2016年05月02日

小学生以下のお子さんを持つ親御さんに聞いて欲しい3つのこと。その2


20160501_060824196_iOS.jpg


 2. スポーツをさせて頭をよくする

お子さんの中には、スポーツに苦手意識を持っている子もいるでしょう。
また親御さんの関心事もスポーツよりも学力優先の場合もあるかもしれません。
でもやっぱり体を動かす習慣をつけた方がいいかと思います。

人間は成長するにつれて脳も発達しますが、脳の神経細胞は数が増えるのではなく、
神経細胞同士が繋がって広がっていくことで成長していくのです。
この神経細胞同士の継ぎ目を(シナプス)といい、信号の受け渡しをします。
つまり、脳はシナプスが増えることで発達するのです。

人間は生まれたときはシナプスがほとんどない状態だそうで、
それが母親から話しかけられたり手を握られたり・・といった
刺激を受けることでどんどんシナプスが増えていくのだとか。
そうやって生活に必要な部分がどんどん強化されていくのです。
シナプスは高齢になってからも一応は増えるそうですが、
一番増えるのが10歳ぐらいまでだそうです。
つまり小学生の時期までが非常に大切になってくるのです。

このシナプスを増やすのに一番簡単な方法が運動をすること。
体を動かすことで刺激を受けやすくなりどんどんシナプスが増えていきます。
こうやってシナプスをある一定以上に増やしてあげると、
学校の勉強でも集中的に取り組むこともできます。

どんなスポーツをすればいいのか?

本人が好きなら何でもいいんですよ。
あまり小さいときは体をバランスよく使うスイミング、
あるいはサッカー辺りがよろしいかと思います。
(今は女の子でもサッカーをする子が増えてきましたね。)
またある程度運動ができるようになると、お子さんにとっての自信にもつながります。

今の子は私たちの時代と違って、放っておいても外で遊ぶ・・というわけではありません。
テレビやゲームばかりになってしまいます。
でも、テレビやゲームって、脳の成長には全く貢献しないので
むしろ制限した方がいいぐらいですね。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175132314

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ