2016年05月07日

少年サッカー「ミライフ杯U-10」2016

20160503_023849579a_iOS_1.jpg

5月3日・4日と子供のサッカーの試合「ミライフ杯U-10」がありました。

ちなみに「U-10」というのは、10歳以下という意味で
平たく言えば「小学4年生以下」ということ。
ミライフ杯は、県内外の32チームで争われる、8人制サッカーで
前半15分・後半15分で行われました。

テリー家の三男リョウタ(小3・8歳)が所属している中条サッカークラブは、
小学4年生がつい先日まで3人しかいなかったため
半分以上が小3の子たちで構成されています。

サッカーは全くの素人の私ですが、しばらく見ているだけで
単純な技術の差以上に、この年代の1年の差がとても大きいことがすぐわかります。

体格が全然違うんですね〜。
(写真で白のユニフォームが中条チーム。10センチぐらい背丈が違います。。。)

玉際での争いではすぐに大きな体を入れられてしまいますし、
足を伸ばしたときのリーチも違うので、
ドリブルで抜こうとしてもすぐに相手チームの足が出てくる感じ。

ムチャクチャな例えですが、
日本代表とアフリカのチームがやるとこんな感じなのかもしれませんね。

そんな不利な状況にもかかわらず、
結果は2勝(PK勝ち1勝を含む)4敗。
体格・年齢の差を考えると上々の成績でした。
本当によかったです。
おめでとうございます!!


さて、我が子リョウタですが、
チームで1,2位を争うほど下手なんですけど、ありがたいことに
2試合だけ5分ぐらいずつ出場させてもらいました。

昨年はボールが来ると、避けているようなところもありましたが、、、(^_^;)
(ボールを追いかけて敵チームの子が勢いよく走ってくるのが怖いそうです・・)
今回は一生懸命ボールを追いかけてちゃんと味方にパスを出していました。

それともう一つうれしかったことがありました。
お昼休みのリラックスした時間に、チームメイトのリョウスケくんが
リョウタにドリブルの仕方を教えてくれるシーンを見られたことです。

明らかにサッカーが下手な上にあまりお友達とも絡まないリョウタは
昨年まではほとんど放置されているような感じでした。
(せっかく誘ってもリョウタの方で断るのだから当たり前なんですが・・。)

それがリョウタもチームメイトを受け入れて
いっしょにボールのやりとりをしたのが、とても新鮮でうれしかったのです。

子供の成長って、ほんと1年1年で違うもんですね〜。
これからもどんな成長を見せてくれるか楽しみです。
いっしょに見守ってくださったみなさま、
本当にありがとうございます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175193966

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ