2017年01月20日

温水式床暖房か、エアコン暖房か?その3



暖房器具としては場所も取らず、
エアコンのように温風で不快な思いもしなくてすむ
温水式床暖房をお勧めしたくなるのですが、
1階の床全面に施工しようとすると初期投資も100万円以上になりますし、
高効率のヒートポンプを熱源にした場合でも
消費電力は常に700〜800Wぐらいは使うので
高効率エアコン1台よりも電気代は上がる傾向にあります。

一方の高効率エアコンですが、
床暖房ほどの初期投資はかかりませんが、1台でもそれなりの価格になりますし、
各部屋・スペースに必要なので複数台購入する必要も出てきます。

まあ、床暖房の家であっても夏場を考えると
エアコンを最低1台は取り付けるでしょうから
どうしても床暖房の方が高くつくのは避けられません。

それでも、、、予算が許すなら、温水式床暖房がお勧めです。

それもトイレや洗面脱衣室、玄関ホールも含めた1階の床全面に施工するのがお勧めです。
理由は、部屋間の温度差を一番感じにくく
冬場に怖いヒートショックを防ぐ効果が高いからです。
また全館暖房として考えると、光熱費はかえって安くなります。

むしろ一番やってはいけないのが
1階のLDKだけ床暖房にするケース。

トイレに行こうとするだけでヒートショックのリスクがありますし、
脱衣室も冷えたままなので、別の暖房器具を設置する必要が出てくるからです。

まあ、新築の場合は、せっかくの熱を逃げにくくするために
超高断熱にして開放的な間取りにするとエアコンだけでも
それなりの暖かさを実感することができます。
このときの平均熱貫流率UA値は最低でも0.50以下にする必要はあるでしょう。

逆にリフォームでは断熱施工を施そうにも
制約が多くて断熱ロスが出やすいので
床暖房の方が確実な暖かさを実感できると思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱
Powered by さくらのブログ