高断熱化、欲を言えば住まい全体を断熱材でくるんで、
冬場でも熱が逃げにくい環境を作るのです。

たとえば、築30年程度のお宅で考えてみましょう。

金沢で30年前の家だと、窓は1枚の単板ガラス、
断熱材はほとんど入っていないか、よくて壁にうすい50ミリ程度の断熱、
天井に50〜100ミリ程度の断熱、床はそのまま(無断熱)
・・というお宅が多いかと思います。

この状況だと、冬場に暖房をガンガンつけていても、
窓から半分の熱が逃げてしまいます。
具体的には窓から48%、屋根から6%、床から10%、外壁側から19%、
すきま風などの自然換気によって17%という順になります。
一番熱が逃げやすいところで結露が起きるので、
窓を見れば一目瞭然ですね。

そこで一番熱が逃げやすい窓を高断熱サッシにします。
一番手軽なのは断熱効果の高いLOW-Eペアガラスを
今ある窓の内側に設置すること。
(「内窓設置」といいます)
可能であれば今ある窓を取り外して、
新築同様の樹脂サッシに交換することをお勧めします。
(「外窓交換」といいます)
これによって断熱効果は大きく上がり、
室温の低下を防いでくれます。

このままでは、相対的に断熱の落ちる外壁側や床で結露しやすくなるので、
できれば外壁側や床下も断熱材を施工してください。
寝室が1階にあるなら床下の断熱材も必須です。
寝室が2階の場合は、天井裏にも断熱材が必要ですね。

一番施工しにくい外壁側の断熱材は、
外壁工事のついでに行うことで内装を傷めることなく
しっかりと断熱化することができるのでお勧めです。
十分な量の断熱材を施工することによって、
外気温の影響を減らし室温の低下を防いでくれます。

外気が室内に伝わることで発生する結露やカビも発生しにくくなるので、
アレルギー症状を持っている方でも熟睡することができます。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177871923

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ