2016年09月28日

いつからスパイクにする?【小学生のサッカー】その2

20160927_122613122_iOS.jpg


三男のかかとの痛みは、シーバー病である可能性が高いということがわかりました。
(かかとの成長痛とも呼ばれます)

シーバー病は地面からの強い突き上げも原因の一つだそうなので、
まずはサッカーの練習を1週間休ませることにしました。
それとせっかく買ったスパイクですが、
当分の間、スパイクを履かせないことに決めました。

他の子ではわかりませんが、
三男は今年に入ってから急に足が大きくなってきたので、
(今年3月まで20p → 今年9月時点で22.5p)
これから中学に入るぐらいまでは常にシーバー病のリスクがあります。
シーバー病のままで無理に練習を続けると
疲労骨折を起こしたり歩くのも困難な状況にもなるとのこと。

スパイクにして厚めのインソールを穿かせる方法も考えましたが、
そもそも土グランドだと、スパイクもトレーニングシューズも
すべり方はさほど変わらないと言い切る人もいるぐらい。
三男の練習はほとんど土グランドなので、
まあ当分の間はトレーニングシューズのままでもいいかなと思いました。


かわいい我が子、そして成長途中の子供の足を守るくつはとても大切です。
テリー家は男の子ばかりなのでまだいいのですが、
おしゃれな女の子で高いヒールのくつやサンダルばかりだと、
それも足にかなりの負担をかけてしまいます。

大人であっても足の痛みは、偏頭痛や肩こりの元になったり、
情緒の安定にも影響を与えます。
ましてや骨自身が発達途中の子供の場合は、
骨や体の成長にも大きな影響を与えてしまいます。

かつてのテリー家のように、子供のくつだとついつい
「すぐ小さくなるから・・」とか、
「すぐに壊れるんだから安いもので十分」と
安さとデザインだけで適当なものを選ぶのではなく、
  ●ちゃんと子供の足に合っているか?
  ●子供は足の痛みを訴えていないか?、
  ●後ろから見てどこかをかばうような歩き方や走り方になっていないか?、
ちゃんと気にしてみてあげてください。

かわいい我が子だからこそ、
少しでも足に合ったくつを穿かせるようにしてあげてくださいね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177051806

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ