2016年04月04日

ご近所への挨拶から新しい生活が始まる。その3



Cリフォーム工事が始まる前

すでにその土地で生活していることもあって、
ちょっとしたリフォームだと挨拶をしない人の方が多いかと思います。
でも、外壁工事だったら家の周囲に大きな足場を組み始めたり、
内部の改装だけでも多くの工事車両が自宅の前の横付けになったりして、
工事の騒音以外でもけっこう交通の邪魔にもなります。
「ご近所さんにご迷惑をおかけしてすみません。」
という言葉を添えて挨拶回りをしておくことで、
無用なトラブルを防ぐことができます。


さて、挨拶回りの基本は、
家の周囲、向こう3軒・両隣・真後ろ3軒、
それにプラスして同じ側の並びの家を一通りしておくと完璧です。

挨拶の際には手ぶらも何ですから、
何かしら手土産を持参するといいでしょう。
その際の手土産は、
あまりご近所さんの心理的な負担にならないものがよろしいかと思います。
日持ちのする食べ物か、もしくは洗剤・タオルあたりが鉄板だと思います。
金額的には500円〜1000円程度で十分です。
気持ちを込めて笑顔で挨拶されれば、誰しも悪い気はしないものです。
ぜひ行ってください。

さて、工事にかかわらず、、、ですが、
やはりふだんからご近所の方へはちゃんと挨拶してください。
そのことが防犯対策にもなりますし、
そのエリアで心地よく住み続けるコツだと思います。
ご近所の方の顔を知っているかどうかにかかわらず、
家の前を通る人にはとりあえず挨拶してみてください。
けっこう挨拶が返ってくることも多いです。

それとその様子をお子さん方もちゃんと見ています。
お子さんが挨拶するかしないかは、
親御さんがふだん挨拶しているかどうかによって決まるんだそうです。
素敵な挨拶をお子さんやお孫さんに見せてあげてください。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所つきあい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174756552

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ