2016年03月29日

模様替えするなら、機能性カーテン。その3

20160327_212509127_iOS.jpg

お店に行くと、これらの機能が複合的に組み合わされた商品も多いです。
●どの時間帯に誰が使う部屋か、
●どんな機能を優先したいか
・・を考えながら、素敵な機能性カーテンを選んでください。

たとえば道路に面したリビングの大きな窓には、
日中だけでなく夜間も見えにくい高機能ミラーレースカーテンに、
冷暖房効果の高い高断熱ドレープカーテンの組み合わせ。

娘さんのお部屋だったら、
同じく夜間でも見えにくい高機能ミラーレースカーテンに、
外部から人影が映りにくく部屋に帰ってきたこともわかりにくい
一級遮光カーテンの組み合わせ・・といった感じです。

オーディオやビデオ鑑賞が趣味の人だったら、
防音効果の高いカーテンを二重にするといいですね。

なお、カーテンで断熱効果や防音効果を持たせるときに
大切なのは、カーテンの丈です。
通常は腰高の窓であればカーテンの丈は
135センチ程度にすることが多いのですが、
その丈だと窓からの冷気がどんどん降りてくるので、
ベッドの横がスースーと寒くなってしまいます。

またカーテンと窓枠の隙間から音が漏れやすくなるので
防音効果も落ちてしまいます。
見た目は少々気になりますが、
冬の寒さを防ぐにはカーテンは思い切って
床につくぐらいの高さにしてみてください。
これだけでずいぶんと過ごしやすくなりますよ。

今回紹介したように、カーテンを替えるだけでも
ふだんの生活がとっても快適になります♪

もし今お使いのカーテンが10年以上前から使っているのなら、
洗っても落ちにくい汚れや色あせも激しいはず。
まずは家族が一番過ごす部屋から、
思い切って買い替えてみてはいかがでしょうか?

追記です。
長男の子供部屋に急遽、遮光カーテンを購入しました。
色はご覧の通りの淡いブルーでなかなかきれいな色、
しかも価格もリーズナブルだったのですが、
遮光度合いは2級クラスでしょうか。
まあ、あまり遮光が強いと朝起きれないかもしれないので、
子供部屋ならこれぐらいがちょうど良さそうです。

          

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174680542

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ