2017年01月16日

温水式床暖房か、エアコン暖房か?その1

IMG_2528.JPG

年も明けて冬本番です。
すっかり寒くなりましたね。

秋ぐらいからの新築やリフォームのご相談を受けたとき
暖房器具のお話も当然出てきますが
毎回悩むのが床暖房にするか、エアコン暖房をお勧めするのか?です。

「友達の家に遊びに行ったけど、やっぱり床暖房は暖かいねー。」

「でも最近の家だったら、エアコンだけでも十分に暖まるって聞いたよ。
 エアコンの方が効率がよくて光熱費も安上がりらしいし・・。」

う〜〜ん、どちらのご意見も正解なので、
なかなか悩ましいところです。。。

そこで今回は北陸で人気の高い温水式床暖房と
エアコン暖房の違いをお話ししていきます。

温水式床暖房のしくみは、ガスや灯油などのボイラーや
ヒートポンプを熱源にして温水(中身は不凍液)を作り、
作られた温水を床下パネルの中に循環させて
床面全体を暖める方式です。

10年以上前であれば、熱源は安価な灯油を使うことも多かったのですが、
近年は灯油価格が以前の3倍に跳ね上がったこともあり、
効率のよいヒートポンプ式(電気)か、高効率タイプのガスボイラーを
熱源にした床暖房が主流となっています。
(上の写真は、温水式床暖房を使ったモデルハウス(金沢市米泉町)


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。
posted by テリー at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設備
Powered by さくらのブログ