2016年10月09日

事故を起こさない、事故に遭わないための車のヘッドライト点灯。その3



最後にちょっと気になっていることもお話しさせてください。

夜のコンビニやドラッグストアの前を車で通り抜けるときによく見かけるのですが、
無灯火のまま車を走らせて、道路に出てしばらくしてから
ようやくライトを点灯する車が案外多くて驚きます。
つまり駐車場内の移動はずっと無灯火のまま・・。

夜のコンビニやドラッグストアって、
けっこう子供連れで買い物に来る方が多いですよねー。
車を降りて手をつなぎながら駐車場からお店に歩いて行くわけですが、
元気なお子さんだと駐車場からそのまま走ってお店に行く場合もあるでしょう。

ライトをつけてから車を発進させるのであれば、
ライトがついた瞬間、車が動くことがすぐに予測できますので、
周囲のお母さん方もお子さんに避けるように注意することができますが、
無灯火のままでしかもハイブリッド車のようにほぼ無音でいきなり動き出す車だと
発見が遅れる分だけ人身事故の可能性がはるかに大きくなります。

そのせいでしょうか、
先日の夜もドラッグストアの駐車場で事故があったのを目撃しました。
どうやら無灯火のまま走り出した車に
駐車場からお店に入ろうとしたお子さんが引かれたようです。

ライトをつけるだけで周囲の歩行者も自転車も気をつけることができます。
とにかく夜間に車を走らせるときは、
まずライト点灯、それから発進するクセをつけていただきたいです。


秋も深まってきてこれからはどんどん夕方暗くなっていきます。
オートライトの車なら放っておいてもいいのですが、
そうでない車だと早め早めの点灯が安心です。

ライトを点灯する目安は「スピードメーターが少し見にくくなったなー」とか、
「カーブミラー越しの車が見にくくなったなー」ぐらいで、
すでにかなり暗くなっていますからすぐにライトを点灯してください。
私はオートライトの車が点灯しているのを1〜2台見たら
すぐに点灯するようにしています。

事故に遭うのも起こすのも、本当にイヤなものです。
みなさまが、そしてみなさまのご家族が少しでも安全に過ごせるよう、
心よりお祈り申し上げます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177191575

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ