2016年01月08日

家を建てたなら、確定申告をしましょう。その3


3つめですが、たとえ住宅ローンを組んでいない場合でも
リフォームや自己資金での新築でも確定申告してください。

「長期優良住宅は建てたけど全額自己資金でローンを組んでいないんですが・・」
という恵まれた方や、
「ウチは現金でリフォームをしたんだけど・・」
という方であっても、
確定申告をすることで1年分だけ所得税が返ってくることがあります。
ですから、やっぱり確定申告をした方がいいですね。

住宅取得やリフォーム工事にまつわる確定申告に必要な書類は
●住民票の写し
●住宅ローンの年末残高証明書
●請負契約書もしくは売買契約書の写し
●登記簿謄本
●長期優良住宅や低炭素住宅の場合は、
   その認定通知書と住宅用家屋証明書
●源泉徴収票などです。

これらの書類は、引き渡しの際の書類や、
市役所、あるいは法務局、銀行などで取得できます。

贈与が絡む場合やリフォームの場合は、
違う書類も必要になるので、
今月中に税務署に足を運んで必要な書類を確かめてください。

ちなみにかほく市や津幡町・内灘町の場合は、
管轄は金沢市西念の合同庁舎1階にある金沢税務署になります。
今の時期であれば、かなり親切に職員の方が教えてくれますよ。

今年の確定申告の期限は、2月15日から3月15日までです。

2月以降は税務署の窓口が混み合ってきますので、
必要書類の確認や手続きの確認は
1月中に税務署に行った方がスムーズです。

確定申告はうっかり忘れたり、期限に遅れると厄介なことになります。
まずは手ぶらでもいいので、金沢税務署に行ってみてください。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171479112

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ