2017年02月06日

住宅ローンや親からの援助で家を建てた人は確定申告。その1


ふつうの会社員の方はあまり関係がないかもしれませんが、2月は確定申告の時期です。
私のように毎年確定申告をしている人にとっては、とってもめんどくさいけれど、
ちゃんと計画的に書類をそろえながら税金を申告する大切なイベントです。
先ほどふつうの会社員の方はあまり関係がない・・といいましたが、
例えふつうの会社員の方であっても、確定申告が必要なケースがあります。

1. 給与の年間収入が2000万円を超えている人
    (これはあまりふつうではないかもですが・・)
2. 給与所得以外に副業の収入が20万円を超えている人
    (ネット販売をしていたり、投資用不動産から賃料を得ている人とかですね)
3. 2箇所以上から給与を得ている人
4. 昨年一年間で10万円以上の医療費を支払った人
    (ただし医療保険などでカバーしきれなかった部分が10万円以上という意味です)
5. ローンを組んで住宅を取得した人、リフォームをした人
6. 親からの贈与を受けて住宅を取得した人、リフォームをした人

今回は、住宅ローンで家を建てた場合と、親からの援助で住宅を購入した人に必要な
確定申告のお話をしますね。

まずは、住宅ローンを組んで住宅を取得した人の場合です。
いわゆる「住宅ローン控除」ですね。

ふだん会社で年末調整してもらっている人であっても、
確定申告が必要になりますのでちゃんと聞いていてくださいね。

まず適用の条件です。
1.返済期間が10年以上であること
2.その家に住んでいること。
ただし単身赴任などやむを得ない理由で本人が住めない場合でも
住宅ローン控除は受けられますのでご安心ください。
次に控除額は昨年末時点のローン残高の1%が上限です。

そして確定申告に必要な書類。
●住宅借入金等特別控除額の計算明細書(税務署にあります)
●住民票の写し(マイナンバーがないものです)
●年末残高等証明書
●家屋の登記事項証明書、請負契約書の写しもしくは売買契約書の写し
●ローンで土地を買った人は、敷地の方の登記事項証明書

さらに建てられた家が認定長期優良住宅もしくは認定低炭素住宅の場合は次の書類も必要です。
●認定長期優良住宅の認定通知書の写し
●住宅用家屋証明書の写し

以上の書類を持って、税務署に行くわけです。

ちなみにFMかほくのリスナーさんが住むエリア、かほく市・内灘町・津幡町の管轄は、
金沢市西念の合同庁舎1階にある金沢税務署になります。
今年の確定申告は、2月16日から3月15日までですが、
この期間は本当に窓口が混み合います。
初めてのことでわからないことも多いでしょうから、
まずは今のうちに税務署に行ってわからないことを相談するといいでしょう。
(税務署のみなさんはとっても親切ですよ)


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
Powered by さくらのブログ