2016年11月27日

冬のドライブを安全にする工夫。その3



3.車間距離を夏の倍ほど空ける。

スタッドレスタイヤのところでも触れましたが、
気温が下がる冬はどんな高性能な市販タイヤを履いても
夏に比べて止まるまでの制動距離が伸びてしまいますので、
夏と同じような車間距離のままだと、
前の車が急ブレーキを踏んだだけで追突してしまいます。

さらに雪が積もっていればなおのことですが、
一見乾いているように見えても、
「ブラックアイス」と呼ばれるアスファルトの表面が
うっすらと凍っている路面に出会うこともあります。

氷の上ですからいくらブレーキを力一杯踏んでも
車は止まらずにまっすぐそのまま進んでいきます。
タイヤが完全にグリップを失った状態ですから
どんなプロドライバーであっても、追突を避けることはできません。

そのような悲劇を唯一避けられる方法が車間距離を十分に空けることです。

車が追突しないようにできる車間距離は、
夏の晴れた日であっても最低2秒分の距離は必要です。

時速40キロであれば22m、60キロなら34mです。
実際にはそこまで空けていない方が多いと思いますが、
せめて夏と同じようには止まれないという自覚を持って、
例え晴れた日の日中であっても夏の倍ぐらいは車間距離を空けてください。

それだけでも追突事故をかなり防ぐことができます。

冬はたとえ雪が積もっていなくても、
視界が悪い日が多くなったり、制動距離が長くなりがちです。
車間距離をふだんの倍以上空けて、
余裕を持って止まれるようにしておきましょう。

今回のお話をまとめます。

●雪が降らなくてもスタッドレスタイヤに替える、
●日中でもライトを点灯させる、
●車間距離は夏場の倍以上空ける、です。

みなさまが安全に運転できて
悲しい事故が1件でも減るように心からお祈り申し上げます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 車のメンテナンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177827492

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ