2015年06月08日

まんがでわかる「7つの習慣」1/2


新学期、新年度が始まって早いもので2ヶ月が経ちました。
進学や就職、転勤などでこの4月から新しい環境になった方も多いかと思います。
ひょっとしたらそろそろ新しい環境に対する不満が
出始める頃かもしれませんね。

今回は、そんな方々に聞いて欲しいお話をしていきますね。
みなさんは「7つの習慣」という本をご存知でしょうか?
著者はスティーブン・R・コヴィー博士。
全世界で3,000万部、日本国内では180万部を超え、
今も読み続けられるビジネス書のベストセラーなので、
もうすでに手にとってご覧になった方もいるかと思います。

          

7つの習慣とは何か?、具体的には以下の内容になります。
第1の習慣 「主体的になる」
第2の習慣 「終わりを思い描くことから始める」
第3の習慣 「最重要事項を優先する」
第5の習慣 「まず理解に徹し、そして理解される」
第6の習慣 「シナジーを創り出す」
第7の習慣 「自分を磨く」

どれももっともそうに見えますが、逆にこれだけを見ても、
なぜ「7つの習慣」がこれほどの世界的ベストセラーになったのかは
わからないでしょう。
「自分にはまだ早いかも・・・。」と思ったものの、
ひょんなことから7つの習慣を知ることになり、
とりあえずはハードルの低そうなところから読んでいくことにしました。
それが、「まんがでわかる「7つの習慣」」です。

  世界で3000万部、日本国内で160万部を突破した
  『7つの習慣』が初のまんが化!
  亡き父のバーを再開すべく、バーテンダーを目指す
  主人公・歩が勤め始めたバー・セブン。
  そこへ訪れる人々の悩みと気づきが、7つの習慣の要点とリンクし、
  読み応えのある物語となっています。
  自分を変え、人生を変えたいと願うすべての人に。

          

ストーリーは、
バーで亡き父親の店を再開するための修業を重ねる女性・歩と、
そのバーに来るお客さんのやり取りを通して、
自身が成長するために必要な習慣を示していくものです。

ストーリーの中では、小手先のテクニックや知識ではなく、
人格を高めることが真の人間的な成長に繋がると説いていきます。
人間は毎日起こる事象の原因や結果を
自分以外の外的要因に求めることが多いのですが、
それでは成長は望めないという。
自身の内面に目を向ける様に視点を転換する必要があります。

・・・ まんがでわかる「7つの習慣」2/2 に続く。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/138929488

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ