2016年06月15日

楽にできることが成功への近道。その2



林先生によれば、私たちがやっていることは4つに分類できるそうです。

  1. やりたいことで、できること
  2. やりたくないけれど、できること
  3. やりたいけれど、できないこと
  4. やりたくもないし、できないこと

これらを4つにゾーニングしたマトリックスで説明していました。
ちなみにここでいう「できること」とは、
社会的に認められるほど「(飛び抜けて)できること」を意味しています。


1.の「やりたいことでできること」をやるのが一番幸せになれそうな気がしますが、
これが案外難しく、多くの人は3.「やりたいけれどできないこと」を追い求めたり、
4.「やりたくもないし、できないこと」で、日々苦しんでいるそうです。

なんか妙に納得してしまいます。。。(^_^;)


意外でしたが、予備校の人気講師である林先生にとって
「予備校の講師」という仕事は、決してやりたい仕事ではなかったとのこと。
本当は作家になりたかったんだそうです。
(へ〜〜〜ですね。)(^^)


でもなぜ予備校の講師を続けているのか?

それは『楽にできること』だから。
ご自身でも番組で話していましたが、
「私は本当に授業がうまいんです!」とのこと。

確かに番組の進め方やゲストの女性とのトークを見ていても
「きっとこの人の授業はとても面白くてためになるだろうなー」と思いましたし、
人気講師なのもうなずけますね。

「楽にできること」であれば、大した苦労もせずに
ある程度のポジションに就くことができます。
人にも社会的にも認められやすいので、
結果として「やりたくないこと」が喜びに変化していくのです。
当然、それは収入にも反映されて、不満を持たなくてもすむわけです。
つまり、社会的な成功を意味するのです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の経歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175699922

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ