2016年06月28日

我が子を交通事故から守る6つの方法。その4



4.子供には明るい色の傘を選ぶ

お子さんは小さい上に雨の日にはどうしても視界が悪くなりがちです。
一瞬の判断遅れが事故につながります。お子さんに明るい色の傘を選ぶことで、
車からも遠くからそこに小さな子供がいることがわかりやすくなります。


5.日の入り前には車のライトを点灯する。

日が暮れた後でも車のライトをなかなか点灯しない車を時折見かけますが、
これは非常に危険です。
特にグレー・紺色・黒色の車ですと、アスファルトや空の色とかぶって
歩行者や自転車からも見えにくいので、それだけで事故が起こりやすくなります。

最近はオートライトの車も増えてきましたが、
オートライトだと日の入りの30分前ぐらいには点灯するような感じです。
これぐらい早ければカーブミラー越しや見通しのきかない道でも
車が近づくのがわかりやすいので、事故を未然に防ぐことができます。

まずは自分自身が車のライトを早めに点灯することで
他の車も点灯が早まり、結果として事故を減らす効果が上がります。


6.信号のない横断歩道ではちゃんと止まる。

信号のない横断歩道にさしかかったとき、ちゃんと止まっていますか?

法律的には車は絶対に止まらなければならないのですが、
「今急いでいるから」、
「追突されたくないし・・」、
「次の車が止まればいいよね?」と、
けっこうそのまま通り過ぎる車も多いようです。

信号のない横断歩道でも止まれるほどの余裕を持って運転することで、
気持ちを落ち着かせる効果も上がります。
ぜひ止まってあげてください。

お互いに急ぐ人ばかりだとついつい張り合う気持ちも出てきて、
事故が増える傾向が強まりますから、
あなたがゆとりを持つだけで確実に事故が1件減りますよ。

いかがでしたでしょうか?
心理的に受け入れられにくい面もあったかもしれません。

でも、まずは親御さん自身が
「事故を起こさない」「事故に遭わない」
ように配慮することで、大切なお子さんも結果として守ることにつながります。

手がつけやすそうなところからまずは一つだけやってみてください。
みなさんの安全を心よりお祈り申し上げます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2016年06月27日

我が子を交通事故から守る6つの方法。その3

2009_10220002.JPG


親が徳を積むとはどういうことか??

「徳を積む」と聞くと、一見すごく難しそうに聞こえますが、
自分ができることで、人に喜ばれることや役立つことをするだけのことです。

私がまず行ったのは、毎週のジョギングの帰り道に
歩道に落ちているゴミを拾うことでした。
「ゴミ拾い」なんて幼児でもできることですが、
習慣としてやっている人はあんまりいません。

ましてや誰が落としたか(捨てたのか)わからないゴミを拾うのは
抵抗があるかもしれませんし、特に誰かにほめられるわけでもありませんが、
歩道がきれいになれば、みんなが気持ちよく過ごせるのですから
間違いなく地域の人の役に立っているわけです。

他にも明るい挨拶をする、買い物の際にも店員さんに「ありがとう」を伝える、
(やろうと思えば)誰でもできることをひたすらやり続ける感じでしょうか。
このことがなぜか子供を守ることになるそうです。

    「徳を積む」ことをもっと詳しく知りたい人は、
     感謝の心と恨みの想念 をご覧ください。
     (ここのレベル1辺りがハードルが低いと思いますよ。)

「因果応報」という言葉がありますが、
よい行いをすればよい結果が出て、悪い行いをすれば悪い結果が待っている・・という意味です。
現代ではどちらかと言えば、後者の悪い行いを戒める意味で使うことが多いのかもしれませんが、
本来は、両方の意味で使いますので、
テリー家では、「いいことをすればいい結果が返ってくるよ」と教えています。

ここで大切なのは、子供へのしつけとして行うのではなく、
親自身が実践することです。
親御さんが何か簡単なことであれ、よい行いを続けることで、
神さまはそのお子さんをさりげなく守ってくれるようになります。

テリー家の三男リョウタも、かつては道路の真ん中で寝ころんでいたり、
踏切のそばで保護されることもありましたが、
ありがたいことにタイミングよく周囲のみなさんが助けてくださり
無事に過ごすことができました。

親の直接的な力だけでお子さんを守るには限界があります。
神さまの力も借りながら大切なお子さんを守ってあげてください。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2016年06月25日

我が子を交通事故から守る6つの方法。その2




まずは1.玄関まで行って「行ってらっしゃい!」と見送ること。

幼いお子さんが何人もいたり、共働きなんかだとなかなか難しいことかもしれません。
でも、「行ってらっしゃい!」は魔法の言葉であり、
この一言をかけてあげることを大切な人を守ってくれるのです。

どうしても手が離せない瞬間であれば、
キッチンからの声かけでもいいかもしれませんが、
できる限り、玄関まで見送ることで大切なお子さんを守る効果が倍増するのです。
ぜひ日々の習慣として取り入れて欲しいですね。


2つめの手作りのお弁当を作るも、
忙しいお母さんにはかなりハードルが高いかもしれません。

どうしても間に合わないときは、コンビニに頼ることもあるでしょう。
でもそればっかり・・というのは、やっぱり好ましいこととは言えません。
たとえ冷凍食品を使うにしても手作りのお弁当は手間がかかります。
しかしその手間こそが愛情を伝える手段になります。
100%コンビニに頼り切るのではなく、
せめておにぎりだけでも握ってみてください。

ご飯が間に合わなければ、おかずだけでも作る、
おかずが間に合わなければおにぎりだけでも握るなどして
ほんの少しでも手間をかけてあげてください。

忙しいお母さんが一手間をかけてくれたことは
必ずお子さんにも伝わりますよ。


3つめ、「親が徳を積むと子供が守られる」は、
かなりスピリチュアルなのでなかなか理解しにくいかもしれません。
しかしこれの効果はとても計り知れないな〜と実感しています。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2016年06月24日

我が子を交通事故から守る6つの方法。その1

2010_04140013.JPG

先週、私がお世話になっている沢野建設工房さんで
安全大会が開かれました。
今回の安全大会のテーマは、交通安全。

地方都市ならなおさらではありますが、
ほとんどの移動は車になります。

好きな時間に好きな場所へ移動できる便利な道具である一方、
1〜2トンという巨大な鉄の塊は、
場合によっては一瞬にして人の命を奪う凶器になることもあります。


今回の講師は、交通事故被害者遺族の佐藤先生。
今から11年前の2005年7月、名古屋市の交差点で、赤信号無視の車と青信号で進行してきた車が衝突し、
その弾みで青信号側の車が横転、制御不能となって信号待ちをしていた歩行者に衝突。
その中にいた当時中学1年の次女を亡くされたそうです。
大切なお子さんを一瞬の事故で亡くした悲しみはさることながら、
その後も残された家族がどれほどの苦しみを味わってきたのか、
体験者としてお話ししてくれました。

私も子供3人の父親でもありますし、長男は中学1年です。
我が子を一瞬の事故で亡くすなんて、とうてい考えたくもないこと。
お子さんやお孫さんをお持ちの方ならおそらく同様だと思います。

悲しい事故を1件でもなくすために、
そしてかわいい我が子を早死にさせないために、
我が子を守る術として、テリー家で実践している6つの方法をお伝えいたします。


我が子を守る術として、テリー家で実践している6つの方法をお伝えいたします。
特にお伝えしたいのは、冒頭でお話しするスピリチュアルな方法です。

1.玄関まで行って「行ってらっしゃい!」と見送る

2.手作りのお弁当を作る。

3.親が徳を積むと子供が守られる。

4.子供には明るい色の傘を選ぶ

5.日の入り前には車のライトを点灯する

6.信号のない横断歩道ではちゃんと止まる。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2016年06月20日

楽にできることが成功への近道。その4



「今よりももっと幸せになりたい、成功したい」
そう思っている方は多いかと思います。
大好きというわけではないけれど、日々行っている作業や仕事の中で
自分がどうも得意なのではないか?と思っていることもきっとあるはずです。

あなたが(好きであるかどうかは別にして)得意なこととか、楽にできることは、
きっと他の人にとっては役立つことに違いありません。
人に役立つことをしていれば、必ず周囲の方の評価は上がりますし、
社会的にも認められやすくなりますよね。

私たちはついつい、一生懸命歯を食いしばって
楽にできないことを努力してがんばろうとするところがあります。
まあたしかにそれで達成感は得られるのですが、世の中にはあなたが行った努力を通り越して、
同じことを楽に行っている人がいます。その方にはやっぱり敵わないでしょう。

日本一の納税者、斉藤一人さんの表現を使えば、
「イチローは前世から同じようなことをしていたんだから、
ふつうの人がイチローと同じことをしても同じような結果にはならない」と言っています。
スタート地点がそもそも違うからですね。

ここは見方を変えて、
自分が「楽にできること」をあらためて探してみませんか?

自分が楽にできることは、自分の中で評価がすごく低いので
(つまりこんなこと誰でもできるんじゃないの?)、
案外探すのには時間がかかるかもしれません。

そんなときは身近な人にどんどん聞いてみましょう。
「私のいいところを教えて」、
もちろん相手のいいところや助かったところを教えてあげることで、
お互いに自分が楽にできることを知るきっかけになりやすくなるでしょう。

ぜひみなさんで幸せに成功していきましょうね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の経歴

2016年06月17日

楽にできることが成功への近道。その3




人間の欲求は5つに分類されます。

5.自己実現の欲求(自分らしく生きたい)

4.承認欲求(社会的に承認されたい、人に認められたい)

3.社会的欲求(集団や組織への帰属、仲間が欲しい)

2.安全欲求(危機回避、安心な暮らし、健康など)

1.生理的欲求(食べたい、飲みたい、寝たい、性欲など)


下の欲求が満たされると、一つ上の欲求が出てくる・・という具合に、
その欲求はどんどん上に上がっていきます。
そして一番上まで行くとすべてが満たされた状態ですから、
とても幸福感を味わいやすいのです。

「楽にできること」であれば、大した苦労もせずに
社会的にもある程度のポジションに就くことができます。

人にも社会的にも認められやすいので、
結果として「やりたくないこと」がどんどん喜びに変化していくのです。
当然、それは収入にも反映されて、不満を持たなくてもすむわけです。
つまり、社会的な成功を意味するのです。

自分が楽にできることを探せば幸せになれる。とてもシンプルですね。

世界的にも有名な任天堂の岩田聡前社長は
「自分の長所を見つけるには楽にできることを探すこと」
という言葉を残しているそうです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の経歴

2016年06月15日

楽にできることが成功への近道。その2



林先生によれば、私たちがやっていることは4つに分類できるそうです。

  1. やりたいことで、できること
  2. やりたくないけれど、できること
  3. やりたいけれど、できないこと
  4. やりたくもないし、できないこと

これらを4つにゾーニングしたマトリックスで説明していました。
ちなみにここでいう「できること」とは、
社会的に認められるほど「(飛び抜けて)できること」を意味しています。


1.の「やりたいことでできること」をやるのが一番幸せになれそうな気がしますが、
これが案外難しく、多くの人は3.「やりたいけれどできないこと」を追い求めたり、
4.「やりたくもないし、できないこと」で、日々苦しんでいるそうです。

なんか妙に納得してしまいます。。。(^_^;)


意外でしたが、予備校の人気講師である林先生にとって
「予備校の講師」という仕事は、決してやりたい仕事ではなかったとのこと。
本当は作家になりたかったんだそうです。
(へ〜〜〜ですね。)(^^)


でもなぜ予備校の講師を続けているのか?

それは『楽にできること』だから。
ご自身でも番組で話していましたが、
「私は本当に授業がうまいんです!」とのこと。

確かに番組の進め方やゲストの女性とのトークを見ていても
「きっとこの人の授業はとても面白くてためになるだろうなー」と思いましたし、
人気講師なのもうなずけますね。

「楽にできること」であれば、大した苦労もせずに
ある程度のポジションに就くことができます。
人にも社会的にも認められやすいので、
結果として「やりたくないこと」が喜びに変化していくのです。
当然、それは収入にも反映されて、不満を持たなくてもすむわけです。
つまり、社会的な成功を意味するのです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の経歴

2016年06月14日

楽にできることが成功への近道。その1

29e6d6bf.jpg

先週の木曜日の夜、滅多にテレビを見ない私が
テレビに釘付けになりました。

その番組とは、林修先生の番組で

林修先生とは誰か??
「今でしょ!!」で有名な予備校の先生と言えば
誰でもわかるのではないでしょうか?

自身も東大卒である林先生の
東大の中のピラミッド格差のお話もすごく面白かったですが、
東大を出ていない私にとってははっきり言って別次元のお話。
でも、今の自分にとって役立つメッセージがその直後にありました。

幸せをつかむ方程式 「○○○を探せば幸せになれる」

自分で言うのも何ですが、私は割と器用な方のようです。
幼い頃からどうしても自分の不器用なところばかり気にしていましたが、
さすがに人生を40年以上生きてくると
『どうやら(自分で思っていたよりも)、器用らしい』
・・ということにもなんとなくですが気づいてきました。

そんな私にとっての悩みとは、
「どうすればもっと成功するのか?」

好きなことをすればいいとよく聞くので
一生懸命『やりたいこと』を探すのですが、
率直に言ってなかなか見つからない・・。(T_T)

「そもそも何が好きなんだろう??」

ひょっとしたら同様の思いを抱えている方も多いかもしれませんね。
そんな私へのメッセージとして、林先生が明確に応えてくれました。

「やりたくないけれど、(楽に)できること」を探せ!



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の経歴

2016年06月12日

陰山先生に学ぶ子育ての極意「笑顔」。その3





教育はすごくうまくいくようになったと感じています。
2003年頃、PISA(OECDによる15歳児の学習到達度調査)ショックといわれるように、
日本の順位が下がった時期がありました。
しかし2012年の調査では日本は上位に返り咲いています。
また、私自身、実際に子どもたちと接している印象としても、
最近の子どもって良いなと感じています。


【なぜ子どもたちの学力は伸びたのか?】

基本的な生活習慣を整えようという風潮が高まってきたことが影響していると思います。
つまり大人たち自身が、「当たり前のことを、当たり前にやろう」という意識になって、
学習や生活の正しい形が習慣化し始めたのです。
習慣化すると、肩に力を入れることなく取り組めるようになるので、
子どもは力が発揮しやすく、自然に伸びるようになるのです。

大事なのは、一に睡眠、二に食事です、三・四がなくて、五に勉強といったところですね。
まず、しっかり寝かせましょう。
上手に睡眠を取ることは学力向上の肝です。
「睡眠を削って勉強させたら、学力は落ちるだけ」
ということを親はしっかり認識したほうが良い。

次に、食事です。
学校は午前中の4時間をいかに集中できるかが勝負ですから、
朝ご飯をしっかり食べさせましょう。
また私は、「1週間に70品目、子どもに食べさせる」ということをお薦めしています。
知り合いの女性編集者がそれを実践したところ、
学力も体力も気力もばっちりな子に育ったと聞きました。
みなさんお忙しいとは思いますが…。


【お父さんに期待されることは?】

お父さん自身の笑顔ももちろん大事ですが、
「お母さんを笑顔にすること」もお父さんの大事な役割ではないでしょうか。
私自身あまり良い父親ではなかったので偉そうなことは言えませんが・・・・・・。

以前、東大生の親御さんとお話しする機会があったのですが、
お母さんに対してあれこれ要求するのではなく、
「うちはこれで良いんです」とにこにこ語るお父さんの姿が印象的でした。
夫婦そろって非常に朗らかなご家庭で、これは良いなと思いました。
やはり、まず親が笑顔でいること、幸せでいることが大事なのだなと感じました。

教育者として有名な陰山先生が、
お母さんの笑顔がいかにお子さんのやる気を引き出すか、
さらに基本的な生活習慣が自発的な学習にも効果的であることを
お話しされたのはとても意義深いな〜と感じましたが、
みなさんはいかがでしたでしょうか?

学力そのものも大切ですが、
笑顔と基本的な生活習慣は一生ついて回るものなので
テリー家でもしっかりと取り入れていこうと思いました。

「これはいいな♪」と思ったら
ぜひ一つでも取り入れてみてくださいね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て

2016年06月10日

陰山先生に学ぶ子育ての極意「笑顔」。その2





以下は、プライベートでは3人の子ども持つ陰山さんに、
「子育てにおいて一番大切なことは何なのか」を語ってもらった内容です。


ロンドン五輪のメダリストにインタビューをしたときにも、同じ発見がありました。
吉田沙保里さん、福原愛さんといった輝かしい成績を持つ選手たちのお母さんは、
どんな風に子どもと接してきただろうと思い、聞いてみたんです。
すると決まって「笑顔」という答えが返ってきた。
選手たちのお母さんは、成績に一喜一憂するのではなく、笑顔を絶やさないようにして、
「子どもの気持ちをいかに楽にするか」ということを心がけていたのです。

そして選手自身も、みなとても明るく、笑顔に屈託がない。
それで私は、「ああ、人間の集中力のもとは、幸福感や安心感なんです。
お母さん自身が笑顔で幸せそうにしていると、子どもは安心して、
落ち着いた精神状態で物事に取り組めます。
するとしっかりと集中して、力を発揮しやすくなるのです。


【伸びる子のお母さんは朗らかでおっとり】

これまで色々なお子さんを見てきましたが、
本当に伸びる子のお母さんって、ほがらかで、おっとりしていますね。
せかせかしていません。

逆に、必死になっているお母さんは、しかめっ面で、どうしてもイライラしてしまう。
例えば、朝4時に起きてすべての条件を整えて子どもと旦那を送り出して・・・と必死になっていると
「私がこれだけやっているのに、子どもはどうよ、旦那はどうよ、学校は・・・・・・」
という気持ちになって、家族や学校とのトラブルも起きやすくなります。
子どもの成長にとっては、単に親が一生懸命で、教育熱心であれば良い、
ということにはならないのです。


【親が意識すべきは、子どもに安心感を与えるということ】

子どもの成長モデルが変わってきたんですよね。
昔であれば、「巨人の星」の星飛雄馬のように、
「将来のために今は歯を食いしばって我慢する」という成長モデルがありました。
しかしそれは、戦後という時代性が作り出したヒーロー像、いわば虚像のようなもの。
戦後を乗り越えた現代においては、
「伸び伸びと、楽しんでいる状態のときこそ力を発揮する」
という新しい成長モデルが生まれました。

 自分を犠牲にし、我慢して辛い思いをして頑張るというよりも、
まず子ども自身が、「面白い、楽しい」と感じていることが大事。
そうしたイメージで、子どもの成長や、能力の発揮ということが
捉えられるようになってきました。
「人間の力を発揮させる根源は笑顔なんだ」と確信しました。




今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ  にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
内容に共感していただけたら、 ↑ クリック ↑ をお願いいたします。  
posted by テリー at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親の子育て
Powered by さくらのブログ