2017年12月31日

まだ間に合う?あったかリフォームに使える補助事業。その3

IMG_5644.JPG


実際のリフォームで一体どこまで暖かく快適にできるのか?、
不安に思っている方も多いと思います。そんなみなさまに朗報です。

たまたま私の知人の相談を受けまして、
築34年の和風住宅の大規模リフォームを施して
2日間だけ完成内見会をすることになりました。
このお宅は、スマートウェルネス住宅推進事業を適用したので
申請額は120万円の補助を適用しました。大きいですね。

家族構成は知人夫婦と奥様のお母様の3人住まいで、
窓は1階も2階もすべて断熱サッシを入れて、
壁/床/天井すべて新築同様の高断熱住宅、さらに冬の快適暖房として、
1階の床はすべて温水式の床暖房です。
なんと、和室の畳の下も床暖房なんですよ。
IMG_5576.JPG
内見会の日程は、11月25日と26日の2日間でしたが、
みなさん、足下が暖かかったことでとてもゆっくりとされていて
滞在時間が非常に長かったのが印象的でした。

全館床暖房の暖かさは、体感してみないとわからないですよね。
室温を上げすぎることもなく、エアコンの風で乾燥しすぎることも
ほこりが舞い上がることもない快適な暖房です。
しかもこれで2階も暖かくなるんですよね。

年明けの元旦から1月4日まで
施工した沢野建設工房さんが全館床暖房のモデルハウスで
展示会をすることになりましたので、
よろしければぜひ一度その暖かさを体感してみてください。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2017年12月30日

まだ間に合う?あったかリフォームに使える補助事業。その2

IMG_5593.JPG


最後に紹介するのは、「スマートウェルネス住宅改修事業」。
こちらは築年数は問われませんが、年内に住んでいる人が2週間の健康調査を受けて、
断熱改修工事を行ったあとも何年か継続して健康調査を行う約束することで、
対象工事の1/2、最大100万円の補助を受けられる事業です。
バリアフリー工事があれば最大120万円になります。

これは今年度の工事前健康調査をした物件が最後となることが決まっていましたが、
1年延長されることになったと案内が送られてきましたので
まだ大丈夫ですよ。

IMG_5566.JPG

健康調査の内容はリビングや脱衣室に24時間自動計測の温湿計を置いて、
本人は活動量計を身につけて毎日血圧を測ることを14日間継続するだけ。
対象工事は、長期優良住宅化リフォーム事業の省エネ工事と同じ。

一番やりやすいのは、LDKのすべての窓にLOW-Eガラスの内窓を取り付けて
給湯器をエコキュートに替えるだけ。
もし予算を回せるのであれば、天井や床下の断熱材も追加し、
他の部屋も内窓をつければその分も対象工事に回せるので、
上限の金額を取りやすくなるんですね。

とても魅力的な事業なので、まずは健康調査を申し込み、
同時進行で交付申請を出して省エネ工事内容の審査を受けます。
無事審査に通れば、来年から工事を行って2月までに完成、
実績報告書を出せば、申請金額がかえってきます。

ただし、このスマートウェルネス事業、
申請できるのは各都道府県の協議会メンバーとなっている工務店さんだけ。
かほく市だと沢野建設工房さんだけなんですねー。

ちなみに沢野建設工房さんの申請業務は私がしていますので、
お客様の要望や家族構成、対象となる住宅の特徴や予算を加味して
適切な補助事業を選べるよう配慮しています。
同じ予算でも快適な暖かいリフォームを提案できると思いますよ。

なお、10年以上のローンを組んでこれらの改修工事をした場合は、
増改築工事に対して住宅ローン控除を受けることもできます。

ただしちょっと気をつけていただきたいのは、中古住宅を新たに購入する場合です。
中古住宅の取得の際に住宅ローン控除を使う場合は、
築年数20年以下の物件でないと、住宅ローン控除は使えませんので、
その点だけお気をつけください。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱

2017年12月16日

まだ間に合う?あったかリフォームに使える補助事業。その1


最近は不景気のせいか、新たに土地を購入するのではなく、
程度の良さそうな中古住宅を買って大規模なリノベーションをしたり、
見た目だけでなく、より快適にするためのリフォームを施す例も増えてきました。

そこで今回は暖かい冬を過ごすために使える、
リフォーム用の補助事業を紹介したいと思います。

リフォームと聞くと、外観を新しくする外壁リフォームだったり、
毎日の生活が楽しくなるキッチンリフォームやトイレリフォーム、
浴室リフォームなど単品の水回りリフォームをイメージされる方も多いかもしれません。

もちろんそれらもいいのですが、
築10年〜20年前後の中古住宅と最近の家で一番違うのは、
なんといっても断熱性能です。もう暖かさが全く違うんです。
暖かい家だと体が楽なのはもちろんですが、
風邪もかえって引きにくくなりますし、光熱費もかなり下がります。
中古の家に住むのならぜひともあったかリフォームを施してほしいところです。

その際に使える大型補助事業としては、次の3つがあります。

1つめが経済産業省の「断熱リノベ」
この事業は今年度は11月15日で申込みが終わってしまいましたので
来年度に期待です。

IMG_5586.JPG
こちらは申請期限が来年の2月23日まで延長されたのでまだ間に合いますよ。
内容は耐震性や耐久性、省エネ性などの性能向上工事を施すことで、
対象工事の1/3、上限100万円の補助金がもらえるんです。

私も何件か申請業務を行いましたが、一番適用しやすいケースは、
耐震性を満たすために昭和56年6月以降に建築された住宅で、
外壁や屋根を改修し、LDKの窓をすべてLOW-Eペアガラスに変更して
給湯器をエコキュートに交換する工事。

ここまでするとほぼ満額の100万円になるはずです。
内装を一切触りたくない場合でも、家中すべての窓にLOW-Eペアガラスの内窓を取付、
天井と床下に新築同様の断熱材を施し、熱源をエコキュートに替える方法でも適用になりますね。

もちろん大規模な工事になりがちなリノベーションであっても、
長期優良住宅化リフォーム事業なら満額の100万円になりやすくなるので、
これはけっこうお勧めです。
一般的に補助事業は最初に交付申請をして交付決定が降りないと
工事にかかれないことが多いのですが、
長期優良住宅化リフォーム事業だけは書類の不足さえなければ、
申請書を郵送して1週間から10日程度で工事にかかってもよいという案内が来ますので、
割と早めに工事にかかれるのもいいですね。
今から計画をしても十分に間に合いますよ。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱
Powered by さくらのブログ