2016年03月04日

無垢フローリングのデメリット?? その4



 3.無垢フローリングはお手入れがたいへん!

これも合板フローリングしか使わないハウスメーカーさんで聞いてくるらしいです。
たぶん使ったことがないからわからないんでしょうね。

実は無垢フローリングって、特にお手入れしなくても何ら問題はありません。
ふつうに掃除機を使って掃除してもらうだけでいいですし、
何かこぼしてしまったらすぐにしっかり絞ったぞうきんで拭き取って、
その後乾いたぞうきんで水気を取ってあげるだけでOKです。
別にワックスをこまめに掛ける必要もありません。
少なくとも私だったら何もしませんね。

逆に定期的なワックスがけが必要なのは合板フローリングの方です。
・・というのは、合板フローリングは
その表面の仕上げ部分はわずか0.3ミリ程度しかありませんから、
表面が傷つくとそこから仕上げ部分が剥離し始めて
裏地の合板が見えるようになると
早々にみっともないことになってしまうからです。

高級品になると剥離防止のためにコーティングがされていますが、
フローリング裏側からの湿気に対しては弱くて
長期間の使用ではやっぱり剥離のリスクがあります。

一方、無垢フローリングは元々1枚の木ですから剥離のしようもありませんし、
致命的な汚れがついてしまったらサンドペーパーで削ればいいだけなので
長く安心して使えます。

無垢フローリング用のワックスというのもありますが、
これはどちらかというとつや出しと汚れ防止の意味で使われますので、
ある程度使ったフローリングなら特段こまめにやる必要もないかと思います。

どうしても気になるのなら、
自然塗料のアウロのメンテナンスクリーナーを使えば、
きれいなつや出しができますのでオススメです。

         


調湿効果があって家族の病気も防いでくれる快適な無垢フローリング。
新築だけでなく改装の時にも使えますのでぜひとも採用してみてください。
歩き心地は最高ですよ〜♪

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | シックハウス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174322768

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ